異動の連絡と餞

つい最近、国税庁(税務署)の人事異動があり、
豊田税務署では、署長、総務課長、個人一統括、法人一統括、管理徴収一統括、資産税統括が異動となりました。
幹部総入れ替えって感じです。

すると今日、
ウチの担当である保険会社の担当者さんから連絡が入りまして、
9/1付で東京本社へ異動とのことです。

立派な栄転です。(祝)
ウチのような劣等生に辛抱強くお付き合いいただいたことに只々感謝です。

そのお礼という訳ではありませんが、
今、ウチの関与先様に対する生命保険のプランニングを行っていまして、関与先様へのご説明は終了し、承認をいただいたので、
明後日に検診と契約となっております。

私自身、元々、保険をガンガン勧めるつもりはないので、保険会社さんからすればただの劣等生です。
以前、顧問契約と共に生命保険に加入させる税理士事務所さんとか、既存の生命保険を解約させてご自身が代理店である保険に加入させる税理士事務所さんの
存在を耳にしたことがありますが、とても私には真似できるものではありません。

というのも、
私自身、そもそも生命保険は手許資金で賄えないリスクに対する備えと考えていますので、究極の話、資金が十分確保されていれば
不要というスタンスです。
という事は、生命保険とは一過性の期間限定のものであるべきものとなりますので、生命保険でリスクに備えつつも、
将来的には生命保険が不要となるような体制を構築すべきことをお伝えしています。
とはいってもなかなか上手くはいかないものですが…。

で、
今回のプランニングについては、直近の節税対策ではなく、役員の退職金対策でもなく、有事の際の借入金返済原資でもなく、
法人契約における生命保険の使い方としては、チョット斬新な切り口(自己満足?)かなぁと思っています。

なので保険会社の担当者さんにも色々協力をしていただいた訳で、
今回の栄転の餞になれば嬉しい限りです。

ところで、
新しい担当者さんは…未定。
そもそも私劣等生ですし、契約・契約・・契約~といったガンガンに熱いヒトだと嫌だなぁ…。
私が思いもつかないような、斬新な提案をしていただけるヒトが希望なんですが…。

劣等生のくせにワガママ言ってはいけませんね。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

↓ 応援クリックをポチッとお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ



夏の祭典:花火大会~おいでん祭り~

この週末、豊田市の夏祭りがありました。
この祭り、毎年最終土日に行われます。
土曜日に踊り、日曜日に花火大会があったのですが、土曜日の踊りは盆踊りというよりはダンスでして、
有志の団体が予選会を経て本番に踊るというもの。

以前は金曜日と土曜日の2日間にかけて踊っていたのですが、今は土曜日のみとなっています。
ウチの子供達も保育園から小学校の低学年までは園や学校の親繋がりで踊っていましたが、なんせ暑いうえに狭い場所に物凄い人数ですので、
私は大容量の水筒を抱えて水分補給係。
ちょっとした拷問でした。

このお祭り、7月の最終土日という事は…

そうです。税理士試験の直近なんです。
従いまして、税理士になるべく勉強していた頃は、花火の音を聞きながら勉強していました。
ドーンという音を合格への祝砲と言い聞かせながら…。

ちなみに昨日の花火大会は少し離れた場所で家族で見ていたのですが、
なんとなくですが、スケールが小さくなった?

妻も何となく感じたようでして、

企業からの寄付、協賛金が減ったのかな~?

確かにそうかもしれませんが、
直ぐそこに思いを馳せてしまうのは職業柄?

町内の小さなお祭りも含めて運営されている方々も大変なご苦労があるのでしょうね。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

↓ 応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


会計ソフトはノートパソコンへ…正解だと思います。

今日は、6月にお問い合わせいただき、最近法人設立の完了したお客様に会計ソフトを導入するべく伺ってきました。

ここ最近、会計ソフトを導入するパソコンは圧倒的にノートパソコンが増えています。
確かに持ち運びを考えるとノートパソコンを選択するのは理にかなっていますね。

最近はテンキーがついているノートパソコンも増えていますので、会計データを入力することを考えても使い勝手はいいですね。

取り敢えずではありますが、使い勝手を考えて少々初期設定を変更しておきましたが、なんせ開業+法人設立ですので、手探りの状況。
同業他社を参考に設定をしておいたものの、暫くの間は伺う度に使い勝手や入力の手間を省くための設定変更等のサポートをしていく必要があります。

ウチの場合は、通年(年一でない)関与の関与先様につきましては、会計ソフトを無償提供していますのでソフト代金分は出費と言えばその通りではありますが、
記帳代行という所謂作業に関する税理士のイニシアティブはもはや無いに等しいものとなっていることを考えますと、結果としての数字をどう解釈し、
どう加工し、今後の経営判断の一つの材料として有益なものに昇華していくかが税理士の役割と思っていますので、会計ソフトの導入はウチにとっては大歓迎です。

