効率化の意味をはき違えてはいけません


ウチは新規創業や創業間もない経営者さんが沢山いらっしゃいます。

そういった関与先さんというのは、最初から十分なスタッフを抱えている訳ではありませんので、
どうしても事務等のバックオフィス業務は手薄になりがちです。

経理専門のスタッフを雇うのは将来の事として…
まずは、経営者さん自ら又は親族の方がバックオフィス業務をこなしていくことになります。

となりますと、経理事務については極力手間を省きつつ効率的に処理することが課題となる訳でして、
経理事務において最も手間がかかり、税理士が請け負うことが出来ないものが現金の管理です。
逆に言えば、現金の出入りを減らすことは経理事務の効率化という意味では理にかなっているとも言えます。

となると、
現金取引を減らし、クレジットカード等を使うことを勧めたりします。
クレジットカードを使うことで現金出納帳の記入は確かに減るのですが…


そもそも事業において経費処理をするためには、領収書や請求書といった証憑書類の保存が必要になります。
誤解しないでいただきたいのは、クレジットカードの利用明細は領収書や請求書ではないということです。

カード利用明細に【 ●MAZON 】となっていても何を購入したのかなんて全く分かりません。
しかも、利用明細書って1ヶ月から2ヶ月遅れで届きますので、何を購入したのかなんて覚えてない…

残念ながら、これでは経費として認めることは出来ないと言わざるを得ません。
事業のために使った経費であることを証明するのは納税者側ですからね~

決して意地悪を言っているのでもありません。
税理士としては信じているんですよ~、だからたまたま紛失してしまったものまでダメとは言いません。
しかしですね、常習性の抜けない方がこれ位いいでしょう~って税理士を説得しようとしても…


良かれと思って事務負担の軽減のためにと提案したものの、結果、経費として認められなくなってしまっては本末転倒。
ならばいっそのこと、いつもニコニコ現金払いで領収書を見ながら現金出納帳を作成した方が後々のトラブルの種を回避できます。

効率化や省力化となすべきことをしないのとは全く違います。
その辺りをアナウンスしてもなかなか改善していただけないと困っちゃいますね(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

バタバタに拍車がかかっています(汗)

ついにあと数日で消費税率が8%になります。

例年、3月半ばに確定申告が終了し、確申期中に手薄となった法人の関与先さんの仕事に追われる3月ですが、今年は加えて消費税率の改正で本当にバタバタです(汗)

ちなみに、前回消費税率の改正(3%→5%)があった1997年って、
私、サラリーマンを辞めて税理士事務所に勤め始めて半年でしたので、所長先生や先輩に指示される仕事をこなすことで手一杯でよく覚えていません。
そんな右も左も分からない状況でしたので消費税の申告書を作成するなんてこともありませんでした。


今回だってそれ程バタバタするものでもないとタカをくくっていたのですが、
何って、自計化している関与先さんのソフトのバージョンUPをフォローしなければならない(汗)
関与先さんの使う8%対応のソフト(ライセンス)の準備は年末から告知し、年明け早々にはライセンスの手配は完了していました。
バージョンUPの代金はウチがまとめて立替し、代金回収も完全に終了しました。
が、最終的なバージョンUPがかかったのが今週ですので、これから関与先さんのソフトのバージョンUPをしなければなりません。

既に何件かの関与先さんについてはバージョンUPは完了しましたが、これから来月にかけて一気にバージョンUP…
って、バージョンUPしないとウチとのデータのやりとりが出来ませんのでどんなに忙しかろうがやり切るしかありません(涙)
ウチには年一関与でも自計化している関与先さんもいらっしゃいますし…

いえ、関与先さんに任せても良いのですが…
ライセンスの書き換えやら、設定に少々コツが要りますのでトラブルになって急遽呼び出しがかかるよりは最初からウチでやってしまおうと思っている次第です。


