ミスをしてしまった時にすべきことは...

以前、ミスの度合いは、ミスをされた側が決めるものであり、ミスをした側が決めるべきものでないことを書いたのですが、

私がミスをしてしまいました。

当事務所では、月次訪問後、一週間以内に試算表等の月次資料を郵送することにしているのですが、
今回、2箇所の関与先様に郵送する際に、資料を入れ間違えるというミスをしてしまいました。

先ずは、電話でお詫びしたものの、どう挽回するかは私次第。

昨日の帰社は20時30分でしたので、それから資料を持参することができなかったため、土曜日ではありますが、幸い両方の関与先様共に営業されているので、今日、月次資料をお届けするつもりです。

これが今の私に出来る精一杯の誠意と言い聞かせて...

どう受け取っていただけるかは関与先様次第。

私に出来ることは、二度と同じミスを繰り返さないことであり、再発防止の手立てを考えることです。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

申告書の作成:手書きVS機械

今となっては、申告書を手書きで作成している税理士さんは稀だと思います。

機械で作成すれば、綺麗な物が出来上がるし、何と言っても手書きは手間が大変であることは間違いないので...。

ただ、手書きで申告書を作成できないのは専門家としては、問題といえば問題。

例えば、
法人税の修正申告。

修正申告といえば、別表4と別表5(一)は必ずと言っていい程弄ることになります。
この2つの別表の関連が分かっていないと正しく作成できません。

いいのか悪いのかは別問題として、
修正申告でもないのに別表4が真っ黒な申告書を見ると、その税理士さんが色々考えているのかなぁと思うこともしばしば。

私は、勤務時代に税理士試験を受けている間は、当時の所長税理士さんに法人税の申告を手書きで下書きするように言われていました(勿論、最終的には機械で作成したものを提出していました。)ので、
今となっては私の宝となっているのかなぁと思います。


2、3年前の確定申告の無料相談会場では、

エ~ッという出来事も。

私の所属する支部の無料相談会場では、所得税の確定申告については、
2表をある程度完成させると、担当の方がそれを元に1表を機械で入力してくれるというシステムになっています。
更に最近では、所得や控除に関するチェックを入れるだけで、機械担当の方に廻すという形になってきています。

ただ、この場合、機械入力の順番待ちが長蛇の列になってしまうので、
無料相談会場の担当者が、私達税理士に向かって、

先生~。
手書きで完成させていただけませんか~?

担当する税理士さんたちは、忙しいというより、むしろ暇ですので、

Yes We Can !(合唱)

ところが、ここでとんでもない最終兵器が出現しました...。

ある若い税理士さんが、
おもむろにノートパソコンを取り出したのです。

目が点・・・

そうなんです。
手書きで確定申告書を作れないんです。いや、作れるのかもしれませんが自身が無いのかもしれません。

ちょっと、マズいでしょう。

この税理士さん、
関与先様での突然の質問にどう対応しているのだろう?(大きなお世話?)

手書きをしない と 手書きができない は全く違います。

機械を使えば効率的なのは間違いないですが、機械に頼りすぎた結果、専門家として当然あるべき能力が欠落してしまっては元も子もないです。
機械は所詮、ツールでしかないのですから...。
あくまでも扱うのは人間です。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

面談の場合の相談料金...安すぎる?

今日は夕方からお問合せいただいた方との面談で、
私より若い経営者様でしたが、質問もきちっと準備していただけたので、
濃密な打合せをすることができました。

お問合せをいただいた際になんとなく予感がしたので、後の予定が無い夕方からの面談をセッティングしたのですが、その予感は当たり、打合せ時間は3時間半程にも及ぶことに...。

その経営者様が私に、
今日は赤字ですね。
と。

確かに時間だけを考えれば赤字ですが、
決して損をしたとは思えない位、中身の濃い時間であったと思っています。

帰り際に、
以前相談した弁護士さんは30分5,000円で何も解決しなかったんです。
とおっしゃっていました。
(それってお褒めいただいたのでしょうか?)

ちなみに、
ウチは初回の面談は、時間無制限1本勝負で5,000円ポッキリ。
(電話、メールは無料)

税理士はスポット業務が多い弁護士とは違い、事業者様のお手伝いは継続的なサポートになりますので、初回の面談で多くの料金を頂戴する必要も無いのかなぁと。
結果としてお手伝いできなかったら赤字かもしれませんが、

きっとお手伝いをするに違いない!
という何の根拠も無いガラスの自信で今日も一日終了。

ちなみにPCトラブルは...電源ユニットの交換の為、復旧は明日の午前中?
そんな日に限って、会計システムを確認しなければ回答できない関与先様と税務署さんからのお問合せがワンサカ。
明日は忙しくなりそうです。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

PCの電源が入らない!大ピンチ...です

サーバーの電源が入らない...

ということは会計システムが使えないということです。

モニターには電気は届いているので、コンセントは問題ナシ。
接続する機器を全部外してしばらく待って電源を入れ直してもダメ。
ウンともスンとも言わない。

こうなると考えられるのは...
スイッチか電源ユニットか、はたまたマザーボードか。
まだ一年も経っていないのに・・・。

最近の機器って接触があまい場合もあるようで...。

すぐに業者が来てくれるようですが、部品交換が必要ならば復旧は明日になりそう...

