お客さんの自計化は税理士事務所にとっても有難いことです

豊田市の税理士いとうです。


最近、過去にどんな記事を書いたのか分からなくなってきておりまして、もしかしらた似たようなことを書いているかもしれませんが、ご勘弁ください。
過去の記事をグルーピングすることもろくにしていませんし、ネタ切れもありますし・・・
ある意味、思いのまま、好き放題書き綴っているブログですので(汗)

さて今日のネタです。

ウチだけに限らず、いまや税理士ならばお客さんが帳簿を作成するための会計ソフトの導入を勧めると思います。

ちょっとウチの状況を確認してみましたら、会計ソフトを導入している事業者さんの割合は40%強でした。
これが多いのか少ないのかは分かりませんが、
少なくともここ2、3年の間に新たに関与させていただくことになったお客さんの自計化割合は90%近いと思います。

税理士事務所が記帳代行という作業の増加に対応するにはスタッフを増加させなければなりません。
記帳入力業務はマンパワーによるところが大きいですからね。

ウチのような一人事務所がキャパシティの限界を感じつつもお客さんの増加にどうにかこうにか対応できている(?)のは、新規のお客さんの自計化率が高い事も大きな要因だと思います。

お客さんとしては税理士事務所に記帳代行料を支払わなくて良いですし、
そういった意味でも自計化というのは、納税者、税理士事務所共にWinWinだと思います~

誤解されてしまうといけませんが、決して自計化していない事業者さんに対応しないということではありません。
自計化が出来ない事情もあるでしょうし、今はムリでも将来的には…という方もいらっしゃるでしょうから。
要は、自計化を決意されたらウチは即対応させていただきますってことです。


ところで、会計ソフトは様々なメーカーの物がありますが、
使い勝手の違いは多少あれども基本性能はそれほど変わるとは思っていません。

従いまして、どこのソフトメーカーのものでも構わないと思うのでして、
メーカーよりもむしろ、如何にソフトを使いこなすかが重要であることは言うまでもありません。

折角ソフトを導入したのですから、記帳業務をラクにして、きちんと状況把握が出来るようにしたいものです。


事業者さんご自身で記帳から申告まで行う場合は、メーカーのサポートに聞いたり、ご自身で使い方や設定を勉強していくしかありません。

一方、税理士関与の場合は、税理士がサポートしていくことになるのですが、
いくら税理士事務所とはいえ、世の中の全ての会計ソフトを導入している訳ではなく、多くても数社の会計ソフトに対応できる程度です。
現実問題として、扱うソフトメーカーが増えるということは効率化や対費用効果の面でアレですので…


ウチはといいますと、数社どころか一社のみしか扱っていませんので、基本、ウチが関与する&自計化をご希望される場合は、選択の余地なく会計ソフトは決まってしまいます(汗)
市販されているソフトではないのでウチが関与しなくなったときはちょっと大変ですよ!って関与させていただく際にお伝えさせていただいておりますが…

過去に何度かブログにも書いたことがありますが、
新たにオファーをいただいた事業者さんで会計ソフトを導入している方の使っているメーカーって、ほぼあのメーカーです。

いえ、ウチのソフトはそのメーカーのデータをコンバージョンできますので対応可能と言えばその通りなのですが、
如何せん、使い方を熟知していませんのでお客さんからのソフトに関するアレコレに対する対応に難アリとなってしまいます(汗)

勿論、今まで通りウチの関与&自計化希望=ウチのソフトメーカーに変更してもらうというスタンスでもいいのでしょうが、
少なくともあのメーカーのソフト位は使い方をそれなりに勉強しておいても良いのではないかと思う今日この頃…

あぁ~、ソフト1本プレゼントしてくれないかなぁ~
ねぇ、弥生会計さん~

えっ、1本くらい家電量販店で仕入れて来いって…おっしゃる通りです(謝)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

豊田市在住のうっかり八兵衛


豊田市の税理士いとうです。

題名で何のことか分かる方は若者ではありませんね~
突然ですが、私、かなりせっかち&うっかり者です。

威張っていう事でもありませんが、
打合せに伺って筆記用具や電卓をお客さんの元に忘れてきたことは数知れず、
会社保管用の決算申告書をお届けするべく訪問したのに肝心の決算申告書を事務所に忘れるといった事も…
首に巻いて出掛けたマフラーをお客さんの所で外し、そのまま帰社なんてこともありました(汗)