では、5%への改正の時はどうだったのかといいますと、
1997年当時って、自計化って今ほど浸透していなかった記憶があります。勤め先の関与先さんは一件も自計化していなかった記憶が…

それはさておき、関与先さんのソフトのバージョンUPが完了しましたら、今度は3、4月の帳簿のチェックが待っています。
収入と経費の税率に誤りがないかをチェックしなければなりませんからね~

ソフト自体は、4月1日を境にして3月以前の日付については5%を4月以降の日付については8%を自動的に割り振る設定になっていますが、それを鵜呑みにすることは出来ません。
家賃は前払い、水道光熱費は経過措置がありますのでそういった部分のチェックは税理士事務所で行うしかありません(汗)

大きな声では言えませんが…
免税事業者はそんなチェック要りません~
更に、簡易課税で税込処理ならばチェックは収入のみ~

例年ならば…
ウチの事務所は3月決算法人が特に多い訳ではないので4月になると落ち着くのですが、
今年は5月迄バタバタすることは間違いないようです。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

膨らむ妄想

2日連続で本当にど~でもいいネタです。
もう、ポチッもお願いしません(涙)
ネタ切れ…おっしゃる通りです(汗)
もし、マイナスポチッという仕組みがあったら、-999になってしまうでしょうね。

でも、負けません!、張り切っていきましょう~

珍しくお日様の明るい時間に事務所に居ますと、玄関のチャイムが…
どうも私のお客さんのようですので玄関に行きますと面識のない方。

大丸松阪屋百貨店の外商の方でした。

ほほぅ、ついに私も外商デビュ~か!
なんて思いつつも、何でウチに来たんだろう?

だって、お恥ずかしながら百貨店って足を運ばないので…

はは~ん、
さては税理士会絡みに違いない!


そんなことを考えながらも、
外商って実際どんなサービスなんだろう~
お店に行くと別室に通されて、専属の店員さんが付いてくれて~
と、どこぞのドラマのような光景が目に浮かびます。

なんか未知の世界であるが故に広がる妄想

紅茶をいただきながら、数点の洋服を専用の部屋で品定め~
沢山の買い物袋を店員さんに持ってもらって、玄関に車をつけてもらって~

とどまるところを知らない妄想ワールド
って、豊田市から名古屋市(お店)まで1時間かかるじゃあないかっ

と現実に戻って
お仕事X2、はぁ~束の間の楽しい妄想劇場でした。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

衣替え


昨日は本当にポカポカ暖かい日でした。暖かいというよりもむしろ車に乗ると暑かったですね~

そんな訳でして、昨晩衣替えしてしまいました。

以上!

では怒られちゃいますので、もう少しグダグダ書いてみようと思います。

はじめにお断りしておきますが、
今日は税務は…全く関係なしです~

本当にど~でもいいことを書きますので、お時間のない方、お忙しい方はポチッと押して撤収して下さいね。

↓↓↓ 撤収用アイコン
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


衣替えといいましても、冬物のスーツをクリーニングに出して、春秋もののスーツに替えただけです。

私服はといいますと…最近めっきり着る機会が無い~、特に冬場は(汗)

って、大体40過ぎのオッサンにもなりますと流行に乗るのもアレですので、オーソドックスなものばかりをチョイスします。

オーソドックスとはいいましても、安物買いの銭失いという教えはそれなりに経験則として持ち合わせるに至っていますので、一点豪華主義とはいきませんが、良品質のものを長く使っていこうと考える訳です。

シンプルでそれなりの品質のものをチョイスすれば、結構な年月着ることができ、オーソドックスであるが故に飽きもこなかったりします。
もっとも、中年の最大の問題はというと、体型の変化…
洋服は全然大丈夫でも、体の寸法が洋服に合わなくなるというのが悲しい中年の現実…