記帳代行という作業から解放された分、関与先様毎に異なる事情や特異性をどう判断し、織り込んでいくのか?
そういった部分に時間を使うようにしています。
全く同じ業種、売上、利益でも答えや目指すところはほぼ間違いなく異なりますから。

ところで、
今日伺った関与先様の使っているノートパソコンはL社のもの。

ちなみに私も常に携帯しているノートパソコンもL社のもの。

あくまでも個人的な感覚ではありますが、L社のノートパソコン結構好きです。
これまでトラブル知らずで頑張ってくれています。
トラックポイント(赤ポッチ)を使いこなせていないのが少々痛いですが…。

ここのところ、自宅用のパソコンの調子が悪いので買い替える必要があるのですが、ゴタゴタしていたので注文していない…。
妻と息子からは催促の嵐…。

今週末には決めなければ…。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

久しぶりの更新です

久しぶりに更新します。
といっても1週間弱ですが…。

色々ありまして、更新できなかったというのか、サボっていたというのか、
更新する時間が全くなかったといえばウソになるのですが、

後向きな内容や批判的な内容をブログとして発信したくはなかったので、敢えて書くのを止めました。

自分自身の失敗談なら、お恥ずかしながらも、いくらでも(?)書けるのですけど…。

恐らく批判的なものを書いても問題無いのかもしれませんし、人って残酷(?)なものでそういったものを好む傾向がある様な、無い様な。

結局、自分なりに考えて、整理して、再度ブログを書いてみようと。
やっぱり、前向きなことやクスッと笑えることを書きたいなぁと。

関与先様の中には、心配してご連絡いただいた方もいらっしゃいます。
そんなお心遣いにお礼を申し上げますと共に、ご心配をお掛けしてしまったことをお詫び申し上げます。

お金は流すものではなくて勝手に流れてしまうものなの?

事業を営んでいる以上、売上を増やすことは必要なことで、もっと必要なことは利益を確保することですが、得た利益をどう運用していくかも重要ですね。

利益をストックしていくことは必要ですが、ただ貯めこむだけでは宜しくないといった事を水の流れに例えたりします。

この例え、大雑把に言ってしまえば、お金が入って来たならば、使いましょう!つまるところカネは天下の回りもの。
という事な訳ですが、

最近のウチの事情は少々異なっていまして、

使わざるを得ない事態が発生して、出費をすると後からお金が入ってくる。
後から入ってくるだけまだ良いのかもしれませんが、それが無ければ、流す水さえなくなってしまう。


去年は、事務所のシステムを大きく変更したら、一気に新規の関与先様が増えたり、
今年になって、車を買い替えなければならなくなり、
同時にもう一台の車のタイヤの溝が無いのでタイヤを交換することになったり、
(この車のタイヤ、太くて薄い。しかも過去のトラウマの為、メーカーはB社かD社指定。なので結構高額)
そんな出費があると、新規のご相談から関与させていただくことが決まったりする訳です。

そして、ここ何日かでまた出費せざるを得ない事態が…

先ずは、自宅のパソコンが動かない!(結構古いので致し方ないのですが…)
更に、2、3日前に今年初始動のエアコンから生温~い風しか出ない!(まだ5,6年なのに…)

という事は、出費=新たな関与先様?

そんな博打のような思考回路は絶たなければ…。
というより、
そもそも順番が逆な訳でして、関与先様には、資金繰りにとっては、売上入金→経費の支払とすべきなんてお伝えしているにも拘らず…。

早くこんな綱渡りのようなスパイラルから脱出せねば。
それとも、やっぱりお金は貯まらない。これが真理?

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

一日の中で衣替えをしてます。

暑い日が続いていますね~。

税理士は事務仕事とはいっても、いつもクーラーの効いた部屋で有意義にパソコンに向かっているという訳ではありません。
ウチのように私自身が動いてナンボの事務所では、日中はほとんど出っ放しです。

なので、外回りから戻ってくると汗、汗、汗。

汗だらけで関与先様に伺うのもアレですので、
このところ、午前と午後でYシャツを着替えています。

今週になってからは流石に上着は着ていませんのでシャツ一枚。
よく言われることですが、クールビズでレギュラーカラーのYシャツはどうもパッとしないので、
毎年クールビスの際のYシャツはボタンダウンを愛用しています。

去年までは、一日の中で着替えることなんてなかったので、クールビズ用のシャツは4、5枚程度。
この枚数ではどう見ても足らない…。

結局、2枚追加。
ちなみに私は長袖のYシャツしか着ません。
半袖の方が涼しいのですが、なぜだか分かりませんが変な拘りがあるようです。

とはいえ、やせ我慢も限界…
ポロシャツにしようか?