はたまた、お客さんにお渡しすべく持参した書類(資料)をお渡しすることなく持ち帰ってきてしまったり、
以前購入した書籍をだダブって購入してしまったり…


ここ最近はといいますと、月次の打合せに必要な資料を忘れるといった末期症状が…

必要な書類といいましてもA4クリアファイル程度で、ノートPCを携えていますので何とかなるのですが、
お客さんの所に到着して、カバンを空けてビックリ&嫌~な汗。

更にはお預りする書類のチェックが甘く、不足書類を再度お願いする羽目になってしまうということもあったり…


いや~、改めて見ますとヒドイですね(滝汗)

せめてもの救いが、お客さんに実害を与えていない事。
流石に決算申告等は念には念を入れていますので、顕在化しているミスはありませんが…

そこは、私なりに他にチェックしてくれる人間のいない一人事務所のリスクを十分認識していますので。

ウチのような一人事務所には、八兵衛を助けてくれる助さんも角さんも水戸のご隠居さんもいませんからね~


忙しいという理由で中途半端な仕事をすることは絶対に出来ません。
私が忙しい事なんてお客さんには言ってしまえば関係ない事ですので…

忙しいという理由でまともな仕事が出来ないなら、お客さんを増やさなければいいだけの話です。

出来もしない約束をして期限に間に合わないとか、催促されるくらいなら自分の限界を素直に認めて最初からお断りするのも誠意だと思っています。

大体、中途半端な仕事の結果がお客さんを失うことになる事は目に見えてます。

忙しいことは大変有難い事ですが、忙しさを言い訳にせず、再度自分の仕事を見直す必要性を最近感じたりしています…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

招かざる客

豊田市の税理士いとうです。

最近、かなり真面目な記事を立て続けに書いています。
いえ、税理士が書くブログですので真面目なことを書いて何ら問題はないのですが、
私自身の納得感というのか~、マニアックなファンに向けてたまには柔らか~いネタも書かないと…
私のウリの一つは【税理士っぽくない税理士】ですので…

ウリとして目指す方向が違うとの指摘は無視して書かせていただきます。


注意!
今回のネタですが、心臓の弱い方はここで退出していただくことを勧めます。
怖いもの見たさで読み進める勇気のある方は、ご自身の身にもし降りかかったら~と想像してお楽しみください。






では、始めます…

夕方のスコールのような雨が降ったせいで何とも言えない蒸し暑さを覚える夕方のことです。
あたりは薄ら暗くなりかけています。

税理士いとうはその日のお客さんとの最後の打合せを終え、帰宅の途に就きました。
今日のお客さんとの打合せが終わったので、早く帰って事務仕事をしなければ…

サラリーマンの帰宅ラッシュにちょうど鉢合わせてしまったので、有料道路を使うことを選択しました。


後々考えると、この選択が悲劇の序章でした…


一般道から有料道路に入ると、車内で何とも言えない灰汁の強い自然界の香りが漂ってきます。

すると運転する私の目の前を左から右へ何か物体がスッと横切った!

で、その物体はそれ以降は目の前を横切りません。

周囲の車に注意しつつ、右方を恐る恐る見ますと…

















!!!
カメムシ
や、奴が運転席のドアの内側に~

あの何とも言えない香りの主は…

そう、今は有料道路…車を止めて追い出すことも出来ませんし、外は雨なので窓を開けることも出来ません(汗)
私に唯一出来ることは、一般道までいかに奴を刺激しないようにするか。

鼻歌を歌う事も出来ず、極力動きを最小限にして、奴と密室に閉じ込められるという極度の緊張と戦う事10分少々…


奴は私に更なる強力な武器を使うことなく、何事もなかったように密室を後にしていきました。

おいおい、私は奴のタクシー代わりか!
お代貰ってないよ~、運賃踏み倒しやがって(怒)


車内にポツンと残された私は気が遠くなるほど長く思えた約10分間の戦いに疲れ果て、奴の残り香と共にどうにかこうにか無事帰宅…
奴の存在を記憶から抹消すべく、すぐにファブリーズしました。


そう言えば、
昨年の12月にもこんなことがありました。

良かったらこちらもどうぞ~
【 夜間の来訪者 】


↓ ちょっとだけでも涼しくなれましたら、応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

~PS~
って、こんな記事を読んで、問合せとか相談する人なんていないですよね~(汗)

税理士に必要な資質?