2月決算法人の申告は終了している事が不幸中の幸いでした。
今日一日は会計ソフトを使わない業務を先行させれば良いのですが、予定がガタガタです。(涙)
こういう日に限って、午前中は内仕事なんです...

ところで、
なんでこの記事を書けるのかって、
LAN接続しているもう一台のデスクトップPCとモバイルPCは無事ですから...。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

恐るべし弥生会計の認知度

会計ソフトといえば、弥生会計!

実際多いですね~。
認知度の高さに驚くばかりです。

ウチが関与している個人事業者様でも
今まで税理士さんの関与が無く、会計ソフトを使っていた方のほぼ100%ではないでしょうか?

以前なんて商品管理のシステムを2社に頼んでいる方が、そのシステム会社にお勧めの会計ソフトを尋ねたら、両社ともに弥生会計との返事だったそうです。
ちなみに、その商品管理のシステムと連動するのか尋ねたら、連動しませんって。

それ位浸透しているのだなぁと改めて実感しました。
一般の方にも浸透しているし、商工会の使っている会計ソフトも確か弥生会計。
更に税理士さんでも使っている方は多いと聞きます。

ウチは、残念(?)ながら弥生会計ではありませんが、弥生会計のデータを変換することは可能です。(使ったことは無いのですが・・・)

そんな大人気の弥生会計ですが、
実際に使用していた方との打合せで状況を確認すると、使いこなしていないのが現実。
更には、購入してチャレンジしたものの、よく使い方が分からずに挫折したという例も多いようです。

そんなこともあって、お手伝いが決まった際にはウチの使っているソフトに変更することも一応提案します。
ちなみに通年関与ならば、ベーシックなバージョンのソフトは無償提供させていただいております。

無償提供したとしても会計ソフトに入力していただければ、ウチの料金は安くってしまうものの、いわゆる単純作業が減りますのでWinWinです。
そもそも会計ソフトを売って儲けようって気がまるでないので・・・

それにしても、
会計を市販ソフト(弥生会計等)+税務を他のソフトって税理士さん、増えているんでしょうね。
ランニングコストってどうなんでしょうか?
きっと安いんでしょうね。

私自身コンピュータに詳しいとは思っていませんし、別に今のコストを重荷に感じている訳ではないので、手間や時間を考えるとそこに踏み出せなかったのですが、チョット気になるというのが偽りざる本音でございます。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

↑ 応援クリックにご協力ください!

生きたお金の使い方

我が家の子供たちは昨日は代休でした。
土曜日に授業参観があったのでその代休です。

6年生の息子は同級生の友達と映画を見に行く約束をしていたみたいで、午後から出掛けていきました。
昨日月曜日はメンズデーなので、男性は料金の割引があるようで映画館は男性だらけだったそうです。

サラリーマンがいたかどうかは聞きませんでしたが・・・

映画館に行くと、何か映画に関係するグッズを買ってくるのですが、今回は下敷きを買ってきたようです。

ただ、その下敷きが・・・

妹の為に買ってきたとのこと。

チョット、いや物凄く見直しました。

お金に関しては、
息子は計画性はまるでなく、貰えば使う。貰って半月で底をつくタイプ。
娘はひたすら貯め込み、欲しいものさえ我慢するタイプ。

2で割るとちょうどいいのに・・・と常々。

が、今回の息子のお土産については、
妹に対する優しい気持ちがたくさん詰まった、いいお金の使い方だなぁと。

で終わればいいのですけど、

早速、兄弟ゲンカをするわ、
友達の前なので調子に乗って母親にエラそうな口を聞くわ、

まあ、こんなもんですね。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

税理士の密談会

金曜日に同業の税理士さんからお誘いを受け、夕食兼お酒を少々。

この税理士さんとは、支部例会で会えば話をするものの、特別に親密といえる程の関係ではありませんでした。

税理士も経営者ですので、なかなか人に相談できない悩みを持っている訳で、
現状、税理士会という組織に強制入会することが税理士の資格付与の条件であることもあり、税理士同士の色々人間関係での悩みもあるのでしょうね。

なんとなく悩んでいるのかな~と感じていたので、
1月に税理士会の例会でお会いした時にそれとなく飲みに誘ったのですが、確定申告が終わって落ち着いたのでと金曜日にセッティングという訳です。

とにかく愚痴をとことん聞いてあげようと覚悟を決めていたのですが、
覚悟を決めるほどでもなかったというのか、正直すごく前向きだったので安心しました。


お金もきつくなったし、人間不信にもなった、一時期誰も信じれなくなった。

だけど、誰にも後ろ指を指されることもしていないし、堂々と税理士をしていける。

何より関与先様の中に自分を信じてくれる方達がいて、現在はそんな方達ばかりなのでストレスは感じなくなった。

と。

そして
私にも、

1月に誘ってくれたことで救われた。

自分のことを心配し、理解してくれる同業がいることで何とか乗り越えれそう。

と。


本当はもう少し詳しく書きたいのですが、
その日の3時間強の内容は私の拙い文章力ではうまく表現できず、
色々配慮しますと、
おそらく、

ピーッピーッピーッなのでピーッとなる。(放送事故だらけ)

こんな文章になってしまうでしょうし、変な誤解を受けてしまう恐れもありますので
ご容赦下さい。

ちなみに、男同士の2人っきりの健全な飲み会ですから...そっちの誤解しないでください。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

