子供のイベントにどこまで参加するか


豊田市の税理士 いとうです。

今日で5月の業務終了です。
あと1日あるのですが、明日は娘の運動会に出掛けますので仕事はオフとなります。

娘は6年生ですので小学校最後の運動会でもあり、親の出番もありますのでなんとか都合をつけて出掛けようと思っています。

一応、娘からは親子競技のオファーもありますし…

が、明日も暑そうですね~

ちなみに先週の土曜日の中学生の息子の体育祭は、午後から関与先さんへ訪問でした。
まぁ中学生ですので親の出番がある訳でもないので許してもらえたでしょうが…

でも、応援合戦で息子のクラスは、男女制服を入れ替えた衣装だったそうです。
息子のセーラー服姿、ちょっと見たかったなぁ~(笑)


ところで、
私、授業参観に顔を出す訳でもなければ、中学校の入学式はおろか小学校の卒業式すらも出席していません~
さすがに小学校の入学式は出席しましたが…

私くらいの年代って遠~い記憶ではありますが、父親って入学式とか卒業式に出席しない事がほとんどだったと思います。

ところが、
今って授業参観(平日の)や中学校の入学式や卒業式も男親で出席される方もそれなりにいらっしゃるそうです。

そんな訳で、配偶者殿からはチクリと言われてしまったり…


で、子供達はといいますと、案外ど~でもいいようです。
本音はどうか分かりませんが…

もしかしたら、既に見捨てられているのかもしれませんね(汗)

そういった意味では、明日は父親の威厳を取り戻す格好の場かもしれませんので、運動不足の体にムチ打って頑張ってきます~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

乗合代理店のお誘い


豊田市の税理士 いとうです。


税理士業を営む傍ら保険代理店も兼業している方っていらっしゃいます。
一応、私もその一人。かなり不良代理店ですが(汗)

生命保険という商品については、資金的に賄うことが出来ない経済リスクに対する保障と考えております。
法人における節税商品としての側面があることを否定はしませんが…


通常は、保険代理店は募集人登録した保険会社の商品のみを扱うことになるのですが、
乗合代理店という制度があり、登録することで複数の生命保険会社の商品を扱うことが出来ます。

複数の生命保険会社の商品を扱うことができることのメリットは、お客さんにより良い商品を選択できること~

しかし、自分自身にフィーを求めなければ、自分自身が扱うことが出来ない保険会社の商品を紹介することが出来ない訳でもありません。
もちろん、相当商品に関する勉強、情報収集は必要でしょうが…


時々、乗合代理店のお誘いをいただくことがあるのですが…
代理店に登録するということは即ちノルマというものが課せられてしまいます(汗)

私、代理店としてのノルマ達成のためにドキドキしたくはありませんし、そもそも保険のフィーで生計を立てている訳ではありません~
あくまでもメインは税理士…
関与先さんのリスクヘッジに対する一つの選択肢としての保険代理店という位置付けと考えています。

そんな訳ですので、
乗合代理店のお誘いは丁重にお断りさせていただいております。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

溢れる情報の取捨選択


豊田市の税理士 いとうです。

ウチにメール相談や面談による相談をいただく方って、ほぼ間違いなくインターネットで相談事に関する下調べをされています。
ウチにご相談いただくという時点で既にインターネット経由なので当たり前と言えばその通りな訳ですが…

で、インターネットで得ることが出来る知識の精度といいますと、正直なところ全幅の信頼を寄せてしまうことは危険だと思っています。

そもそも誤った情報もありますし、
仮に正しい情報であったとしてもインターネットという性質上、物事の氷山の一角であったり、基本的な事や入口の部分しか書くことが出来ません。
書かれている情報を信じた結果、税務上の不利益を被ったとしても書き手にその責任を追及することは出来ないでしょう。
きっと、免責事項がどこかに記載されていると思いますし…