豊田市の税理士いとうです。

お盆が終わって一週間。
お盆期間中にブログ更新をサボっていましたら、いつも間にやら【ブログ村】のランキングが2ページ目になっていましたのでかなり焦りましたが、どうにかこうにか1ページ目に復帰できました~
これも覗きに来て頂き、ポチッとしていただいた読者の皆さんのおかげです。感謝~感謝~

という訳で引き続き、
ポチッ↓っと
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お願い致します~

お盆明けの一週間も今日の午前中お客さん訪問を済ませてようやく外回りが終わりました。
でも、一週間出っぱなしでしたので、相変わらず処理しなければならない案件が…(汗)
毎度のことですので既に馴れっこですが~


ところで、言うまでも無く税理士は税務の専門家です。
会計業務については税理士でなくても法律上問題はありませんが、もちろん会計に関する仕事もします。

で、税理士が税金や会計の専門家だからといって税金や会計についてのみのサービスを提供すればいいかといいますと…否。

中小零細企業の経営者さんが複数の専門家(士業)と顧問契約を結ぶことは費用的に見てもアレですので、士業の中でも経常的に優先順位の高い税理士と顧問契約を結ぶことが多くなります。

だからと言って税理士以外の士業のニーズがないのかといいますと、そんなことは無い訳でして…
スポットで依頼をすることもあると思います。

そういった他士業に依頼することがあるとき、又はどの士業の分野か分からないときに顧問税理士にとりあえず聞いてみるってことも多く、
下手すると税理士の業務範疇でないことも税理士がその道の専門家と認識していることもあったりします。

そんな訳で企業経営におけるバックオフィス業務は取り敢えず税理士に聞いてみようという暗黙の慣習が形成されてしまうことが多々あったりします(汗)

従いまして、税理士として商売をしていくにあたっては、税理士業務以外の他士業の業務についてもそこそこの知識が必須になると思っています。
ええ、もちろん業際問題がありますし、真の意味での専門家ではありませんので中途半端な知識を以ってお客さんにご迷惑をおかけする訳にはいきませんので、大枠の説明に留めておく必要があります。

あくまでもコンシェルジュとしての役割に徹する必要があるでしょうね。


更に、事業者さんを主なターゲットとしていますと、業種に特化していない限りは実に様々な業種のお客さんとお付き合いさせていただくことになります。

業界特有の慣習といった部分も理解していく必要がありますし、そもそもお客さんの商品やサービスが全く分からない状況では的確なご提案も出来ませんので、常に勉強していくことは避けられません。

もはや、税金の計算だけしていれば税理士事務所の経営が成り立つような時代ではなく、カネの動きだけしか見てくれない税理士事務所は通用しませんからね。

お客さんの業界を知るための勉強、毎年変わる税制の勉強をエンドレスに続けていかなければなりませんので知識欲が無くなった時点で身の処し方を考えなければならないでしょうし、
税理士=銭勘定とは言えども、事業を営んでいるのはやっぱり人間ですので、人とのコミュニケーション能力は想像以上に必要になってきます。
尚且つ、お付き合いするのは海千山千の修羅場を乗り越えてきたひと癖のふた癖もある経営者さんですからね~


ただ、実に様々な業種のお客さんとお付き合いさせていただくことで得るものも大きかったりします。

様々な経営者さんとのお付き合いで得られる経験というのは、書籍から得られる知識とは比較にならない臨場感のあるものですし、
本物のプロだけが知る商品の選択方法やサービスとかを知り得ることは税理士という職業ならではだと思っています。
世の中、一般消費者として得られる事って限界がありますからね~


今のところ、勉強<知識欲のようですので税理士を続けていけそうですし、忙しさがストレスにはなっていないようですので休みがろくに無くても大丈夫のようです(笑)
そのあたりの感覚が既にマヒしてるって噂もありますが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

顧問先分布を改めて見てみる


豊田市の税理士いとうです。

ウチの顧問先さんの分布ですが、東は超~手薄です。
こんな感じ…
半月
半月のイメージにピッタリでしたので拝借~
本来でしたら事務所を中心に放射線状に広がっていると良いのですが、事務所の立地条件が大きな要因です。