反省...ブログを書く初志を忘れて

このブログを書くようになって20日位。

以前はHPの中の「税理士のつぶやき」という1コーナーであったものを独立させたのがこのブログです。


皆さんがブログを書く理由や動機って色々あると思いますが、

私にとっては、「税理士のつぶやき」にしろ、このブログにしろ、
お役に立つことを発信するという面や自分自身に対する備忘記録という面は勿論ありますが、

記事を読んでいただいた方が
「ニヤッ」とか「フフッ」っと思わず笑っていただけるような気を抜ける場所であれば・・・
という思いで始めました。

が、
最近、そのエッセンスが完全に抜けていることに気づき、モーレツに大反省。
ブログという形で独立させたが故に少々肩にチカラが入り過ぎていたようです。

これからは初志に戻り、記事のどこかに「笑」を入れていこうと...
(毎度全部とはいきませんが・・・)

もしかしたら、完全に親父ギャグかもしれませんし、マニアックすぎて理解し難いかもしれませんが、
そこは広い心で許していただいて、気長にお付き合いいただければ有難いです。

周囲の冷静な意見に惑わされず、ストイックに我が道を突き進みます!!
そして...たまには、大ヒットを飛ばすようにガンバリます。


という訳で、
この記事の前の記事から心を入れ替えました。
(心を入れ替えなかった方が良かったなんて言わないでください)

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

単調なものより複雑な方が面白い

もう桜も散りかけていますね。

実は私、満開の桜より散りかけた桜の方が好きなんです。

確かに満開の桜って綺麗ですが、イメージはピンク一色。
ところが、
散りかけの桜って、花のピンク色+若葉の黄緑色で、近くで見ると、この2色がとてもいい感じなんです。

1色の圧倒的な迫力もいいのですが、この2色の織り成すコラボレーションの方が私には合うようです。

服装でもそうですが、
1色だとしても素材や質感を替えることで単調にならなくすることができますし、色を組み合わせるともっとお洒落になりますから。

税理士の仕事も同じで、役員報酬について尋ねられたら、所得税や住民税の部分だけを提案するのではなくて、法人税や消費税も考慮しますし、
その期だけでなく、翌期、3年後、5年後、更にはいつか訪れる相続税までの時間軸も考慮して提案するところに税理士の専門家たる妙があると思います。

ご相談いただいた方の認識していない部分に思いを馳せることができたらな~って思いながら仕事をしている訳で、それが醍醐味って勝手に考えています。


と、真面目な話はそろそろおしまいにして、

このところ、色のコラボレーションでお気に入りが青色と黄色。

ブログを少し変えまして、

3カラム→2カラム

3カラムだと記事の段落の関係もあり、少々読みにくいかな~と。

もう一つが、

ベースが青色でしたので、背景を黄色に変えてみました。ちょっと爽やかです。

色のイメージは、地中海のレモン・・・イタリア~ノ。

でも書いている本人の外見は、コテコテの日本人。

せめて心だけは、Mr.ブシドー(尾田先生から拝借)です。


結局、宣伝かって。

その通りです。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

タイムカードから見えてくることもある

経営者様にとっては従業員さんに頑張って働いて欲しいのは間違いないのですが、

たま~にいるんですよね。

会社に時間まで居れば給料をもらえるって思っている方。悲しいかな・・・。

そういう方に限って、妙に知識があって、労働基準法辺りをよく知ってる。
(そもそも労働基準法の基本的な立ち位置は、労働者の寄りですから)

知識を持っているだけならいいのですが、下手すると、
失業保険や母子手当をもらい続けたいからという理由で無理難題を主張するなんてことも・・・。

給料を貰い過ぎると、手当が減額されるから減らして!(本当に減額すると怒り出す)

給料を貰っていると、失業保険が止められるから・・・(じゃあ働かなければいいのに)


こんなことを深刻な声でウチに相談してくるケースもあるんですから、経営者様も大変です。

しかしですね、そんな方を変なところでごまかして雇ってみても先は見えているって思うんです。
会社のこと、一緒に働く同僚のことなんて考えれるわけないですし、ちょっと責任のある仕事(そもそも責任のない仕事なんてないんですが)を任せてトラブルでも起きようものなら敵前逃亡するのがオチ。


ただ現実問題、そこを見分けるのは少々難しい。


そんな時、タイムカードって結構役に立つことがあります。
結構、素の部分が現れていることも・・・。

見るところはズバリ2箇所。出社時間と退社時間。

始業時間と退社時間の5分以内(手練れた達人ともなると毎度1分以内)にタイムカードを押している。

更に、残業があった日を見ると、
タイムカードの退社時間が、01分とか31分となっている。

こうなるともう確信犯(?)です。

別にそれがいけないなんていうつもりはありませんが、分かんないんですかね~。
聡明な経営者様や上司ならとっくに気づいていることを。
結果、昇給やボーナスに影響が出ているってことを。


勘違いしているのでしょうね~。
義務と権利とか、Give&Takeとか。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

貸し手と借り手の思惑が気になるところです

ウチの近所にスギ薬局が今日プレオープンします。
(スギ薬局=スギHD、カンブリア宮殿にも会長さんが出演していました。)

私の住んでいる愛知県豊田市には、某大手自動車メーカーさんの本社がありまして、その生活協同組合(通称、メグリア)が結構な数あるのですが、自宅から200m程の所にも店舗があります。
その店舗で扱っているのは、食料品や生活雑貨等であり、いわゆるスーパーです。

その店舗は1階がメグリアの店舗で2階が百円ショップ+本屋+CD・DVDレンタルショップでした。

が、その2階部分が、百円ショップ+スギ薬局になることが判明。昨日看板を取り付けていました。


そこで、疑問が沸々と・・・。

まず、スギ薬局さんの出店について、

実は、今回の店舗の2km以内にスギ薬局が2店舗あるんです。

私なんかでは思いもつかない摩周湖のような深い(澄んでいるかは?)お考えがあるのでしょうが、ドラッグストアの商圏ってそんなものなんでしょうか?