では、実際にご相談を受ける立場から言って、ご相談者さんが情報を持っているということがどうなのかといいますと、個人的には良いことだと思っています。

少なくとも一から十まで説明する必要はありませんからね。
誤った解釈や不足している部分を伝えていく必要はありますが、一から説明するよりは話がスムーズに進むと思います。

一方で、ご自身の都合の良い部分だけをピックアップしてひたすら主張されるということも時々…(汗)
お気持ちが分からぬ訳ではありませんが、いくら税理士を説得してもひっくり返らないことは往々にしてあります。

はたまた最近はありませんが、ひと頃は他所の事務所の料金が云々といった事も…
他所の事務所の料金が希望なら、その事務所に依頼すれば済む話をなぜウチに求めるのかはよく分かりませんが(笑)


いずれにしろ、仕事でも私生活においてもインターネットというものは非常に便利なものではありますが、
結局のところ、インターネットという媒体によって情報を入手することは容易になった反面、
情報の信憑性を判断し、有益な情報を取捨選択する能力がますます要求されるということなのでしょうね。

そう考えますと、メール相談や面談による相談の位置付けというものは、
全くよく分からないという方に対するサービスでもあり、情報を整理するためのサービスという側面もあるかもしれません。

特に面談によるご相談の場合は、それ以上の付加価値を提供できるように心掛けていますけどね~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

領収書を捨ててしまった…


豊田市の税理士 いとうです。


ちょっと時期外れなネタですが、医療費控除について書いてみたいと思います。
というのか、どうもやっちゃったようです(汗)


そもそも医療費控除の適用を受けるには、領収書等の医療費などの支出を証明する書類の添付又は保管が必要となります。


私、以前ブログにも書いたのですが、確申期の真っ只年明け早々に激痛に襲われ、親知らずの虫歯の治療に歯医者さんに通いました。
実は親知らずの隣の歯も虫歯に浸食されていましたので確申期の終了となる3月中旬まで歯医者さん通いをする羽目になってしまいました。

が、いくら何でも家族全体で年間10万円を超える治療費にはなるはずもないと思い込み…
(ちなみに子供達は医療費は健康保険の適用内の治療については無償となっています)

私の歯の治療の領収書は即ゴミ箱へ~


ところが、
息子が学校の歯の検診で引っかかりまして、行きつけの歯医者さんで診てもらったところ、
奥歯が内側に向かって生えていることが発覚し、歯列矯正をした方が良いという指摘を受けてしまいました。

それ程大がかりなものでもないのですが、自由診療扱いで費用は約10万円也~

いえ、スポーツをやる人間にとって奥歯というのは非常に重要ですのでもちろん治療してもらうことに異存はありません。

が、私の治療費の領収書は遠の昔にゴミ箱&焼却処分済み…

確か2万円位かかった記憶が…

うお~医療費控除適用できるではありませんか~(汗)


今度、歯医者さんに検診に行った時に領収書再発行してくれないか聞いてみよ~
でも、お医者さんって領収書の再発行ってしてくれないことが多いんですよね…ダメ元でチャレンジしてみます!

まぁ、領収書を廃棄してしまった私が悪い…というより税理士たるもの領収書を捨ててしまったとは何ともバツの悪い話です(滝汗)

何があるか分かりませんので領収書は保管しておきましょう~


 へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

士業も色々


豊田市の税理士 伊藤です。

昨日も暑かったですね~、午前中の関与先さんとの打合せを行い、午後から配偶者殿の付き添いで土岐アウトレットに出掛けてきました。
結構、混んでいました~


ところで、最近はといいますと、士業とは言えどもサービス業という意識を持って仕事をしている方が多いと思います。
特に若い士業さんはその傾向が顕著だと思います。

士業という位ですので専門分野がある訳でして、一般の方々にとっては難しいと感じる部分の仕事をお引き受けする訳です。
だからなのかもしれませんが、料金がイマイチ不透明だったりすることもあったりするものの、最近はインターネットである程度の料金を知ることも出来るようになりました。