関与先様の中には、そんな私を見かねて、
ウチはジーパンにTシャツでもいいですよ~。
と声をかけていただける方もいらっしゃいます。

まさに悪魔の誘い…デス。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

税理士を志す方が減っている?~受験生へのエール~

今年の税理士試験の日程や申込者数が発表されましたが、申込者は減ってますね~。
簿記論、財務諸表論、消費税法の順に申込者が多いのは毎年恒例ですが、申込者数を見ますと、前年比増加しているのは、相続税法と国税徴収法のみ。
国税徴収法はちょっと意外…。

この結果、税理士という仕事に魅力が無いと感じているのか、大変だと感じているのか、それとも5科目合格というハードルが高いと感じているのか?
平成14年の税理士法改正により、所謂ダブルマスター制度は廃止されていますので、大学院を卒業しても最低2科目は税理士試験に合格しなければなりませんし、
公認会計士の資格取得による税理士登録という方法についても、税理士になるためにわざわざ会計大学院に通うとも思えませんし、
税理士試験を回避して税理士になる方法って減っているのですけど…。

税理士という職業は、開業資金や固定費を抑え易いものの、
ある程度の関与先数がなければ何ともならない訳でして、
資格を取得して看板を出してハイOKというものでもなく、逆に広告宣伝なんかの方法を少し間違えると直ぐにクレームなんてことも耳にします。

確かに中には、どうなんでしょう?という広告宣伝も無きにしも非ずとはいうものの、そもそも税理士を選ぶ選択権は納税者様にありますので、その辺りは納税者様に任せれば良いのではなんて思うのですが…。

企業の設立数が廃業者数を下回っている状況で、既存の企業にはほとんど税理士さんがついている現状で、
これから独立して頑張っていこうという税理士さんとしては、既存の税理士事務所との差別化をしていかなければ、関与先様が増える訳がないのですし、そもそも経験値が圧倒的に不足していることを考えると、考えられない低価格を打ち出すなんてこともあり得るといえばその通り。
そんなビジネスモデルを否定する気もありませんし、4、5年も経てばそのビジネスモデルの結果は自ずと明らかになります。


なんか、これから税理士を目指そうという方を脅すような内容になっていますが、
こんなことは税理士に限らずどんな仕事でも同じことで、
特に税理士のような国家資格の場合、資格を取得しなければ競争という土俵にすら上がれないという事が真実。

開業した税理士さんだって皆、そんな中で色々試行錯誤して頑張っています。

税理士試験の大変さは、私も受験したので分かります。
正直、税理士試験はしんどい。
友人が海だ!花火大会だ!と楽しんでいるときにひたすら勉強しなければならず、
毎年1回しかないですし、合格発表は4ヶ月後。それまではまるで蛇の生殺し。
最後の5科目目なんて、プレッシャーが物凄い。

でもですね。
土俵に上がる為には頑張るしかない。

あともう少しです。
悔いの残らないように頑張ってください!

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

大企業の休日が地域経済に及ぼす影響

私の住む愛知県豊田市にはトヨタ自動車さんの本社がありまして、自動車に関連する企業さんも多いのですが、トヨタ自動車さんほどの大企業ですと、自動車とは関係ない企業も何かしらの影響を受けるものでして、昨年夏の節電による土日操業時には飲食店さんをはじめ多くの企業さんが影響を受けました。

今年の4月からは、平常通りの休日に戻っていますが、
実はトヨタ自動車さんは、祝日は出勤ですので自動車関連の企業さんも祝日は出勤。

なのでこの地域は、祝日に関する人の動きが若干違う気がします。
子供は勿論休みですが、祝日の人の動きは、土日と平日を2で割ったような感じです。

ウチは対外的には土日、祝日休みとさせていただいておりまして、関与先様の都合で土曜日に打合せをすることはあるものの、日曜日や祝日に仕事をする必要がある場合は専ら内仕事で、平日に処理しきれないものを処理しています。

今週の3連休は…
お休みしました。

でも今度の土曜日は関与先様との打合せです。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

役員でも傷病手当金の申請できますか~

ウチにお問合せをいただく中には、法人を設立したいというご相談が結構ありまして、
皆様、様々な事情やお考えをお持ちです。

そんなご相談をいただいた際に、税理士として何でもかんでも法人設立を勧めるというのも考えものですので、ご相談いただく方が認識していない部分をお伝えさせていただくことで判断材料を提供させていた頂いております。

個人で事業を営んでいる方の法人成のご相談でやはり多いのが、
利益が出ているので、法人成した方がトータルの税金が抑えられるのではないか?
更に、これに加えて
法人成をすると、消費税が2年免税になる!
というもの。

