繁忙期が終わって考えてみた


豊田市の税理士いとうです。

一週間ぶりの更新です。
1,000記事へのカウントダウンが止まってしまっていましたが、
海の向こうのイチロー選手も固め打ちの後は少々足踏みしているようですので…
と訳の分からん言い訳(笑)

5月が終わりました~
って12月から3月の年末調整&確定申告+3月決算法人と税理士事務所の繁忙期ですからね。
この時期はホント猫の手も借りたいくらいの忙しさなのですが、加えて加齢と共にキツくなる~

ウチの事務所は12月から3月はもちろん忙しいものの、3月決算法人はそれ程でもなかったのですが、ようやく世間標準(?)の税理士事務所になれたようでして3月決算法人が一大勢力になりました。

で、6月からは少しは時間が取れるかと言いますと…

そうでもないようです。もう慣れっこですが(汗)


そんな中、少々自分自身のことを考える必要あるのではないかと…

まずは私自身の生命保険。

何って、私が命を取り留めたものの、仕事をすることができなくなった時のリスク。

健康管理に気を付けることは言うまでもありませんが、もしもの場合を想定しておく必要があります。
私の中では、保険は賄いきれない金銭リスクに対する備えですので。

少々調べてみますと、仕事ができないという事態に関して社会保険に加入しているサラリーマンや法人の役員と比べて個人事業者に対する公的保障は期待できません。

かといって、保険を追加で契約するのもアレですので、半分お付き合いで加入した死亡保険を解約して就業保障保険への加入を考えています。
解約を検討している保険は58歳で返戻金が掛金の100%を超えるのですが、逆に言いますとそこまで保険金を預ける必要がありますし、もしものことがあってもそれほど大きな保険金ではないので解約しても大きなリスクにはならないでしょう。


もう一つは、配偶者殿に対する贈与の2,000万円控除

これはもう少し時間が必要(婚姻期間が20年以上ですので)ですが、配偶者控除の適用要件を満たしたら是非実行したいと思っています。


何って、健康でいられることが一番なことは言うまでもありませんが、
世の中、いつ何時何が起こるか分かりませんので、
運良く(?)私と一緒になってしまった配偶者殿と私達の元に生まれてきた子供達に出来ることをやっておきたいと…


カウントダウン:累積記事1,000本まであと56本

↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

2015年から2016年で変わったこと


豊田市の税理士いとうです。

あくまでもウチの話ですが、
昨年の12月をもちまして保険代理店の免許を返上しました。

自分の能力を暴露してしまうので何ともお恥ずかしい話ですが、
保険という商品を使った提案をする余裕が無かったこともあって年度更新はできないであろうと思っていましたし、年度更新時期まで放っておけば自動的に免許を返上することになったのですが、保険代理店である以上は研修やら打合せもありまして、折しもマーナンバーも導入されますしね。
26年、27年と正直そこに時間を費やすキャパがなく、まさに成績不良代理店の筆頭でしたので、誠に勝手ではありますが喉に引っかかっていた小骨が取れたようなある意味スッキリした感覚であることも事実だったりします。

とはいえ、
税理士って関与先さんの状況を最も把握している第三者ですので、節税云々はさておいても、保険という商品を用いてリスクへの備えを提案するには最適な立場にいることは間違いないと思っています。
なので、保険代理店という身分ではなくなりましたが、一つの方法としての保険を使ったリスクヘッジについては折に触れ関与先さんに提案していくつもりではいます。
もちろん、既契約をしている関与先さんについては引き続きフォローもしていきます。

むしろ、常日頃から思っていたことなのですが、
特定の保険会社の商品に縛られて本当の意味でその人に最適な商品を勧められないということが保険会社のセールスレディや保険代理店の弱みですので、そんなしがらみから解放されてどこの保険商品でも気にせず進めることが出来るという今の状況は悪いことではないのかもしれません。

いっても、加入できるあらゆる保険商品から最適な商品を見つけて提案する訳ですのでこれまでよりも私自身が大変になるでしょうし、場合によっては面識もない保険会社に説明を求めなければならなくなるかもしれません。
そんな余力がウチにあるのかは大いに疑問ですが…(汗)
そんな手間をかけたにも拘らず保険代理店報酬という金銭面での見返りはありませんが、結果として関与先さんの事業規模が大きくなったり、安定した経営となった結果、長いお付き合いが出来ればそれで充分だと思っています。

ただですね、
ウチの担当として色々ご迷惑をかけてしまった現担当者さん、代理店登録後ウチの担当となってよくやってくれた歴代の担当者さん方々につきましては、こういう結果となったことをお詫びすると共にウチの為にご尽力いただきましたことを改めて御礼申し上げます。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

お宝保険


豊田市の税理士いとうです。

私の配偶者殿のことなのですが、
私がとある保険代理店をやっているにも拘らず、他社の生命保険に加入しています。
生命保険といいましても個人年金保険なのですが…

ええ、私と知り合う独身の頃に加入した個人年金でして、今は基本的に個人年金保険はお勧めしないのですが、貯蓄性の高い保険の場合は加入時期によっては解約や転換するとアレな事があります。

そう、予定利率が高いんですね。
配偶者殿の個人年金保険は若かれし頃に加入していますのでいわゆるお宝保険です。
貨幣価値が大きく変わればお宝保険でなくなるかもしれませんが…(笑)


ところで、
その生命保険会社は年に一回契約者確認をしているようですが、毎年、担当者が変わります。

つまり、前年訪問してきた方が翌年は来ないという状況がここ数年続いています。

それ程人材の定着率が悪いの?

確認にわざわざ来てくれる保険レディさんは大変だと思いますし、
その個人年金は配偶者殿の実家の営業所で加入したので今の管轄エリアの営業所からすると契約書の住所が管轄だからって事でしかなく、元々縁も何も無い訳です。

それでもこれを契機に新たな契約を貰うことができればと淡い期待を抱きつついざウチに到着すると…
税理士事務所の看板(汗)

営業所の職員さんも税理士事務所の看板があるのにむやみやたらと保険を勧めることも出来ないでしょうから淡い期待は泡の如く消えてしまう…

鞄に忍ばせた設計書があったとしても出さずに撤収せざるを得ないのでしょうね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