士業と一口に言いましても色々な専門家がいる訳で、同じ分野の専門家であっても仕事の進め方やお客さんへの姿勢といったものははっきり言いまして千差万別です。

お客さんが沢山いる士業さんなんかですと自社ビルを持っていたりします~

いや~、ホント凄いですね、私にゃあ夢のまた夢~(笑)

自社ビルを持っているということは結果から見ますと成功しているんでしょうね。
お客さんから支持されなければムリですので…


と、いうのがフツ~の考えなのですが、とある方からご相談を受けまして、
税理士ではないのですが、顧問士業さんから助成金の申請にあたり申請用紙を1枚渡されて全部書いたら持ってきてくださいとの支持があったそうです。
書き方も詳しい説明も前段階での打合せも何にもありません。

経営者さんが試行錯誤しながらもなんとか書き上げて顧問士業さんに見てもらったところ、これでは申請できないとのつれないお言葉。

ところが所轄官庁に確認するとOK

その旨を伝えたところ物凄い勢いで怒られてしまったそうです。

それで成功報酬10%ですからね~

そりゃあ自社ビルも建つでしょう~
あっ、でもそんな仕事じゃあお客さんって減るばかりでは?

ん~一体どんなカラクリがあるのでしょうか?
まぁ、私が心配することでもありませんが…
ホントに色々な士業さんがいらっしゃいますね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

現物確認は欠かせません

豊田市の税理士 伊藤です。

ブログの更新、約一週間ぶりです。
昨日までにある程度の仕事を仕上げておく必要があり馬車馬のように仕事をしていましたので、またしてもブログ更新が滞ってしまいました…。

というのも、
昨日、新たに開所される関与先さんに伺ってきたのですが…

新しい建屋というものはいいですね~
ウチの事務所から有料道路を使って車で1時間強かかりますので、建築途中にふらっと立ち寄るわけにもいかず、昨日初めて訪問させていただきました。
ウチの最南端の関与先さんです~
これから毎月伺うことになります。

5月の初めに建屋の完了検査も終わりましたので、お祝いの胡蝶蘭を携えて現地確認に…

顧問税理士としましては、請求書(内訳)や見積書、図面を確認しながら固定資産の確認をしたうえで資産の区分をしなければなりません。

税理士って書類を確認して仕事をする訳ですが、どうしても現物の確認って必要になります。
相続における土地の現況確認もそうですが、事業経営においてもやはり現物の確認は必要ですし、個人的には事業の状況って数字で把握するだけでなく、現場を実際に見ておくことが有益だと思っています。
現場に伺えば、従業員さんの様子や社内の雰囲気も分かりますしね。

で、現地確認も終わり書類をお預かりしてきたのですが、
予想はしていたものの今回はちょっとボリュームハンパない(汗)
図面を片手に経営者さんに色々確認しながら、写真を撮りつつ…

事務所に帰って数えてみますと撮った写真は約70枚(滝汗)

お預かりしました工事に関する資料はご覧の通り(泣)
ファイル
このファイルは建屋や外構等の工事に係るものだけですので、まだその他に機械や備品等もあります~

実は、財産目録を急いで作成しなければなりません。
そう、これがGW明けからのラストミッション~
何とも汗のかき甲斐があるというのか、気が遠くなるというのか…
弱音を吐いても仕方ないのでやるっきゃないです!


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

太陽光発電にかかる法人事業税


豊田市の税理士 伊藤です。

ようやく過ごしやすいというのか時には暑いとさえ感じる季節になりましたが、エルニーニョ現象で冷夏の可能性もあるようですね。

ところで、
愛知県というのは意外にも全国的にみて日照時間が長いからなのか、はたまた持ち家率が高いからなのか太陽光発電設備の設置件数が全国1、2のようです。

太陽光発電といいますと当然天気に左右されますので真夏が最も発電量が多いと思ってしまうのですが、実はそこそこ天気が良い日が多く、暑過ぎない5月というのは発電量が多い月だったりします。
真夏は暑過ぎて発電効率が若干落ちるようですね。