というのもウチの東側は山&のんびりとした田舎の風景が広がっていましてホントに真東に進んでいくとはるか静岡県に入ってしまいます(汗)
何とも自然豊かなので地価はお値打ちかもしれませんが、商売となると…

ということは、税理士の顧問先となる経営者さんの数もおのずと限られてしまう。
結果、どうしても北南西方面のお客さんが多くなってしまいます。

いえ、ウチの東南方面には大きな市もありますし、東進し、越県して静岡方面まで足を延ばせば…
と、一人税理士事務所が商圏を広げすぎるのも効率という面でアレになってしまいます。

という訳で今のところは車で1時間程度がウチの商圏になるのかなぁなんて勝手に決め込んでいます~
そもそも私車の運転があまり好きではありませんので、往復2時間が我満の限界…

1時間なら名古屋市の東端位まで足を延ばせないこともありませんが、
大都市である名古屋市の経営者さんが敢えて田舎の豊田市の税理士に依頼するのかなぁ~
って、名古屋ってウチの事務所から見て西です(汗)

やっぱり、半月よりも満月の方が見栄えがいいので、【満月完成プロジェクト】にご参加いただけるウチの事務所よりも東方面の経営者さんを絶賛募集中~(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

顧客減少と料金値引き交渉


豊田市の税理士いとうです。

昨日は、夕方からの関与先さんとの打合せが延期になりましたので、急遽会計ソフトのベンダーの担当者さんとの打合せになりました。

現状のソフトの感想や改善事項についての意見とか【A-SaaS】や新しい会計ソフトの【freee】とか【マネーフォワード】の話題になり、意見を求められたりもしますが、
普段、なかなか同業者とか業界の動向を知ることが出来ない中で、ベンダーの担当者さんとの打合せというのは一つの情報源になります。

ええ、もちろん担当者さんも税理士事務所が特定できるような情報開示はしませんが、愛知県の税理士事務所の一般的な状況として話をしてくれたりしますので、ウチの状況もお伝えさせていただいたりします。


税理士業界の状況としましては、廃業や契約解除といった結果としての関与先の減少という状況はやはりあるようですね。
私の周りの税理士さんって皆さんお忙しい方ばかりですので、そういった認識があまり無くて…
むしろ私なんぞはまだまだ営業努力が足りないと思っていましたのでちょっと意外だったりします。
だからと言って、安心して手綱を緩めるつもりは毛頭ありませんが~

はたまた、税理士料金を理由として他所の税理士事務所に替わるという案件もやはりあるようで…
極端な例かもしれませんが、月額料金1万円で引き受ける事務所ってあるようです。
もちろん関与先さんの事業規模とか税理士事務所の受任業務の範囲によっては有り得ない事はないのかもしれませんが、
元々、月額料金3万円とか4万円といった料金レンジの事業者さんであることを考えますと、上記のような理由とは考え難い訳ですので結局のところ値引の要求だと推測されます。

いえ、その料金で引き受ける税理士事務所に対してアレコレいうつもりはありませんし、
0円か1万円かと言われましたら、1万円なのかもしれませんが…
料金が理由で移ってきた関与先さんって、更なる低料金の税理士事務所のことを知ったらきっとまたそちらに替わっていくのでしょうし、値上交渉なんてする前に結果は分かりきっています。

大袈裟な話、全ての関与先さんの料金がそういった具合ですと1ヶ月休みなしで1日2件処理して60万円。
これでは経費倒れしてしまいますし、
顧問税理士が利益を確保できないビジネスを続けている状況で関与先の経営者さんをサポートし、利益の云々についてのアドバイスなんてできるのでしょうか?

もしかしたら、私では思いもつかないような利益を確保する方法があるのかもしれませんが…


そんな話をすること2時間。

会計ソフトの改善事項や新しいシステム(減価償却)について説明を受けている中で、
私の中では何も特別な事ではないと思っていたデュアルモニター環境ってかなり少数派であることを聞きました。(ホントのところはよく分かりませんが…)

ウチの使っているソフトは、ワイド画面の場合は会計と税務申告といった感じでモニター画面を分割して表示し使う事が出来ますので、それは普及しているようですが、
デュアルモニターって使っている事務所はほとんどいないとのことでした。

設定も簡単ですし、便利なのですけどね~

どうも事務机のサイズも一つの理由のようです。
モニターを2つ並べるということはそれなりにスペースが必要と言えばおっしゃる通りです。

ちなみにウチの事務机のサイズは1,400X700とかなり大き目ですのでモニターを2つ並べても余裕です~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