が、
おかげさまで食べたものがどうも身にならない体質のようでして20代の頃のジーパン(ジーンズと言わないところがミソ~)も履けてしまいます。


私服の件はさておき、
今日から冬服を脱ぎ捨て軽やかな服装で仕事をガンバリマス~
って、朝はまだ少々寒いですね

ほ~ら、最後まで読んでいただいた方、本当にどうでもいい内容だったでしょ
どうせ最後まで付き合ってしまったなら、ついでにポチッ!としていってくださいね(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

まだ終わっていなかった

ウチの事務所の営業スタイルは、自称【草食系】です。

自らガンガン営業する訳でもなく、インターネットからのお問合せや関与先さんからのご紹介でお付き合いが始まります。
関与先さんからのご紹介とはいいましても、特に紹介していただくための仕組み作りもしていません。

そういった意味では、完全待ち営業と言えるのかもしれません。

で、
いざ接触し、面談したとしても、あくまでも決めるのは納税者さんですので、
納税者さんからその後のご連絡をいただかない以上はこちらから接触をはかることは全くしておりません。

いえ、決して忘れている訳ではありません~
ご連絡いただいた際には「あなたは誰?」といった事はありませんのでその辺りはご心配なく(笑)

見込み客に対しては連絡しないとはいいましても、
いざ関与が決まりますとマメにご連絡するのですが、
年一関与の場合は特段ご連絡がなければ申告の時期近くに申告のご案内を差し上げるにとどまります。

それなりの頻度で接触している関与先さんに関しては状況把握が出来ますが、年一関与の関与先さんの場合は一年の間で状況が激変している場合もあったりしますので、
毎度、今年はどうしましょうか~といったニュアンスを含んだご案内となってしまいます。

で、ご案内を差し上げて何の返答もない場合はウチも何もしません。

一見、無責任にすら思われてしまうかもしれませんが、返答がない=ご自身で申告するという風に割り切って考えることにしています。


25年分の確定申告ではそういったことはありませんでしたが、それより前はポツポツ無返答というのがありまして…

24年分の申告の際に無返答だった方からご連絡いただいたのが3月19日…
25年分の申告をしていないようです(汗)
まずは申告の必要があるかないかの確認をしなければなりませんので、必要書類を伝えたところ再発行等で一週間位かかるようです…


ん~、まだ終わっていなかった…

ど~でもいいことですが、今朝からくしゃみが止まらない…花粉症だ~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

3月に買うか4月に買うか


4月1日から消費税率が8%に上がることに伴い、駆け込み需要が凄いみたいですね。

一般消費者にとっては3%は大きいですからね、日用品はともかく、大きな買い物は3月中にというのは当然のことだと思います。


ところで、
同様のお問合せを関与先さんからいただくのですが、

5%の間に買った方がいいの?


答えは、状況次第です。

免税事業者は5%で購入した方が有利になるでしょうね。
課税事業者で簡易課税を選択している場合も同様です。

ただ、
課税事業者で本則課税の場合は…どちらでも結果は同じです。

というのは、
5%で購入すると、決算の際に売上に係る消費税額から控除できる消費税額は5%分、
8%で購入すると8%分。

要は、
消費税は預り金ですので、少なく支払えば決算において税務署に納付する消費税額が多くなり、多く支払えば納付する消費税額は少なくなります。

なので、決算まで含めて考えればどちらも同じになってしまいます。


あとは資金繰りと購入品の陳腐化の兼ね合いになります。
必要以上の買い貯めの結果、資金繰りに支障をきたすようなことはお勧めできません。

私ですか~、特に3月にどうこうは考えていません。
あっ、ウチ、バリバリの簡易課税です(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

またも浮上した配偶者に関する改正案


湧いては消える配偶者に関する改正がまた審議されるようです。
103万円の壁と130万円の壁。


配偶者控除については、
そもそもの話、16歳未満の子供の扶養控除が無い現状から考えますと配偶者控除という仕組み自体が無くなることはある意味不思議な事ではないかもしれません。
その前に、23歳以上の扶養控除を無しにすることの方が先なような気もします。
諸条件を考えますと、23歳以上65歳未満の扶養控除は改正されて然りなのではと思えてしまいます。