そんな太陽光発電の盛んな愛知県だからなのでしょうか、
太陽光発電に関する案件ってウチのような零細事務所でもそれなりの経験をさせていただいております。

ところで、
太陽光発電設備についていただくお話って、とかく即時償却ばかりに目が行きがちですが償却資産税の軽減措置も設けられています。

ここまで知っていたのですが、
法人事業税については見落としていたことが…(実害は未だありませんが)

太陽光発電を行う事業は電気供給業に該当することになります。
なので法人事業税の計算においては所得割ではなく、太陽光発電の収入金額を課税標準として収入割を計算する必要があります。

ただ、太陽光発電に係る収入金額が事業全体の売上金額の1割程度以下であれば、主たる事業に含めて所得割を基準として計算しても差し支えないようですので、余程の規模でない限りは収入割で計算する必要はないと思われます。


と、どうも地方税というのは手薄になりがちな訳でして…ちょっと反省
いえ、税理士試験の科目に住民税・事業税ってありますが(ちなみに私は受験科目として選択しませんでした)、ついつい見落としてしまいそうになることが多い気がします(汗)

うっかりミスって訳にもいきませんので慎重に仕事をしつつも、お勉強を疎かにしてはいけませんね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 太陽光発電は奥深い
・ 最初から正しく申告するに越したことはない

4月分の消費税チェックはやっぱり大変


豊田市の税理士 伊藤です。

GW明けからイレギュラーな案件で追い詰められていますが、どうにかこうにか目途が付きつつあります。
ちなみに3月決算は終了しました~
ホントにお恥ずかしい話ですが、先週末からブログの更新が出来ませんでしたがボツボツ更新していこうと思っていますので宜しくお願い致します~

あっ、ブログの更新が一週間程滞っていたにも拘らず、ポチッと応援していただいた方に先ずは感謝しておかないといけないですね。
応援、本当に有難うございます。
おかげさまで圏外に吹っ飛んでしまうことなく踏みとどまっています。


さて、臨時&特急案件に翻弄されつつも関与先さんの月次の訪問は粛々と続ける必要がありますので、
5月になって4月分の確認に関与先さんに伺っているのですが、消費税率が変わるということは予想通り(?)大変です。

会計ソフトが良くできているからと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、日付で5%と8%を自動判定くれます。
なので水道光熱費等の経過措置の対象となるものやリース料といった仕訳についても4月以降の分については有無を言わさず8%を割り当ててしまいます。

まぁ、それは良しとして、結構手間なのが売上代金の振込入金時に手数料が引かれているケース。

平成26年3月末までに販売した商品について平成26年4月以降に値引、貸倒等があった場合は商品を販売した時点の消費税率が適用されますので、旧税率の5%で計算する必要があります。

この場合、「売上値引」とするか、「支払手数料」とするか?

「売上値引」ならば旧税率の5%となりますし、「支払手数料」ならば新税率の8%になります。

もし、消費税の計算方法として簡易課税を選択している場合は、「売上値引」として処理する方が消費税の負担は減少することになりますので、「売上値引」として処理していることでしょう。


しかし…
平成26年4月以降の振込手数料って8%…
500円の場合は525円ではなくて540円です。

540円を旧税率で割り戻しすると本体価格は514円又は515円になります。

なんかしっくりいかないモヤモヤしたものが…


繰り返しますが、会計ソフトって日付で自動判定して5%と8%を割り振ってしまいます。

掛代金の振込入金が多い関与先さんの場合は…(汗)

4月以降に入金された分の売上値引は全て8%が割り振られてしまいますので、いつの売上の分かを確認して税率をチェックしていかなければならないということになります。

ええ、確かに年間を通じてみても大した金額ではないかもしれませんので、「支払手数料」で経費処理してしまうことも一つの方法かもしれません。
しかし、たとえ1円でも多く税金を負担してしまうような処理はしてはならないと思っていますのでキッチリ「売上値引」として処理していこうと思っている次第でございます。