税理士事務所に依頼するタイミング(昨日の続き)


豊田市の税理士いとうです。


昨日の続きで今日は個人事業者が税理士事務所に依頼するタイミングです。

昨日の記事はこちら

法人については設立を決めた時点で税理士事務所を探した方が良いと昨日書きましたが、個人事業の場合も基本的には変わりません。

が、個人事業者の場合は法人とは少々状況が違ったりします。

法人を設立する際は税理士関与(費用)をあらかじめ織り込んでおくことをお勧めしますが、
個人事業者の場合は、法人の決算申告と比較しますと難易度は下がりますのでご自身で確定申告することのハードルも下がります。
個人事業特有の留意事項はもちろんありますが…

ただ、個人事業者の場合はご自身で確定申告が難しいと感じ、外部の専門家に依頼することを考えたとしても税理士事務所だけが選択肢ではありません。
商工会という組織に依頼することが出来ます。

開業して間もない時期は費用は出来る限り節約したいとお考えになるでしょうから、
税理士事務所に依頼しようにも費用が…とお考えの場合は商工会に一度相談してみては如何でしょうか?
費用面では確実に税理士事務所よりも安価になります。

ただ、商工会という組織は小規模な個人事業者に対して記帳のお手伝いや確定申告のお手伝いをしてくれる組織ですので、あくまでも帳簿の作成と確定申告という事業者として必要な手続をサポートしてくれる組織と割り切る必要があります。

従いまして、事業が成長してきたり、法人成を検討する時期になったり、消費税の納税義務が発生する時期になってきましたら今後のことを考えて税理士事務所を探し始める時期なのかもしれません。


あくまでも私の想像ではありますが、
税理士に依頼することを躊躇している又は一歩踏み出せないという経営者さんの大きな理由は、
税理士に支払う費用と税理士事務所の宛てがない事ではないかと思っています。


税理士事務所の費用については、正直、税理士事務所によって異なるというのが現実ですが、最近はホームページ上で目安となる料金を提示している事務所もありますし、打合せ回数を毎月でなく、隔月にすることで料金を抑えることも出来るでしょう。

また、会計ソフトを導入し法人(個人事業者)さんで会計ソフトに入力(自計化)することで税理士事務所へ支払う費用を安くすることも出来ます。
税理士事務所に帳簿の作成を依頼するとどうしても作業料金を頂戴せざるを得ませんので…

自計化に挑戦しようとお考えの場合は、その旨を税理士事務所に伝えていただければ税理士事務所も喜んで教えてくれると思いますので、是非ともチャレンジしていただきたいと思います。


税理士事務所の宛てがない場合は、
仕事で関わりのある経営者さんに聞いてみるとかインターネットで探すという方法になるでしょう。

税理士選びにおいては経営者さんと税理士のお付き合いは基本的には長期になりますので、料金だけでなく気が合う合わないという要素はとても重要になります。

なので、複数の税理士事務所に話を聞くことも有用だと思いますし、
そもそも経営者さんからのそういったお問合せに嫌な顔をする税理士なんていませんのでちょっと勇気を出して話を聞いてみては如何でしょうか?


確かに税理士という職業は、敷居が高いのかもしれませんし、税理士のサービスって実のところよく分からないのかもしれません。
こういったイメージについては税理士業界が払しょくしていく必要があることだと思いますので大いに反省すべき部分だと思います。

でも、税理士に依頼することで、きっと支払う料金以上のサービスを受けることができ、もしかしたら税理士に支払う料金以上の税金を節約できるかもしれません。
更には経営者さんが税金の計算や我流による経理事務のためにかかる労力を得意な本業に専念できる時間に変える事が出来るでしょう。


ちなみに、税理士事務所の中には初回の面談は無料で対応してくれる事務所って結構あったりします。
時間制限を設けているかもしれませんが、一度税理士と会って相談してみることも無駄にはならないと思います。

大きな声では言えませんが…、ウチは初回面談は5,000円&時間無制限です(汗)
もちろん、負担いただいた費用を超えるだけの価値を提供させていただくことは言うまでもありませんが…