続いて、メグリアさんですが、

実はこちらの方が私の大して皴のない脳ミソでは何とも理解し切れない部分がありまして、

ドラッグストアって、
医薬品だけでなく、化粧品から日用品、食料品まで揃えていますよね。
ということは、メグリアさんの扱う商品と重複する部分ってかなり多いのではないかと。

商品が重複するマイナスの面よりもスギ薬局というブランドのネームバリュによる集客効果の方が上回るという判断なのか?

それとも、

スギ薬局さんからの賃料目当てなのか?

ちょっと気になっているところです。


そんな私のいらぬ心配よりも、個人的には少々困っていることがありまして、
恐らく、スギ薬局さんのオープン3日間位は、道路が酷い渋滞になりそうなこと。

ウチの場合、どこに出掛けるにも必ず通る道ですし、立地が信号交差点の角地なんです。

更に、本屋さんが無くなってしまったのが痛い。(実はこれが一番)

超~地元ネタでした。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

情報は鮮度が命です

私、独立開業して今度の8月で丸々6年になるのですが、税理士試験に合格した後も3年程、お礼奉公ってわけではないのですが補助税理士として働いていました。

独立するといろいろなご案内を頂けまして、、
ある集金代行会社さんなのですが、2,3ヶ月おき位にハガキでご案内をいただいておりました。

毎回、住所は正しいのですが、
宛先が

○○税理士事務所  いとう税理士 様 

となっていまして、
○○という部分が「いとう」ではなくて、補助税理士として働いていた税理士先生なんです。


特にその集金代行会社さんと付き合うつもりがなかったので気にも留めなかったのですが、流石に独立してから5年も経ってもいっこうに訂正されないので、
受け取ったハガキの資料請求用の部分に一文を書いて返送してしまいました。

申し訳ありませんが、相手の会社の名称もまともに書けない会社とはお付き合いするつもりがありませんので、今後一切ご案内をしていただかなくて結構です。

と。(鬼)

最近ふと、
そういえばあれ以来、ハガキ来ないな~あ。

勿論、
集金代行会社さんからは何の連絡もありません。
ウチみたいな弱小税理士事務所には用は無いのでしょうが・・・

それより気になったのは、その集金代行会社さんって、一体いつの名簿を使っているのでしょうか?
いろんな意味を含めて、何にも考えずにルーティンワークをしているとエライことになると思うのですが・・・

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

無意識に・・・拒否反応

日頃から訓練していると、頭より先に体が動くって、

スポーツ選手ならよくある話ですが、

まだまだ摺り込みが足りないな~と感じました。


HPをご覧になってご相談を受けた時の話。

時期は3月の確定申告期限まで一週間を切っていました。

そんな切羽詰った時期にお電話をいただき、
確定申告をするにあたっての不明点を教えて欲しいとのことで、何とか時間を作って面談させていただきました。

基本的なスタンスは、ご自身で行うということでしたので決算書や申告書への記載方法がメイン。

そんな中で期末在庫の把握と日々の記帳について話が及んだので、費用的に安価な商工会をお勧めしたものの、杓子定規に指導されると大変だな~と話をしながら感じていました。

なんせ日々の取引量が多く、在庫数も半端なく、しかも商品を別に預けているので、商工会の指導をまともに実行したら凄い業務量になることは間違いなし。

ただ、感触としては商工会に相談することになりそうな雰囲気でした。(商工会さんごめんなさい・・・かな?)


面談も終わり、相談料金を頂戴し、依頼者様がお帰りになって、ふっと。


普通・・・ウチのアピールを
するでしょう! するでしょう・・! するでしょう・・・! 
(フェードアウト)

と天からの声・・・。


確定申告の処理で限界状態であったのもあり、知らず知らず確定申告に対して拒絶反応を起こしていたようで完全に頭から抜けていました。


ガツガツと関与先を欲してるって雰囲気は、依頼者様にもいい印象を与えないだろうという大層立派な建前(本当はただの格好つけ)で涼しげな顔で応対していますが、誰だって実際のところは関与先を増やしたいに決まっている。

そんな姿は、まるで水鳥。


確定申告も終わって冷静になると思い出す。

身の毛も凍る3月中旬のまだ寒さの残るとある日の話でした。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

税理士試験の副産物

今年も税理士試験の日程が発表されましたね。

7/31、8/1,8/2

受験生の皆さんには、また暑い夏がやってきます。


お恥ずかしい話ですが、今税理士試験を受けても合格する自信があるか?って聞かれると・・・。

問題を解けるのか?以前に、

あのボリュームを2時間という限られた時間で書ききれない。


今となっては手書きという行為自体がほとんど皆無という状態ですので、私のか細い、貧弱な腕では試験の途中で痙攣→リタイヤとなることは確実!