こんなこと1年半後にまたやるの~
軽減税率が導入されたらどうするの~

一年半後の話ですので、今気にしてもしょうがないのですが何とも気が重い話です(泣)

↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ バタバタに拍車がかかっています
・ 消費税改正のインパクト

奔走どころか爆走中~


全くブログを書く時間が無い~(汗)
コメントもようやく返信できました(遅くなって申し訳ありません)
もちろんコメントを書く時間もない…


今回、GWの後半に4日間完全連休を取りました。
連休明けの7日はそうでもなかったのですが、8日からまるで4日間も休んだ報いのように怒涛のラッシュが…

休み明けの鈍った心身にはちょうどいいってレベルではない気がします。

決して3月決算法人の申告で目一杯って事ではありません。
もともと分かっていたことですので準備万端です。

そういった類いの事ではなくて、難題&特急案件がこれでもかっていう位に次々と…(滝汗)
中にはどうすっころんでも不可能な依頼も…

私、基本的に時間がどうこうという理由で無理って言わないのですが、流石にそれは出来るととても言えませんでした。
でも、きっとやらなければならないのでしょうね(号泣)


そんなこんなでパンク寸前というより完全崩壊~
輪をかけるようにこんな時に限って頭痛続き…

何か自分自身のキャパの小ささや能力を改めて知ってガッカリしてます。

しかしですね~
ものは考えようでして、実際のところ相当充実してます。(し過ぎ?)
いえ、ウチの方針として追加料金は発生しないのでどれだけ忙しかろうが金銭面で潤うことはありませんが…

もしかしたら…
打たれることで喜びを感じてしまうMの性が完全に覚醒されてしまったのかもしれません(笑)


ただ、ちょっと落ち着くまではブログの更新頻度が減ってしまうと思います。

頑張って仕事を終わらせてまた書きますので忘れないでくださいね~


へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

マニュアル通りの仕事


GWも終わり今日から仕事です。
後半の4連休は完全に仕事から離れており、ブログの更新からも遠ざかっていました。

今日から仕事と共にブログも書いていこうと思っていますのでごひいきに~


ところでGW中に市役所から「住民税の特別徴収」の通知書が届いたのですが、
なんでそんなものを送るのか???

いえ、確かに従業員がいて給与を支払っている場合は26年度から例外なく特別徴収義務者に指定する旨の告知はありました。

ちなみにウチ、25年度から特別徴収をしていますので改めてこんな通知書を送る必要はないと思うんです。
それに、「給与支払報告書」にちゃんと特別徴収義務者番号を記載し、「総括表」にも特別徴収の欄にチェックもしてあります。

こういうのを無駄っていうのではないかと思うんです。

要は給与を支払っている事業所に対して画一的にこの書類を送っているのでしょうが、
それをするなら総括表の特別徴収欄なんてどうでもいいのではないかと…

きめ細やかな仕事を私が期待し過ぎなのかもしれません。


まぁ、それはさておき、
通知書には、正社員・パート・アルバイトを問わず4月1日現在において引き続き給与の支払いを受けている全ての従業員が対象と記載されています。

実は、とある関与先さんの25年分でパートさんの親御さんが直接市役所に了解を得て普通徴収にしてもらったということがありました。
市役所が根拠のない例外を認めてしまったので会社もいらぬ手間を強いられてしまった訳ですが、
特別徴収義務者に指定するのはいいですが、そのあたりの例外の取扱を含め、市役所の窓口できちんとした対応をお願いしたいものです。

きめ細やかな対応が出来ないならば、せめてその場でコロコロ対応を変えるようなことはやめてほしいです(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 住民税特別徴収という制度について思う
・ 住民税特別徴収の取り組み
・ 地方の切迫感すら感じられます
・ 嬉しくない大当たり~