法人成に伴う税負担のシュミレーションや消費税については、改正点も含めアレコレご説明をさせていただくのですが、
一人法人の設立を検討されている方から、ご相談を受けたのが、

役員でも傷病手当金を申請できますか~。

ウチの場合も私が動けなければ事業は成り立たない。
という事は収入が途絶えてしまう。
そういう意味では、成程!というご質問です。


役員に支払う給与については、損金算入について3つの形があり、
定期同額給与については、期中における減額に制限があります。

但し、役員が病気等により入院し、当初予定されていた職務を遂行できない場合には、株主総会や取締役会の決議を以って減額することは可能で、
国税庁のQ&Aでも例示が示されていますね。

Q&Aが云々という事よりも、
役員も社会保険に加入している以上、その権利である傷病手当金の受給を受けることが出来ないという事は本来おかしいのですが、
税法の表面的な部分のみを掻い摘んで判断してしまうとおかしなことになってしまいますね。

税法と他の法律、一般常識のバランス感覚はやはり必要です。

ついでと言ってはなんですが、
一人法人(一人個人事業も同じ)の場合、突然の事故や病気で経営者様が動けない事態になると、収入も途絶えますが、取引先にもご迷惑をかけてしまいますので、そんな場合のバックアップならぬ、相談できる同業者さんは見つけてくださいね。
それが一人法人さんの責任でもありますよ~。
と、余計なお世話かもしれぬアドバイスもさせていただきました。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

同じニオイのする税理士さん

決して加齢臭とか香水の種類が同じという事ではありません。

税理士を続けていますと、色々な税理士さんとお話しさせていただく機会もありまして、
一口に税理士と言っても色々な方がいらっしゃいます。

どちらかというと税理士ってアクが強いというのか個性豊かというのか、
そんな風に感じるのですが、

そんな中、沢山いらっしゃる税理士さんの中でもそれなりの頻度で交流のある方っていうのは、
税法に対する姿勢とか関与先様に対する姿勢が似ている場合が多いと思います。

このことを仲間内では、ニオイが似ている。っていうのですが、

もし、ウチの関与先様が税理士を変えたいとか、税理士を探している方が他の税理士さんと迷っている時に、そんな税理士さんの名前が出てくるとしたら、
やりにくいなぁと思うのと同時に、すんなり諦めもつく気がします。

税理士とはいっても税金に関すること全てに精通している訳ではなくて、得意な分野、苦手な分野があり、常に旺盛な知識欲をもって勉強していく必要がある訳でして、
実務においては、法律に書いてあることがそのまま当てはまるケースの方が少ないというのが実態ですが、課税庁としては、税理士はプロなので、不明点は税理士会で処理すべきという姿勢です。

そんな判断に迷った時に助かるのが、税理士仲間。
法律を拡大解釈していたり、保守的に考えすぎていたりする自分にヒントをくれる。

小さな事務所が税理士として生きていくには、組織としてではない緩やかな連携の関係を構築することが必要と思っていますし、実際に色々助けていただくこともあります。

だからこそ、自分が相談を受けた時は、知り得る情報や経験を惜しみなく伝えますし、与えられるだけでなく与えることが出来るように勉強し、仕事もする。

そんな税理士仲間に感謝!感謝!

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

ビジネスにおける時間に対する価値感

ヒトの時間は誰しも1日24時間。

税理士のお仕事って、典型的な(?)労働集約型ビジネスで、ノウハウや時間を切り売りしている訳ですが、
特に、一から十まで全部こなさなければならないウチのような事務所では、時間に対してシビアにならざるを得ません。
だからこそ、IT等を駆使して俗にいう作業の時間を効率化していく必要があるのでして、そうした結果、確保できた時間を使って、あれこれ調べものをしたり、勉強したりする訳です。

とはいっても、関与先様への訪問時に
時間ですのでサヨナラという事はなく、関与先様にご理解、ご納得いただくために使う時間が無駄なんてこれっぽっちも思いません。

そんなスタイルですので、関与先様廻りについては少々遊びをもたせてスケジュールを組んでいます。

ウチにいただくご相談やお問合せって、結構電話が多く、困っているのですぐに相談したいなんてこともあり、たまたま外回りの予定が空いていると
午前中にご相談→午後から面談
なんていう事になる場合もあります。

今日も、

午後に電話しますので、どうしても伺わせてください!

と。

とてもお困りのようでしたので時間を作ることに…。

携帯電話なので相手の方の番号は分かっており、お名前とどのあたりにお住まいなのかも一応伺っておきました。
なんでもご自身で事業を営んでいるそうです。

ところがですね~、

電話がかかってこない。

午後からは打合せが終わった5月決算の決算書や申告書づくりの予定でしたので、まあいいのですが、

上手く解決できたのなら、一言連絡して欲しかった。
というのが素直な感想です。どんな事情があるにしても…。

あくまでも私の時間に対する価値観ですので、強制すべきものではないのかもしれませんが、なんとも寂しい出来事でした。

明日は、6月決算の関与先様に伺って6月分の月次監査ですので、気持ちを切り替えます。
夏休みを取るべく、仕事の加速度上昇中!
でも、こちらは明日にかけて大雨のようですが…

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

特技は貼り絵、好物はおむすび?