受験時代にも思った事なんですが、

あの異常なボリュームって何とかならないもんなんでしょうか?特に税法の理論はヒドイ。あれは一種の拷問です。

ある意味、マシーンのように書き続けないと間に合わないのですから・・・

書いている文字なんてミミズの行列でした。


と、文句を言ってもしょうがないですし、好きで目指した道。


よく、税理士になった後の方が大変って言いますけど、そんなことは結果論でしかない訳でして、そんな結果論を語るには税理士になってみるしかないのですから、まずは試験に合格してから考えましょう。

まあ、大体、結果を振り返れば、あのころはよかった~。っていうのが人間の常なんですけどね。

終わってしまったもの=既に克服しているのですから、今と比べると楽に思えるのが一般的です。


ちなみに私の税理士試験の副産物は・・・

電卓がブラインドタッチできるようになったことです。(CASIO製に限る)

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

休日は・・・税務に関係ないセミナー

今日は1日、税務とは関係ないセミナーに行ってきました。


税理士って税務に関する知識という面での深度を追及する必要があることは言うまでもありませんが、個人的にはそれだけでは足りないのかなぁって・・・

物事を一方向からではなくて、いろんな角度から見ようとすると、いわゆる雑学が役に立つことがあります。

実際、関与先様に伺うと税金以外の話の方が長いこともザラな訳でして、
なんでもない話から税金の話に発展することもありますし、関与先様の趣味、嗜好を知っておくことって必要だと思っていますので、私の中では決して無駄な時間とは思いませんし、むしろ有益な時間だと思っています。

そんな風に考えていますので、今日みたいなセミナーは都合がつけばいそいそと出掛けていきます。


勿論、講演自体も勉強になるのですが、実は他にも目的はあります。

・ 参加者を惹きつけるための講師の方の話し方

・ 資料の内容

・ 参加者の様子

・ 主催者の様子、段取り


本当に勉強になることが多いし、気分転換にもなります。

知識と時間を売っている私にとっては、とても貴重で贅沢な1日になりました。

ちなみにセミナーの内容は、・・・脳のお話でした。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

有り得ないことで信頼構築!

今日、関与先様へ月次訪問に伺うと、事務所の従業員さん達が妙に明るく、しかもニヤニヤしながら挨拶してくれました。
私、何か変かな~と身の回りを見ていると・・・

社長様が現れて一言。

今日は、だったね。

な~るほど!その瞬間、全てを悟りました!


事の始まりは、事務員さんから今月の初めにいただいた今月の訪問日についてのメール。

件名は、「今月の面会日について」

関与先様の要望される中から私の都合を考慮して今日伺う旨の返答の最後に

~PS~

なんか私、悪いことして閉じ込められているみたいですね。
(実際はもっとストレートな表現)

差し入れは、おいしいコーヒーをお願い致します。

では、13日の金曜日に。



事務員さんはPS以下の意味が分からなかったのか、どうも社長様以下、皆さんにそのメールを回したようです。
(社長様は見た瞬間に噴きだしたそう)


普段は、本当に真面目に一生懸命仕事をしている訳で、毎度毎度こんなことをするわけではないんです。

が、

この一件で、

見た目が税理士っぽくない + 頭の中も税理士っぽくない

という間違った(?)評価が定着してしまったようです。


ところが・・・、

捨てる神があれば救いの神は存在した!


社長様が、

知人に紹介しておいたから、電話が入ったらヨロシクね。

って。

有難いお話です。(涙)

笑いは人と人との潤滑油ってこと?
(くれぐれも程々に)


豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

ナワバリ争いしてる場合?

税理士会の支部例会に行くと、いろいろな書類を渡されます。

その中に「確定申告相談会」のチラシが・・・
ちなみに平成23年分のものなのでもう終わった話なのですが。


内容は、
ワンコイン(500円)で確定申告の相談に乗りますっていうもの。(ちなみに申告書の作成は3,150円~)
更に提携する弁護士さんがこれまたワンコインで相談に乗ってくれるというスペシャルサービス付き。(驚)


この税理士さん、他支部の方でした。
それも税理士登録番号から分かるのは、ベテラン、中堅ではないな~ってことです。

要するに関与先拡大を目指す税理士さんが他支部のエリアで相談会を開催したということ。


このチラシを見てどう思うかは人によって違うでしょうが、

怪しからん!
と感じた方がいらっしゃるからこんなチラシをわざわざ配布したのでしょうね。


チラシを見た私の感想は・・・、

特にナ~シ。
別に問題ないでしょう?

いっそのことウチの業務を外注しちゃいましょうか?(冗談です)


この手のチラシに過剰反応することって、

要は、自分の関与先様や将来の関与先になるかもしれない方がそちらに移ってしまうことを恐れているとしか思えないんです。

つまるところ、既得権益を守るっていうこと。

こんな話、聞いてるだけで本当に疲れます。


こんな税理士同士の足の引っ張り合いより、もっと危機感を持って考えるべきことってあるはずです。
弁護士さんや公認会計士さんの税理士資格付与による税理士業務への参入増加とか・・・。


正直、一般の方って公認会計士と税理士の違いを知らない方が多いというのが現実ですので、税理士の業務を正しく理解してもらう努力が必要だと思うんです。
勿論、税理士自身の業務水準の更なる向上は当然のこととして。
ある意味、税理士の仕事なんて弁護士さんや公認会計士さんなら簡単にできるものってバカにされているようなものですから・・・。
(税理士に対する行政書士資格付与も同じこと)


と考えると、
税理士の研修受講が所詮、努力義務でしかないのはどうなんでしょう?
そもそも、研修を義務にすることがナンセンス?
数年に一度、試験を行うべき?