社会保険の第3号被保険者については、
よくよく考えますと、社会保険に加入することが強制されていない個人事業者の元で働いている場合は、配偶者は収入が無くとも国民年金に加入する必要がありますし、
社会保険に加入しているサラリーマンでも月々の給料が全く同じなら、独身でも既婚者でも給料から天引きされる社会保険料は同額です。

もっと言ってしまえば、
会社は従業員から預かった社会保険料のおよそ倍額を社会保険事務所等に納める訳です。
この会社負担分って考えてみれば、将来の退職金の積み立てとも言えたりします。

厚生年金は国民年金を1階とすると2階建てなんて言われますが、最近色々問題になっている厚生年金基金は3階。
3階部分は確定拠出年金に移行しているようですが…
ここに社会保険の会社負担分を入れると、何と4階建て~

こうなると1軒家どころではなくてちょっとしたマンションです(笑)

でも、その躯体部分は何とも心もとないというのか、今にでも崩れ去ろうとしていますよね。


今回こそは改正されるのでしょうか?

改正されると、

給料で支給されている配偶者手当ってどうなるのでしょうか~

年収130万円までに抑えることの意味が薄れますが、だからといって働く場は確保できるのでしょうか~

パートさんの労働時間が増加することで正社員の雇用は益々減ってしまうのでしょうか~
65才への定年延長に伴い影響を受けている若者の働く場は…


政治家さんの覚悟とメッセージにチョット期待しつつ、見守りたいと思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

青色申告って案外知られていないの?


今年、平成26年以降の事業所得については、白色申告者でも帳簿の作成が強制されます。
昨年までのような所得基準はもはや有りません。

これまでもその部分についてはアナウンスしていますし、国税庁だけでなく、多くの税理士さんのHPやブログでも告知や記事となっています。

が、どうもですね~
白色申告者の方々ってどうもその辺りの認識が薄いようです。
青色申告にしようという白色申告者ってそれほど多くないという話が…

いえ、
青色申告65万円控除とか純損失の繰越がどうこうとか税務上のメリット云々という話しではなくて、あくまでも帳簿の話です。

もちろん、白色申告者だってどんな形かは分かりませんが帳簿らしきものは作成していると信じています。

世の中の税理士が青色申告を推奨するのは、
どうせ帳簿をつけているなら青色申告の方がメリットが多いでしょう~
ということで、敢えて白色申告のままであることの意味があるのでしょうか?という部分なのです。

これまで白色申告で帳簿を作成していたものの、青色申告にするのにどうしたらよいのかわからないといった理由で青色申告にしていない方もいるかもしれません。

はたまた、何の根拠もない「白色申告=ドンブリ勘定」都市伝説を信じている方もいるかもしれません。


これまで、白色申告だったが青色申告にするにはどうしたらよいのか?

今まで作成してきた帳簿で青色申告できるのか?

そんな疑問をお持ちの場合は、税務署に相談に行けばいいですし、
帳簿の作成も含めて費用的に安価に抑えようと思えば、お近くの商工会に協力してもらうという方法もあります。

そりゃあ、税理士としましてはお客さんになっていただけることが一番有難いのでしょうが、
何なら、税理士事務所に帳簿について相談することだって一つの方法かもしれません。
税理士事務所に相談したからといって、税理士事務所のお客さんにならなければいけないという訳ではありませんし、初回の相談は無料の事務所なら費用も掛かりませんからね~
ごめんなさい、ウチは面談になりますと有料ですが(汗)


折しも、今日は所得税の確定申告書の提出期限です。
昨年から事業を営んでいる場合で26年から青色申告で申告しようとお考えならば「青色申告承認申請書」の提出期限は今日です!