私のブログの題名は「ピン税理士の奔走日記」なんですが、

なんと、ウチの奥さん…

「ピン税理士の放浪日記」って。

私は、ランニングシャツ+おにぎりか!

確かに、こうも暑いと、ランニングシャツ+短パン+ぞうりで過ごしたくもなりますし、食欲もなくなってくるのでおむすびというのもアリかもしれません。

外回りに出てしまうと、行方不明?
案外、自由気ままに仕事している?

なんてことはなく、

関与先様への訪問は約束の時間がありますし、月次資料の作成にしても決算申告書にしても期限が決まっている仕事ですので、
時間に追われて仕事しているというのが実態でして、
スケジューリングを誤ったり、突発の仕事で休日返上なんてことも日常茶飯事。

そんな日常ですので、
よ~く考えてみると、放浪…いい響きですね~。憧れマス。

いつの日か放浪日記に題名を変えることを夢見て今日も奔走してきました。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

6月と7月は生命保険の募集強化月間です

表題のくだりは特に生命保険に加入するといいことがあるという訳ではなくて、
あくまでも保険会社さんの内部的なイベント(?)でして、積極的に営業活動をしていこうというものです。

先月と今月、関与先様に伺うと生命保険の提案書が置いてあることもありまして、中には提案書の内容の説明を依頼されたり、是非の判断を求められることもあります。

ただ、こと法人加入の場合に特に言えることですが、会社の状況や決算書、申告書の内容を確認、理解せずして提案しても的外れなことが多いことも事実でして、
会社を経営している=節税対策と単純なものではないのにも拘らず、そういった提案書をよく目にします。

そんなときの殺し文句といえば、
解約金額/実質負担額が100%を超えるから、お得ですよ~。

要するに掛金の負担額<解約金額なのですが、
この実質負担額というのがクセモノでして、
保険料負担額ー保険料負担額×法人税等実効税率
で計算されるのですが、
実質負担額が意味を持つのは、毎期利益が計上されているケースな訳でして、赤字の場合や繰越欠損金額がある場合は、この数式の前提が崩れてしまう。

なので、本来ならば、
解約金額/保険料総額についても言及する必要があるにも拘らず、
どうもこの部分をきちんと説明されているセールスレディさんは残念ながら少ないようです。

税理士である私が関与先様から提案書についてのご相談を受けた場合には、セールスレディさんには申し訳ないと思いつつも、
メリットと共にデメリットもきちんと説明することが私に求められているものですので、この部分に触れずにおく訳にもいかず、説明の後に経営者様に残るのは、セールスレディさんへの少々の不信感。

そもそも法人契約の保険って保険事故に備える以外に解約を視野に入れたり、加入目的が保障と言い切れないこと等、個人契約と比べて検討すべきことが多いので大変です。

そんな訳ですので、会社の状況を継続してみている関与税理士からすると、どうしてもその辺りを検討していないと思われる提案書って賛成できない場合が多くなってしまうのが、少々辛いところではあります。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

税務調査における税理士料金のお問合せ

ウチは税理士料金を値引しませんし、決算料を別建てしていないことを以前、書いたことがあるのですが、

実際に税理士料金のお問合せをいただく時に、年間総額のお問合せをいただくことはあまりなく、ほとんどが毎月の料金+決算料のお問合せ。
そんな感じですので、毎月の料金のおおよその金額をお答えすると…暫くの沈黙の後に、

で、決算料は?

というのがお決まりのパターンです。
ただ、ウチの方針をお伝えしますと大体皆様ご納得していただけます。


そんな税理士料金について、時々変わったお問合せをいただくことがありまして、

税務調査の際の料金は?


ウチの料金体系は、年間に通常発生するであろう業務を網羅して月額を算出しているのですが、税務調査に関する費用だけは入っていません。
というより、
その料金を入れて月額料金を計算するのもアレですし、だからと言って税務調査については立会により時間的拘束もありますので、サービスという訳にもいきませんので…。

通常、税務調査に関する料金として考えられるのは、
立会に関する日当と修正申告等の場合の申告書の作成手数料あたりでしょうか?

ウチの場合、修正申告等の作成手数料はいただいておりませんが、日当だけはお願いしています。


そんなウチの料金をお答えすると…、

立会の日当はサービスにして、修正申告の手数料だけにしてくれませんか?