そんな管理をしなければならないこと自体が・・・恥ずべき問題なのでは?


豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力ください!

ようやく確定申告の打ち上げ会で~す

今日は税理士会の支部例会。

午後2時からで猛烈な眠気と格闘しながらなんとか乗り切りました。

例会の後、

ようやく来ました!税理士仲間との「確定申告打ち上げ会」

ウチが3月末提出の特急の法人の確申告でバタバタしていたこともあり、支部例会の日がちょうどよいということになり、決行!


一ケ月前は、限界寸前の極限状態でしたが、ある意味頑張った後のご褒美があるから乗り切れた?


久しぶりに楽しいひとときでした。

今日は短めにこれでおしまいです。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力を!

税理士の新規開拓営業

明日は税理士会の支部例会。

3月はなかったので2か月ぶりです。

今回、2人の新入会員の税理士さんがいるようです。

税理士とは言っても開業してすぐに左ウチワとなれる訳ではないので、関与先を増やす必要があるものの、そう簡単にいくものでもない。

実際、開業したとしても食べていくのがやっとなんてこともあるようですね。


ただ、中には私が親分と呼んでいる税理士さんのような規格外の猛者もいるわけで、
この親分、すごく勉強熱心な方で税理士としても尊敬できる方なのですが、決して上からものを言わないし、遊びがある。
(遊びといっても名古屋の錦で豪遊するわけではありません。ご当地ネタですみません。)

男が男に惚れるってやつですか。(決して私はアッチの趣味はありません!)


そんな私のカミングアウトはさておき、


別に、税理士がアポなし突撃営業することは一向に構わないし、それを禁止すべきではないものの、何でもかんでもアリという訳にはいかない。


そもそも営業って、
他者より自分の方が有益であることがお客様に伝わらなければ、契約はとれないのですが、

間違えてはいけないのは、
自分の優位を伝えるのに他者の欠点や不足をクローズアップすべきでないということ。
他者の欠点や不足は、お客様が比較して自ら認識すればいいのですから。

こんなことは税理士業界特有の話でもなんでもなく、当たり前のことですので、そんなことも分からないならば、営業なんてしない方がいい。

良識のある経営者様相手なら自分の器の小ささを曝け出すようなもの。



実際にどのような経緯があったのかはよく分かりませんが、

そんな営業スタイルに対してクレームが入り、その営業手法に対してではなく、些細などうでもいいことを指摘されて注意を受けたというケースがありました。

その税理士さんと偶然話をする機会があったのですが、その税理士さんは指摘されたその些細なことに対して納得がいかないようでした。


違~う! そこじゃあない! そこはただの取って付けた理由。

本質の部分に気づかなければ・・・。

もっと言ってしまえば、そんな付け入る隙間を与えてしまったその税理士さんのミス。
(アイドルになるときは身辺を綺麗にしなさいってよく言いますよね。・・・変な例ですみません。)


今もあるのかはわかりませんが、
顧問先を取った取られたの揉め事。
一般企業のサラリーマンからこの業界に移って来た者なら感じる税理士業界の摩訶不思議。

そんな業界の常識に新しい風を入れるのはいいことでしょうし、出る杭を止めるつもりはありませんが、簡単に虫に食われてしまうような杭でしかないなら出るべきではない。


そもそも、お客様がそんな税理士を一所懸命と感じるのか、とても信用できないと感じるのか、
決めるのはお客様ですから・・・。


という訳で、
私は・・・ひっそりと出てるか出てないか分からない杭かな?

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力を!

関与先様に心配をかけちゃいました

税理士と関与先様との関わりって色々あると思いますが、
ウチは基本的に関与先様へお邪魔するスタイルです。

予め時間をお約束して伺いますので、時間に遅れるのはご法度。
というより、時間を守ること自体がビジネスの基本注の基本。

なので遅刻することはまず無いのですが、

どうも
遅刻するはずがない→時間通りに到着しない→何かあったんじゃないか?
となってしまうこともあるようです。

車での移動がメインなので、予期せぬ自体がおきて2、3分遅れてしまったときなどは、会社にお邪魔した瞬間に「何かあったんですか?」って心配されてしまったこともあります。

重々気をつけているつもりですが、

最近やっちゃいました。30分遅刻。

書類を届けた後、別の関与先様へ月次訪問に伺う予定でしたが、書類の届け先で社長様がトラブルを抱えてヒートUPしており、話を聞いて欲しいといわれ、内容を伺うと冷静にならないと大変なことになりそうでしたのでついつい話を伺って長居をした結果、車に乗り込んだときには約束の時間を15分過ぎていた!


訪問予定の関与先様にお詫びの連絡を入れ事無きを得ましたが、
ご心配をかけてしまったことは事実。

ギリギリのタイムスケジュールには気をつけなければ。

理由はともあれ、反省です。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力を!

税理士料金の値引交渉

ウチは値引しません!