こんなこと言ってはアレですが、
青色申告承認申請書を提出したとして、いざ来年申告しようとする際に帳簿が青色申告の要件を満たすことが出来なかった場合は、白色申告で申告しても罰則はありません。
ただ、帳簿が無ければ、それ以前の問題ですが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談受付中です! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

今回の確定申告を振り返って


土日でブログの読者も少ないということで、ひっそりと今回の確定申告を総括してみようと思います。

今年は結果としましては順調に確申期を乗り切ることができたと思います。
ただ一点、年末に歯に激痛が走り、歯医者さんで診てもらうと親知らずが酷い虫歯だったので、
抜歯に始まり確申期の期間中ずっと歯医者さんに通い続けなければならなかったことが大誤算でしたが…(涙)
無事、先日治療も完了しました~

結果として全ての申告が終わってみると、前回(24年分)お手伝いさせていただきましたお客さんも無事100%リピートいただきましたし、新たなお客さんとの出会いもありました。


今回、順調に完了できたのはHP上で昨年末で受付を終了したことも大きな要因だと思っています。

慢性的に感じている受け入れ能力の限界から土壇場の馬鹿力でやり切ることへの不安を感じていましたので、今回は試験的に確定申告の受付終了時期を早めてみました。

実は…あまりにも早く(昨年末)受付終了した為、年明け以後、少々焦った部分もありまして…
HPのトップページの目立つところに確定申告受付終了とデカデカと記載しましたので、やはり年明け以降のオファーは例年と比較して減ったことは間違いありません。
受付終了しているのに新たなオファーというのも本当は変な話なのですが…

とはいっても、昨年末までに個人事業のお客さんと不動産の譲渡の案件をいただいていましたので、それだけでも十分過ぎる程でしたが…


無料メール相談の一時中断も効果はあったと思います。
これについては納税者の皆様には大変申し訳ない事ではありますが、どうしても優先順位はウチのお客さんが最優先ですので致し方と自身に言い聞かせております~

実際は、メールや電話による相談をちょこちょこいただいたのですが、例年に比べますとやはり告知の効果があった事は間違いありません。


そんな訳で次回への課題なのですが、もう少し受付期間を延ばしてもいいかもと思っています。
今回の確申期で商工会への派遣税理士の任期が無事満了しましたので、来年はいっても若干の余裕感はあるかもしれませんので…?

最終的にどうするかは、確申期までの法人や個人事業の関与先さんの増減の具合次第ですが。
理想を言えば、関与先さんが増えた結果、今回同様、年末で受付終了というのが理想であることは間違いありませんけどね…


何はともあれ、確定申告が終了した同業の税理士の皆様、お疲れ様でした~
まだ終わっていない税理士さんは、本当にもう少しですので頑張ってください!


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

任務完了~


昨日をもちまして3年間の商工会の派遣税理士の任務が完了しました!
小原商工会の皆様、会員の納税者の皆様、お世話になりました。

私の所属する支部では、希望者優先で派遣税理士を募ります。
私、特に希望を出していた訳ではありませんが、割り振りを決める担当の税理士さんに見事に一本釣りされてしまった結果、今回の派遣税理士の任に就くことになりました。

派遣税理士といいましても、
元々、その商工会に縁があった訳ではありませんので、就任一年目というのは相当の数の納税者さんの申告を真っ白な状態でみる訳ですので、過去の申告書を参考に格闘することになります。

そんな訳ですので、1年目の確定申告は大変です。
過去の間違えを発見してしまい、ほとんど初対面の納税者さんと話をして修正申告をしたということもありました(汗)
完全な納税者さんの勘違いで私に怒鳴り込んできた納税者さんの息子さんもいましたね~
話しをして先方の勘違いであったことは判明しましたが、謝罪はありませんでした…
(私それ程、気長ではないのですが)

1年目を乗り切り、2年目、3年目と慣れてきた頃に任期満了。
私の所属する支部では、3年の任期の延長はありませんし、一度派遣された商工会を再度担当することはありません。