税務調査に慣れている?
修正申告ありきという事?
それとも修正申告の可能性が0%という事?

意図がよく理解できませんでしたので、色々伺っていくと、
月額料金についての値引交渉や税務調査に関する料金のことの端々にお知り合い方の関与税理士さんを引合いに出されるので、
その税理士さんに依頼することを丁寧にお勧めさせていただきました。
もしかしたら、相見積をされているのか、交渉術のテクニックなのかもしれませんが…。(ワタシ交渉下手?)

確かに料金が税理士を選ぶうえでの重要なファクターであることは分かりますし、、
価格決定の主導権が受給側に移っていることは実感するものの、価格って商品やサービスの内容や品質との兼ね合いの部分もありますので、
あまりにもその部分だけをクローズアップされるのも困ってしまいますね。
それともこんなご時世ですから致し方ないのでしょうか?

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

大会のハシゴです

昨日は息子のフットサルの大会が雨で今日に延期となってしまったのですが、
今日は元々、空手の大会でしたので、楽しみにしていたフットサルの大会への出場はムリ。
正直息子は、かなり落ち込んでいましたが、空手の大会へ出掛けて行きました。

空手の主な流派は4つあり、松濤館流、和道流、糸東流、剛柔流。
ウチの息子は剛柔流。沖縄の流派です。

1級までは決勝まで剛柔流は撃砕に限定されていましたが、有段の部になると全空連指定形を一回戦から使うことが出来ます。
素人目に見ても、撃砕と他流派の平和では平和の方が要素が多いので不利だなぁと思っていましたが、息子は有段の部なので今回はチョット期待。

一回戦、息子の形は十八手(セイバイ)。
始めて試合で見たのですが、勝ちました!
二回戦は砕破(サイファ)。残念ながら負けてしまいました。
形として短いのが難点です。
今日は、どちらの形もよく頑張ったと思います。

実は、あと二つ指定形がありまして、十三手と久留頓破。息子に合っているのは十三手(セイサン)かなぁと。
師範も砕破の代わりに違う形を教えるとの事。

個人の形試合の他に、団体形試合(3人で打つ)と団体組手試合、個人組手試合に出場。
最後の個人組手試合が終わったのが15時過ぎ。


完全にあきらめていたフットサルの試合は15時からなので遅刻ではありますが、間に合うかもしれないと思い、息子に聞いてみると…

行く!(即答)

小学6年生なので今年で最後。息子は毎週日曜日に友達と頑張ってきたので何とか出場したがっていたことは知っていました。

こんなこともあろうかと、車にユニフォームや靴を用意していたので、試合会場へ直行!
第一試合が15時30分~だったので間に合いました。

結局、4試合に出場して終わったのが18時30分。

最後は流石に疲れ切っていましたが、満足したようです。
考えてみると凄い体力です。
明日からまた学校、息子よ…お疲れさん。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

税務支援という視点で電子申告という制度を考えてみる

私の所属するの税理士会の支部では税務支援の一つとして3年間派遣税理士として商工会の記帳指導のお手伝いをするのですが、あくまでも希望制であるにも拘らず、
たまたま税務支援の担当委員長さんに目をつけられる(良い意味で…としておきます)とお願いされてしまうなんてことがある訳でして、
かくいう私も担当委員長さんに見事に一本釣りされてしまいまして、2度目の派遣税理士のお仕事に従事しています。

そもそも税理士が商工会の派遣税理士としてお手伝いする目的は、小規模事業者に対する記帳指導であり、決算申告指導なのですが、
ここのところクローズアップされているように思われるのが、電子申告の利用率向上。


いまや税理士関与の納税者についてはほとんど電子申告を行っている(?)でしょうから、
電子申告の更なる利用率を上げるには、税理士の関与していない納税者か商工会の利用率を上げていくしかないのが実情です。
となると、商工会の派遣税理士についても当然電子申告に対応できる税理士が必要な訳でして、自ずとメンバー選定は限られてきてしまいます。

ご存知の通り、電子申告は納税者自身の電子証明書か税理士の電子証明書のいずれかが必要ですので、
この部分で税理士を活用していこうという意図が見え隠れしているように感じます。


私の所属する支部を管轄する税務署管内の商工会さんは1箇所を除いて弥生会計を使っているようでして、改めて弥生会計のシェアを再認識するのですが、
少々厄介なのが、
弥生会計で作成したデータを電子申告しようとするとe-TAXソフトに切り出したり、組み入れたりしなければならない訳でして、
間違いがなければまだしも、商工会さんが扱う確申期の申告件数って結構な量ですので、チェックした結果、誤りがあると結構な手間になります。

私自身、弥生会計を使っていませんし、e-TAXソフトを使って電子申告を行っていないので
テキパキと修正することも出来ず、商工会の担当者さんに頼らざるを得ないのが現状。