なんて強がっていますが、実際に交渉の末、値引したのは1件だけ。
その1件も経営者様の方針で、別途決算料を払いたいとおっしゃるので月々の料金をその分減らしただけです。

ウチの料金体系って、
決算料を別途頂戴しないし、税務調査でもなければ余程特殊な案件以外は追加料金は発生しないようになっています。

別に同業の税理士さんの料金に対抗しているつもりはないのですが、結果として年間総額では安くなっているのかもしれませんね。


そもそも決算料を別請求しないのは、税理士に頼む以上決算をするのは当たり前ことと考えているからで、
最初から分かっているものは、月々の料金に含めてしまえ!ってある意味強引な話。(未だクレーム無し)
それに、決算でそれなりの納税をした後に税理士に決算料を支払うのってやっぱり資金的にもきついのでは?と思いますから。


価格決定のプロセスって、需要と供給の関係で決まるものですが、
ウチのようなちっぽけな一人税理士事務所が全ての需要に対応出来るわけないので、結果として関与できなかったことを悔やむ事もなく、むしろ値引きを主張する方とはご縁がなかったと思えば、気が楽になるというもの。
仮に需要側からの値引き交渉があったとしても、
世の中いくらでも税理士はいるので他を探して下さい。
と丁寧にお断りするだけの事なので大したストレスにもならないんです。

ウチに依頼していただける方がゼロになったら、その時初めて考えればいい話位にしか考えていません。
むしろ価格の問題なのかどうかを真剣に考えるべきと思っています。

だって、無理して値引して関与させていただいても、他の関与先様とのバランスを考えれば、やっぱりチカラの入れようが違ってしまうし、ウチの価格で(渋々?)了解してくれた関与先様に申し訳ないから・・・。


そういう意味では、低価格を前面に押し出す税理士さんはある意味大歓迎。
値引を迫る納税者の方をご紹介できるから。
下手すると、実は低価格ルックでオン+オンの結果、ウチより高くなるかも?

まだ実例はありませんが、
そんな方がやっぱり依頼しますって戻ってきたらどうしましょう?(いらぬ心配です)


とか言いつつ、現時点では、新規開業した方とHP経由でお申込みいただいた方については、気持ち程度の値引きをしています。でも、HPを開設してから2年経つこともあり、そろそろ値引をやめようかと。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力を!

決めつけるのは良くないでしょう

休日に何気に立ち寄った某有名紳士服チェーンでの出来事。

店に入ってしばらくすると、20代後半の男性店員が声をかけてきて、スーツコーナーに拉致された。

自分の体形では既製品は合わないので購入する気は毛頭ないのですが、言われるままに後をついていくと、行き着いた先は「お買い得品コ~ナ~」!

完全に見た目で決めつけられたっ。

仕事着はスーツにネクタイですが、その日はジャージにニット帽。

そんな私のショックなど構わずにまくし立ててくる。

ショックで立ち直れない中、精一杯振り絞ったのが、

あの~、ウール100%のものってないんですか~。

すると、店員さんの勝ち誇った顔と声が・・・

今は、主流ではないですよ~。当店にはないですね~。

確かさっき高い商品のコーナーにはあったと思うけどって、言いかけて止めておきました。


私の身なりを見て気遣ったのか、本当に知らないのかは分かりませんけど、

決めつけるのは良くないですね。


そんな傷心を抱えたまま帰宅して子供に話をすると、

だってパパ、そんな格好だし、知らない人は怖いって!

って、全然フォローになってない。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックにご協力を!

今日から通常モード

今日から通常モードです。

というのも、カレンダーの影響で先週は週の半分は事務所での内仕事。

今日からは、日中は関与先様廻りで事務所にはほとんどいないという日常に戻ります。

子供たちも今日からは通常授業です。

ようやく我が家の日常が戻ってきました。


と、HP経由で事業に関するご相談が・・・。

お手伝いをすることになるかどうかは分かりませんが、お問い合わせいただけるということは有難いことです。

さっそく今から関与先様への訪問に出発です。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

娘の新しい習い事

娘がテニスを始めました。

同級生は、水泳やバスケットが多いのですが・・・。

なんでテニスなのかは不明ですが、同級生より後に習い始めて追いつくのが嫌だから?

なんせ負けず嫌いですから・・・。

一つ安心したのは、友達も習う→私も習うという動機ではないこと。

初めてのレッスンは土曜日で、とりあえず一回目は教室のラケットを借りましたが、MYラケットを仕入れにスポーツ店へいそいそ出かけることに。

正直テニスは詳しくないので、定員さんのアドバイスも貰いつつ、何とか決まった。

テニスって、子供でもコートの広さは大人と同じで、ボールも同じ。
大概のスポーツって大人と子供はサイズが違うものなので、ちょっと意外。

だから選ぶのは、大人用のラケット。

大人用のラケットを子供が使いこなせるのか?
娘に聞くと、フォアハンドもバックハンドも両手打ちで練習しているとのこと。

なるほど!モニカ・セレスと同じですか!

力がついてきたら片手打ちにするんでしょうね?

末は、
アメリカ、イギリス、オートスラリア、フランスへ応援旅行ですかね~。

まあ、好きで始めたことですので楽しんで続けてくれればと思います。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

リスクへの感度

事業者様にとって、税理士が唯一の専門家である場合って結構あると思います。

ともすると、何でもかんでも税理士に質問してくることもしばしば。

誰に質問すればいいのか分からないので仕方ないのかもしれません。

よくあるのが、労務に関する質問。
専門家は社会保険労務士さん。

最近あったのは、退職する従業員の雇用保険の手続きで必要書類をご案内したのですが、その中に退職届を依頼しておきました。

離職票には退職理由を記載する箇所があるのですが、離職票の発行の必要がない場合は添付の必要はないので貰わなかったとのこと。

確かに添付は不要ですが、退職届はきちんと書面で貰っておくことをお勧めします。

リスク回避という意味で。

後々退職理由を巡って争いになっては困りますから。

今は良い意味でも悪い意味でも情報が容易に手に入りますから。自分にとってのみ都合の良い情報も含めて。

豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

ミスの許容範囲は誰が決める?