ホントに邪魔なメール


ようやくお休み前までに仕上げなければならない仕事が終わりましたので、お休み前の本日4本目の記事を書こうと思います。
一日に4本はさすがに新記録達成です~、中身は超薄いですが…(汗)


HPのアドレスからなのか?ブログのアドレスからなのか?よく分かりませんが、
ビジネスローンの会社から融資のメールがここのところずっと届きます。

しかもなぜか必ず二通…同時刻で。

全く身に覚えがありませんので完全無視しているのですが、
今日はなぜか、「ご融資審査完了案内」となっています。

私、審査の申し込みなんてしていませんが…
IEのアレのせいって事もないでしょうし…

そのメールによりますと6,980,000円借りることが出来るって書いてあります。

これを多いとみるのか、少ないとみるのかっていうこともですが、
なんでその金額なの~
なんでキリ良く7,000,000円じゃないの~
ってそこについつい喰い付いてしまいました(汗)

正直何って、ネット上に電話番号やアドレスを公開しますとこういったことが本当に面倒です。

まぁ、向こうさんも商売ですからね~、しょうがないのでしょうが本当に邪魔です。

税理士紹介会社、取材会社、投資話etcも然り。

未だウチの場合は、03とか06から始まるデンワ番号は新規のお客さん予備軍ではないことはほぼ間違いないので少しはマシなのでしょうが…

東京近辺や大阪あたりの税理士さんは大変ではないかと、いらぬ心配をついついしてしまいます(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 03…から始まるデンワ
・ 税理士紹介会社に強力なライバル出現の予感
・ 1、2分が30分のロスになることもある

また一つ任務完了~

今日は3本目の記事です~
明日から休むべく休み期間中の記事を書き貯めって…そういう問題でもないのでしょうが…(汗)
今日中にもう一本書く予定です~


税理士会支部から仰せつかっているお役目がもうすぐ終わります。

3年前からシルバー人材センターの監事を仰せつかっているのですが、
就任にあたっては、前監事さんから見事に一本釣りされてしまいまして…

任期は2年という前情報にも拘らず、フタを開けてみますと3年でした~(汗)
就任1年目に公益法人への移行という大イベントがあり、移行後の任期と合わせて3年ということです。

その任期も今回の定時総会でどうにかこうにか任務全うと相成ります。


就任当時は、シルバー人材センターとの関わりはほぼ無く、
あるとすれば確申期にシルバ―人材センターからの収入のある方の申告をお手伝いする位でしたからね~

で、いざ監事に就任してみると、さすがに大きな組織です。
理事会もキッチリ開催され、進行も書類をキッチリ作成されます(当たり前のことですが…)

監事といっても組織運営の一端を覗いた程度ですが、色々思うところ、勉強になるところがあり、
今後の仕事に役立つ部分もあったと思います。


今日、最後の理事会に出席して残るは6月の定時総会のみ。
それが終わると税理士会の会務として仰せつかっている役目は一旦完全にゼロになります。

これで少しは追われまくっている自身の仕事に余裕が出来るでしょうか~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 5月最後のヤマ場~総会への出席~
・ 任務完了~

ウワサのソースをいただきました

噂(とうに昔の話?)のソースをいただきました。

ヨシダソースです。
ヨシダソース

コストコで売っているようですが、ネットで通販も出来るようです。

このソースですが3種類あるようでしてオリジナル(上の写真)、スパーシー、BBQ

コストコって全国に19店舗あるようですが、関東地区に11店舗あるものの中部地区には中部国際空港のすぐそばの1店舗のみです。
会員にならないと入れませんし、何といっても高速道路で片道1時間少々かかりますので行ったことはありません。


さて、突然ですが、明日から6日まで事務所はお休みとさせていただきます。

あくまでも予定では…
明日の午前中はもしかしたら仕事かもしれませんが(汗)

ちょうどGWですので、BBQでもして使ってみようかと思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 常滑が熱すぎる~
・ お金の使い方
・ 夏のジャンケン大会開催