商工会の担当さんから、延長、全然OKですよ~と言われたものの、支部規約なのか、慣習なのかは分かりませんが出来ないのですね。
ホント冗談でも、有難いお言葉です。


ところで、偶然なのか、意図的なのか、私の任期終了と共に商工会が引越するそうです。

実は、商工会への派遣は2件目なのですが、前回担当した商工会でも私の任期満了と共に引越。
私の後任の税理士さんは、新しい綺麗な建屋で派遣税理士の仕事。
ん~何とも複雑な気持ち…


まぁ色々ありましたが、いい経験だったと思います。

次の商工会ですか~
もう勘弁してもらいます。
所属する支部にはたくさん税理士がいますから、希望する税理士さんや若手の税理士さんに任せます~(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

物欲が減退してきているようです


確申期が終わるとようやく束の間(ほんのちょっぴり)の休息となりますが、
一段落しますと決まって、何やら衝動のようなものが湧きあがってきたりしていました(過去形)

いえ、別に大した事はないのですが、ちょっとした自分へのご褒美です。

一昨年は前々から欲しかった4万円程度のブーツを購入~(これはホントにご褒美~)

昨年は初スマホを購入~(ご褒美?仕事道具?ビミョ~)


どうもですね~
歳を重ねると物欲が無くなってくるようでして…(汗)
今、特に欲しい物ってありません~
物よりも欲しいのは時間ですね~、ないものねだりですが…

仕事はというと、有難いことに年々忙しくなるので趣味を謳歌する時間も無ければ、気力もなくなり…

このまま年を重ねて税理士を引退したら、私どうなっちゃうんでしょうね~
配偶者殿にとっては何ともアレな連れ合いになってしまいそうでちょっと怖い…

だからといって仕事=趣味なんてとても言える性格でもありませんので、生涯現役なんて考えるだけでもゾッとする~


そんな訳で、強いて言えば、
南の島でのんびりバカンスなんていいですね~♪

もう3月というのにめっぽう寒いので未だにスーツは冬物。
余計に暖かい南国に憧れちゃいます(笑)


あっ、今日は商工会の派遣税理士の仕事で一日事務所を留守にします。
3年任期の最後の年、今日で本当に最後です。
事務所の確定申告は完全終了しましたが、25年分の確定申告が完全に終わるのは今日ということになります。
もうひとガンバリしてきます~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

無料相談で必要とされる税理士のスキル


税理士である以上、税務支援事業である無料相談への従事が必要になりますが、
無料相談会って、医療費控除や年金、2箇所給料といった一般的に簡易な申告のみ受付することになっているものの、その場で即座に判断する必要があります。
税理士とはいっても全てに精通している訳ではなく、普段は気づかない思わぬ知識の穴に遭遇してしまうこともあります。
そんな時は結構焦りますが、その分知識の棚卸が出来たりすることが無料相談の勉強になるところだったりします。

そんな訳ですので、
無料相談に対応できなくなったら、税理士を引退する時期を考えないといけないのかなぁなんて思ったりもします。

加えて、最近はパソコンを人並みに使える能力が必要になってきているようですね。

以前、ブログで書かせていただいたのですが、
今回の無料相談会でe-Taxの初期設定から送信までを担当しました。
当日無料相談に従事した税理士は合計6名で内3名がe-Taxの担当でした。

e-Tax担当と一口に言っても、もちろん所得区分や金額、所得控除もパソコンに直接入力しながら判定し、計算していく訳です。

で、振り返って思うのですが、
今後も無料相談会場でe-Taxで申告することは増えることはあっても、減ることはないと思います。

ということは…
無料相談に従事する税理士は、税法が分かるだけではダメでパソコンを操作してe-Taxを完結することが出来るスキルを要求されるということです。


普段の実務においては、税理士の仕事はパソコンは必要不可欠な商売道具であることは言うまでもありませんが、税務支援という場においてもパソコンのスキルが要求されるようになる。


そうなると、e-Taxソフトを使うことが出来ない税理士さんってどうするんでしょうね~

いえ、高齢だからという理由だけではありません。スタッフを大勢抱え、経理処理や決算申告書の作成をスタッフに任せきりにしている事務所の税理士さんだって…

そういった場合は無料相談への従事を免除されるのでしょうか?
その結果、若手の税理士をはじめとした一定の層に集中することになるかもしれません。


そんなことを感じた今回の確申期の無料相談会でした。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

その節税、本当にいいのですか?