人間誰しもミスがあるものです。

そんなミスにも二つあり、

間違っていたので直してください。というミスはやり直せますが、
間違っていました。という結果報告だけの場合は取り返しがつかない場合もあります。

今日のご相談は、後者のケース。

間違っていたので、今後は他の業者に依頼するとの結果報告のみ。担当者が少し前に変わったとのこと。

どんなに今までの長年の付き合いを主張してももう無理。

最後に口から出たのは、これ位のミスなら・・・。

これを言ったら、もう完全にOUT。

業界の常識でミスの度合いを判断するのは完全に間違っている。
ミスの度合いを決めるのはあくまでもお客様なのだから・・・。

お客様からしてみれば、言い訳にしか聞こえないし、余計に腹が立つに決まっている。

そんな話を伺ってアドバイスを求められても言えるのは、

同じミスは繰り返さないこと、ミスは大小ではなくて0か100と考えること

と言いつつ、自分にも言い聞かせるのでした。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

小さな社長さんの信頼を得るには・・

小さな会社の社長ではなくて、将来の社長候補(?)のお話。

月次訪問に伺うと、将来の社長候補(?)=社長のお子さんに会うことがあります。

幼稚園や小学校に通っていると、会えるのは夏休みと春休みの年2回くらいですし、やっぱりちょっとよそよそしくなってしまうのは致し方ないこと。(自我が芽生えてくるのでしょう)

そんな小さな社長候補が「ポケモン」で遊んでいるので、仕事の合間にちょっとポケモンネタをふると、今までのよそよそしさがウソのように、目を爛々とさせてポケモンを語りだすんです。

自分の子供に付き合っていたこともあり、ポケモンについてはある程度の知識は持っているので、話は噛み合う。社長候補としては楽しいようで、更に社長候補の知らないネタを教えてあげると尊敬の眼差しに変わってくる。

大人と子供の違いはあれど、興味のあることに共感し、話ができることってきっと大事なことであり、そこから信頼が生まれるのかなって思います。

無事、仕事も終わって失礼するときに社長候補が一言、

今度はいつ来るの?

期待されるのは、嬉しいものです。

夏になったらまたポケモンネタで盛り上がろうね。
と約束して関与先様を後にするのでした。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

気になる言葉 VOL.1

最近気になっているのが、「真面目」という言葉。

どうもいいイメージではないようで、真面目は損とか報われないとか・・・。
「真面目」という言葉が褒め言葉になっていないことが多い。

そんな使い方から連想されるのは、コツコツ努力する人とか融通が利かない人とか、ユーモアのない人とか。

真面目の本来の意味は、真剣、本気、誠実のはず。
そんな意味からいえば、真面目でない人とは仕事で絶対に付き合えない。

華々しく成功している人でも見えないところでコツコツ努力しているはず、今の時点で成功していないからといって地道な努力を笑うのは自分の価値を下げているとしか思えない。

でも、生真面目(=融通の利かない)すぎるのは少々よろしくないのは確か。

ということで、

遊びのある真面目

が一番かなと。

真面目な豊田市の伊藤税理士事務所のHPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

講師の依頼って有難いんですけど・・・

昨日は一日事務所にこもって内仕事。

夕方、担当する商工会さんからTELがあり、個人事業の事業承継について講師をしてほしいとの打診が・・・。

実は、昨秋に生命保険の研修の講師をさせていただいたのですが、
ウソかホントか評判が良かったとのことで再度のご依頼です。

実は私、人見知りなんです。
っていってもなかなか信じてもらえないのですが、改まった場で人前に立つのは本当は苦手。

でも、研修やセミナーでそこらの本に書いてあるようなことを話しても自分自身が面白くないし、ましてや聞いている方だって退屈だろうとの勝手な妄想(?)で、
ついつい話しすぎてしまったというのが、前回の研修のホントのところ。

そんな研修で喜んでいただけたのでしたらそれはそれで有難いのですが、
いざ受けるとなると、変なところでこだわるので資料作りに少々時間がかかってしまうこともあり、今回はちょっと厳しそう。

とりあえず他の税理士さんを当たってもらい、その結果如何では引き受けざるを得ないかもしれません。
もし引き受けることになったら、どうせなら面白い研修にしたいです。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!

ヒットの泉 ってご存知?

今朝の記事で書き忘れたこと。

保険会社さんからの番宣デス。

「ヒットの泉」という番組の単独スポンサーとのこと。

毎週日曜日午前9:30~:TV朝日

中小企業のモノづくりを紹介する番組だそうです。

よろしかったら一度観てみてください。

ちなみに単独スポンサーなので宣伝は全てスポンサーのもの。
少々くどいかも知れませんが・・・。

その時間は、息子の大好きな「ワンピース」の時間。
熾烈なチャンネル争い勃発!
って、我が家のテレビは1台じゃあないので大丈夫。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
応援クリックにご協力を!