地方でも変わりつつあるかもしれません


私の住んでいる豊田市は世界的規模の自動車メーカーの本社があります。
企業城下町ではあるものの、言ってしまえば片田舎です。
活気はあるでしょうが、どこかノンビリしたところがあるところが実は気に入っていたりします。私は結構せっかちですが…

地方というのはまだまだ義理人情に厚い部分が多く残っていまして、これ自体はいいことだと思っていますが、
ことビジネスという面では難しい部分があることも事実。

特に後発組にとっては… えぇ税理士だって。


言っておきますが、私、基本的にはコロコロ税理士を替えることは賛成しません。
でも、顧問税理士(事務所)としての仕事ぶりに疑問符が付き、求めるサービスを伝えても提供してくれないならば事業の将来を考えれば替える決断は必要だと思っています。
他所の税理士からの云々ではなく、あくまでも経営者さんの判断において。

ところがですね~
税理士って滅多な事では替えるものではないが故に、他所の税理士事務所と比較する場面が乏しいということもまた事実だったりします。
これに輪をかけて地方というのは幸か不幸か義理人情に厚い…

結果、地方においては言っても税理士事務所を替えるというケースは多いとは言えない。

これがこれまでの地方の税理士事務所を取り巻く環境といってもいいと思います。
なので後発組の税理士は都会を目指す~(かも?)


かなり前から言われていることではありますが、
帳簿を作成して、決算申告書を作成するだけでは税理士事務所の経営は右肩下がりといわれているものの、地方ではまだまだ義理人情のようなものが勝っていたような気がします。

が、最近事情が少しづつ変わりつつある気が…

決して義理人情が薄くなった訳ではありませんが、情報量が増えたこともあるでしょうし、事業環境がタイトになっていることもあるかもしれません。

これまでブラックボックス化されてきた税理士の業務が地方でもようやくオープンになりつつあるかも…
極々当たり前のことが検証されずにきてしまった関係が見直されつつあるような気配を感じています。


であれば、地方の後発組にも一筋の光が見えてくるかもしれません。
いえ、税理士同士でお客さんの争奪戦なんてすべきではありませんし、税理士を選ぶのはあくまでも納税者さんです。
が、地盤もコネもない若手の税理士は来たるべき時に納税者さんに選ばれるように地力を蓄えていきたいものです。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】
・ 縄張り争い
・ 平成生まれの税理士さん
・ 税理士を志す方が減っている
・ 税理士が寄れば…VOL2
・ 招き猫のご利益かも?

久しぶりに検索ワードを覗いてみました


久しぶりに月間検索ワードを覗いてみました。

確申期の2月、3月と比べますと訪問者の数は減っていますね~、しょうがないか…


★ 節税 おすすめブログ ★

お勧めしていただくことは有難いのですが、節税に関するアレコレは基本書いていません~
節税に関しては、関与先さんの状況を確認しつつ、個別にご提案させていただいております。


★ 税理士事務所 資格 邪魔 ★

税理士事務所に就職するにあたっての事かもしれませんね。
スタッフを雇っている小規模~中規模の事務所では、税理士資格を持っている=直ぐに独立=顧問先を持っていく
と思われることもあるようです。


★ 豊田 最大 税理士 事務所 ★

ん~、なぜこれでウチがヒットするかは不明です(汗)
最大→最小なら有り得ますが…(笑)


★ 86 65 21 ★

86万円は白色専従者控除、65万円は青色申告特別控除として、
21万円??? もしかして86万円-65万円ということでしょうか?


~追記~

4月はなぜか、「地方税(法人市県民税、事業税)の繰戻還付」といった検索が多かったようです。
欠損金の繰戻還付は、国税(法人税)の規定ですので地方税では繰戻還付でなく、欠損金の繰越控除で対応していくことになります。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

【 関連記事 】

・ 逃した魚は大きかったかもしれません
・ 11月の検索ワード
・ 検索ワード~国税出身の税理士~
・ この時期に多かった検索ワード