突然ですが、生命保険は手許資金で賄う事の出来ないリスクに対する備えだと思っています。

が、
生命保険については節税効果もある訳でして、そういった動機で加入される方もいらっしゃいます。
もちろん、それ自体を否定するつもりはありません。

ただ、節税商品としての生命保険については、逓増保険やガン保険について一定の制限が加えられてきたという経緯もあります。
で、そこで終わりかといいますと色々な商品を保険会社は考える訳です。


一年半くらい前の事でしょうか?
保険契約者の切り替えにより節税となる生命保険の話がありまして…

この商品は、ある時期まで解約返戻金がほとんどないのですが、ある時期から急激に解約返戻金が増加します。
保険商品の括りとしては「医療保険」
要は、解約金が増加する直前のタイミングで保険契約者を法人→個人に変更するというスキームを生命保険会社が提案してきました。

ちなみに、本当かどうかわかりませんが保険会社曰く、どこぞの税理士さんに問題ない事を確認済みとのことなのですが…

きっと、譲渡対価の部分(解約返戻金で評価)のことを言っているのでしょうが、そもそも名義変更することの合理性はどうなんでしょう?
例の【伝家の宝刀】に思いを馳せる事はなかったのでしょうか?

そんな事をお伝えしたのですが、そういった指摘は他の税理士からは無いとのことです(汗)

そりゃあ否認された案件なんてないでしょう~、その商品は発売されてから間もないので、解約金が増加するスキーム発動時期に来ていませんから、
それまでは何の指摘もある訳ない。

ところでこのスキームを使った後、税務署から指摘を受けたら生命保険会社の担当さんはどうするのでしょうか?
損害賠償請求?
あっ、その時にはその担当さんはとっくに保険会社に在籍していないかも…


好き嫌いで仕事を選んではアレかもしれませんが、どうにも好きになれない手法ってあることも事実です。
個人的には自販機スキームも好きではありませんでした。

好きでないと感じる手法って、どこかに落とし込めない部分が残る訳で…、やっぱり自販機スキームは制限がかかりました。
個人的には、この生命保険商品もそうなる気がしてならないとビビビっと感じた訳です。


決算の時期ってそういった節税に関する相談が多くなります。
目先の税負担の軽減にとかく目が行きがちですが、基本的に節税ってお金がかかる場合が多い訳でして、節税にかかったお金>税金の減少となるものです。

ましてや日々変わる税法において、奇をてらった、法律の隙間を突いたような節税方法に対してはいずれ制限がかかるかもしれないということを認識しておく必要があります。

結局のところ、事業を継続していくには利益を確保して納税するしかないのです。
もちろん納税を好き好んでする経営者さんはいません。
しかし、税金をあくまでも事業を続けるためのコストとして認識される経営者さんの方が節税に励む経営者さんよりも事業が順調なのは何ら特別な事ではないんですね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール相談を再開します~


12月より中断していたメールによる無料相談を再開したいと思います。

ということは…、

そうです!確定申告、終~了です(笑)

いえ、完全終了ではありませんが、申告書の作成は完了しましたので税額のご連絡をして申告書を送るだけです。
ちなみに、返却書類の整理は並行して行っていますので本当に申告書を送れば完了です。


今回、11月いっぱいで一旦メール相談は中断させていただいておりましたが、
HPやブログでその旨を謳っていたものの、チラホラご相談はありました。

いくら中断中と謳っていても、無視する訳にはいきませんし、中断中と返信するのもアレですので回答はしていたというのが本当のところです。

でも、量的にはかなり減っていましたので一定の効果はあったんじゃあないかと思っています。


別に、無料のメール相談を行っても直接収入を得られるわけではありませんし、
無料の相談から有料相談や関与先さんになっていただける確率は低いと思っていますが、細々と続けていこうとは思っています。

その代わりといっては何ですが、ウチは面談はたとえ初回であろうが有料ですからね。

ちなみに明日、明後日と面談~
いえ、もちろん25年分の確定申告案件ではありませんよ(笑)


今回の確定申告の総括はまた後日として、
今日はちょいとした告知でした。

下記のメッセージも今日から変更です!