税理士にとっては電子申告って正直便利なもので、業務の効率化に貢献するものと言い切れますが、
商工会さんがお手伝いしている事業者様や電子申告の仕組みを考えると商工会という組織においては電子申告を業務の効率化に繋げる事は色々難しい面があると感じます。

確申期の状況を知っているが故に商工会における電子申告の利用率の向上が担当者さんのマンパワーにすがっているように感じてしまうのですが…。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

中退共加入のドタバタにおける対応

ご存知の通り昨年より、
青色専従者についても要件はあるものの小規模企業共済又は中小企業退職金共済への加入が可能になりました。

ただ、小規模企業共済の加入要件=共同経営者、中小企業退職金共済への加入要件=従業員ですので、重複加入はできません。

実は2ケ月程前に中小企業退職金共済への加入申込をしたのですが、
専従者が加入するには、申込従業員に対する確認書、労働条件確認書、賃金台帳が必要で、申込書が中退共本部に届くと前記3点の提出依頼が送られてくるはず…。

ところが、
1ヶ月経っても届かないのにふと気付いて、名古屋市の中退共に問合せしたところ、申込書が本部に到着していないとのこと。

申込については、税理士協同組合(生命保険会社を通じて)経由でしたので、先ずは掛金を引落する金融機関へ電話すると、処理済とのことです。

続いて生命保険会社に電話すると…、行き違いがあったようで書類が未送。(????)

そんなこんなで結局3点の書類を提出したのが6月末。加入は6/14付。金融機関にて掛金引落手続きをしたのが5/15付。(ん~…)


すると、今朝電話が…

以前問合せした名古屋市の中退共の担当者さんからで、
あれから気になってチェックして頂けたようでして、
ウチの申込みが確認出来ました。とわざわざ連絡をいただけました。

こういうちょっとした気遣いって…、なんかとても嬉しいものですね。

中退共さん!いい仕事してますね~。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

夏のジャンケン大会開催。

関与先様等からお中元をいただきました。お心遣い有難いことです。

お中元やお歳暮って日本独特の文化でしょうが、お世話になっている方への感謝の気持ちなので、
本来は得意先様に送るのが一般的だと思います。という事は関与先様が税理士に送ることって逆では?

実はこの感覚って、この業界に入って税理士事務所に勤め始めた時に感じた違和感でして、
当時の私は何も考えておらず、担当していた関与先様から当時勤務していた事務所にお中元を頂いた時に、

料金をいただいていますのでお気遣いはいいですよ~。

なんて言ってしまい、その事を事務所に戻って報告すると、

あんたに対して頂いたものじゃあない!

とお叱りを受けてしまったこともありました。

今でも原則、お気遣いしていただかなくても…と思っていますが、せっかくのお心遣いですので素直に頂戴させていただいております。


せっかく頂いたのですから、何か無いかと考えていた時に思いついたのが、ジャンケン大会!
私もサラリーマン時代(電機メーカーに勤めていたんです)にお歳暮やお中元の時期になると社内で行われていました。

とはいうもののウチには従業員はいませんので、家庭内で楽しもうと4人で催しています。
ただ、あくまでも勝負ですので、相手が子供とはいえ全く手抜き無し。

ということで、
今年の第一弾:夏のひんやりゼリー杯を開催しました。

ところが、私が怒涛の4連勝!
子供達のうるうるとした瞳…完全無視!
子供達からは、大人気無いと大ブーイング!

しかしですね~、世の中そんなもの。
これから子供達に社会の荒波を自分の力で切り開いて行ってもらうための試練と、心を鬼にしている私の親心が分からぬらしい。
と言いつつも、ちゃんと子供達の好きそうなものを避けて選んでるんですが…。

一番気の毒なのは、妻。
まるで子供が3人いるようなもので、中でもガタイの大きな子供が一番性質が悪いときている始末。

様々な人間模様が交錯するジャンケン大会。
盛り上がりますよ!

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

きっと、ドッペルゲンガーに違いない!

昨日、ある方とお話ししている中で、

税理士さんってウチの主人と似てますね~

と。

とっかかりは、私が牛乳が苦手という事だったのですが、何でも、ご主人も牛乳嫌いで、やせ形でメガネ、
更にはダメなものはダメという所や子供の授業参観へ行かない事etc…。

奥様曰く、主人は繊細なんです…。

話を伺っていると、とても一生懸命、責任を持って仕事をされているが故に大きなストレスを抱えてしまうこともあるようです。

私が繊細かどうかは大いなる疑問ですが、責任という面については真正面から向き合っているつもりですので、それが故のストレスというものについてはなんとなく理解できる気がします。