  
↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を再開しました! ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

「指導」


昨日は一日、派遣税理士の仕事でした~
あと一日で派遣税理士の任期三年もめでたく終了です。

あ~疲れたッ

ところで、
これ、もしかしたら私だけの感覚なのかもしれませんが、

私、「指導」って言い回しはあまり好きではありません~
独立開業してから一度も使ったこともありませんし、勿論勤務時代も使ったことはありません。
といっても、少なくとも勤務時代は指導なんてことを口にできるはずもない若造でしたからね~

「指導」とは、教え・導くことという意味ですので、
経理や会計ソフトの使い方を指導するって間違った使い方ではありません。

なんか上手く言えませんが、
私としましては指導というよりも、お客さんと一緒になってアレコレ試行錯誤しながらより良い方法を考えていくといった感じで仕事をさせていただいております。
私自身が完璧に教え・導くレベルではないと感じている部分があったり、もっと良い方法ってきっとあると思っていたりする訳でして…

そうそう、税理士ってお客さんから「先生」って呼ばれることも多いのですが、
若かれし頃はやっぱり抵抗感がありましたので、苗字で呼んでくださいとお願いしたことも…
ほとんどのお客さんは変えてくれませんので諦めました。

でも、いまだに「先生」ではなくて「センセイ」と呼ばれたいとは思っています。
何が違うって、私の中では「センセイ」の方が距離感が近いという勝手な思い込み。

今日は何とも掴みどころのない話でしたッ

ん~、大分疲れが溜まってきているのかなぁ~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時休止中です。再開は3月中旬予定です。 ★★
新規開業、法人設立のご相談やお問合せは受け付けております。
ご相談、お問合せは伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

誰かに見られているのでしょうか


昨日の夜、電子申告で申告書を提出し、ラスト一件!

いや~ようやくここまで来ました(涙)

しかし、最後の一件の関与先さんは、年一のお客さんの中でもピカ一のボリューム~

そんなラスボスも今日の夕方から打合せ&資料のお預かりですので、
もうひと踏ん張りガンバリマス。

そうそう、中断していた無料メール相談ですが、来週からまた再開しようかと思っていますので
もう少しお待ちください。

ラスボスを攻略しましたら再開します~


ところで、そんなウチの事務所の状況を知ってか知らずか新規のオファーが先週末に1件+昨日2件。

確申期中も新規開業案件については継続的にオファー大歓迎の告知をさせていただいていましたが無反応で、実はちょっと焦っていたり…
今回の確定申告は早々に募集打ち切りしましたので、その影響もあるのかと…

なので、ほぼ申告に区切りのついた頃に計ったようにアポをいただけたのがちょっと不思議&無でを撫で下ろしたり~

よく決算後は税理士を変わる時期なんて言われますが、今回頂いた3件オファーは全て新規創業案件。ということは税理士事務所未経験

ウチの事務所は税理士事務所を移ってきた関与先さんは片手に納まる数でほとんどが税理士=ウチしか知らない経営者さんばかりです。
それが幸せなのか不幸なのかはよく分かりませんが…


この3件、ウチがお手伝いをさせていただけるかどうかは分かりませんが、
触れ合う袖も何かのご縁、とにかく一度お会いしてから考えましょう~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時休止中です。再開は3月中旬予定です。 ★★
新規開業、法人設立のご相談やお問合せは受け付けております。
ご相談、お問合せは伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