ただ、私と違って凄いな~と感心したのは、
お住まいの地域が大好きで、地域のために頑張っていること。

決して、私が住んでいる地域が嫌いという事ではありませんが、地域のために私が何かをしているかというと…何もしていないというのが事実です。


そんなお話をしつつ、お昼になりましたので昼食をご一緒させていただくべく私の車で移動するときに、

車を変えたんですか~?と。

実は、妻が乗っていたT社のN●A●ですが、経年と燃費の問題で5月に買い替えたものの、
買い替えたN社のN●T●は、子供を乗せるのに後部座席が狭いとの妻からのクレームにより、私が乗っていた車と交換させられてしまいました。
妻が乗るからという事でタイヤのインチアップも抑えたのに~。
でも、今まで乗っていた車は私の大のお気に入りですので、仕事に乗っていくことも多々あります…。

ちなみにウチの車の事は、20代の頃からお付き合いさせていただいている車屋さんに全てお任せ。
私の好みもよ~くご存じで今回も大変お世話になりました。(感謝)

新しい車ですが、仕事でウロウロするにはコンパクトな方が楽なことも確かですし、燃費は確かにいいですね~。
私の中では10㎞/ℓで充分と思っていましたが、昨日高速に乗ると20㎞/ℓを超えたようです。
HV車に全く縁のない私からすると、この燃費は異次元のレベルです。

そんな事情を話しつつ、
実は、自分で選べるならS社のSW●F●が良かったんですよ~
とつぶやくと…

エ~ッ!
主人も事情があって今はT社のV●T●ですが、本当はS社のSW●F●が乗りたかったんですよ~。


これは絶対ドッペルゲンガーだと確信した、雨がザーザーの昨日の出来事でした。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

コンサルタントという職業に対する偏見

コンサルタントとは、お客様の抱える問題や課題について指導・助言する仕事ですが、
実は、私自身、過去にあまりよろしくない経験があり、どちらかというと好きではない人種でした。

というのも、
以前、ウチの関与先様に銀行主導で公認会計士系のコンサルタント会社が乗り込んできて24、5歳の公認会計士さんが色々やってくれまして、挙句の果てに得意先に売上の単価交渉に乗り込むとまで言い出す始末。
いくら公認会計士でも、実務も現場も知らない人間にそんなことをされては、大変なことになるので必死で止めましたが…。

結果、何百万円も支払って出てきたレポートは、
ウチがサービスで作ったレポートとほぼ同じ。

なので、申し訳ありませんがコンサルタントという肩書に対して知らず知らずアレルギー反応を示してしまう。

そんな中、ある日電話があり、有名なコンサルタント会社さんが一度会いたいと。

普通なら断るのですが、なんとなく会ってみることに…。

すると、いらっしゃったのは若い方。
いや~な予感はしたのですが、話してみると私の思い込みは間違っていました。

財務のコンサルタントではなかったのですが、色々参考になるお話を聞かせていただけました。
何でも東京や愛知、三重、和歌山、奈良などを担当しているようで、
都会のドライな関与先様の実態や税理士事務所の訪問頻度等、広い地域を担当し、現場を知っているからこそ得られる情報は、説得力も違います。
何より人と人とのお付き合いやご縁というものを大切にしていることがよく伝わってきました。


ところで気になるのは…

何でウチのような隅っこでひっそりと咲いている事務所に?
ウチとはとても釣り合いが取れないようなコンサルタント会社なのに…。ウン千万というような案件をいくらでも扱っているでしょうに…。

どうも、ブログやHPをみてアポをいただけたようで、豊田市の税理士事務所では最初にお声掛けさせていただいたとのこと。
ウチのブログやHPなんて、そんな大したものではないので、嬉しいやら恥ずかしいやら…。

同じ24、5歳でコンサルタント会社に勤めていてもこうも違うものですね。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!

暑かったですね~

昨日は厚かったですね~。

これからの時期、熱中症で体調を崩されたというニュースが出てくるのですが、
実は、
昨日熱中症になってしまったようでして、

午前中からなんとなくおかしかったのですが、午後の仕事を終えると、どうも体がだるく頭痛もひどい。
時間が経つごとにどんどんひどくなっていく。

流石にものを考えることが出来ない程になってしまったので、夕方で仕事を切り上げました。
特に屋外で何かをした訳ではなく、車に乗って移動していただけなのに…

今年も節電が叫ばれていますが、
我慢のしすぎで体調を崩してしまっては元も子もありません。
水分をしっかり取って体調管理には気を付けましょう~。

ちなみに今日の朝起きてみると…完全復活!
昨日サボってしまった分、今日取り返します!

昨日は初めての方(コンサルタント)とお話しする機会を得ましたが、今すぐ出動ですので、今日の夜にでもその話はUPします。
よろしければ覗いてください。

豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
↑ 応援クリックをポチッとお願いします!