以前税理士会のポスターの標語にありましたが、

そうだ!税理士に聞いてみよう~

ってことですね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

税理士事務所に依頼するタイミング


豊田市の税理士いとうです。

今日は午後からの2件目の打合せが夕方からに変更になりましたので、真っ昼間にブログ更新してみたいと思います。
ちょっと予定がズレて時間が空くとどうもモチベーションの維持が出来ない~(汗)
悪いクセです。

ところで、
言わずもがな、税理士の仕事を突き詰めていくと税金の申告のお手伝いとなる訳ですが、税金の申告自体はもちろんご自身で行う事が出来ます。

税金の申告と一口にいいましても、
法人の決算、個人事業者の確定申告といった事業に関するものから、
不動産や金融商品の譲渡、年金や2箇所給与、医療費控除、住宅ローン控除、更には贈与税、相続税といった単発の申告もあります。

税理士に申告を依頼するにあたっては、単発の申告については申告期限までに依頼すればよいのですが、
申告期限ギリギリですと受任する税理士事務所としましても業務負荷の関係でお引き受けすることが出来ないといった事も有り得ますので、
早目にアポイントなり予約を入れておくことが望ましいと思います。

ちなみに確定申告の受付についてですが、ウチの事務所は前回、年内で受付終了という暴挙に出ています。
そんな事務所も世の中には存在するかもしれませんので、早目に検討することに越したことはないかもしれません。


では法人や個人事業者の場合はどうなのでしょうか?
そもそも本当に税理士事務所に依頼する必要があるのでしょうか?

法人の決算申告をご自身で行うという選択肢はもちろんありますが、相当な時間と知識が要求されますので基本的には税理士事務所に依頼する方が良いのではないかと思います。
設立時は費用負担を軽減したいという気持ちは重々わかりますが、個人的には法人を設立する際には税理士に対する料金は必要なコストとして想定した方が良いのではと…。
費用負担を重視するあまり、税務上の不利益を被ってしまっては元も子もありませんので…

従いまして、どうせ税理士事務所に依頼するならば、設立を決めた段階で税理士探しを始めることをお勧めします。
というのも、法人の機関設計や決算日、資本金、本店所在地といった事柄って結構重要な要素がありまして、後日変更することも可能ですがその際に費用が掛かってしまうことがありますので。


で、既に法人を設立してしまったという経営者さんは…
早急に税理士事務所を探しましょう~

法人を設立すると一定期間内に各種届け出をする必要がありますし、
役員報酬については法人税法上色々規定がありますので、そのあたりの認識が不足した状態で時間が過ぎると大変な税務リスクを負ってしまうかもしれません。


いや~、もう今月末で決算日なんだ!という経営者さんは…
一刻も早く税理士事務所を探してください~(汗)

はたまた、今月末で申告書の提出期限なんだ!という経営者さんも早急に税理士を探していただきたいのですが、もしかしたら期限までに提出できないかもしれません。
更に、決算末日までに届出することで翌期に適用できる規定は期限を渡過してしまっていることになります。
青色申告承認申請書や消費税簡易課税選択届とか…


また、新たに法人を設立するのではなく、これまで(継続中も含めて)税理士事務所に依頼されていたものの、諸事情により税理士事務所を替えることを検討されている法人さんもいらっしゃるかもしれません。

そんな場合はいつが適当なのでしょうか?

新たに受任する税理士からしますと決算後からというのが良いように感じますが、
逆に契約解除となる税理士からしますと決算前に契約解除が分かった状態で決算申告の作業を行うというのもモチベーションが…いえ、決して手を抜くことはないでしょうが…

ウチが受任する立場なら、決算前に受任する方がやり易い気がします。
時間が無い分、しんどいですが…(滝汗)

いずれにしましても、まずはよくよく現在の税理士事務所と話し合うべきだとは思います。
税理士事務所との付き合いもそれぞれですので、どうしても埋めることが出来ない溝が残ってしまうならば税理士を替えるしかありません。

埋めることが出来ない溝が明らかになった時点で早急に税理士事務所を探すべきだと思います。


長くなってしまいますので、個人事業者については、次回書きたいと思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

不惑の40歳といいますが…


豊田市の税理士いとうです。

14日からお休みをいただいておりましたが、今日から本格的に業務を再開します。
といいましても、事務仕事に加え、何らかの仕事の電話連絡やメールがありましたので完全休養日はなかったのですが…(汗)

実は、このお休みの間にまた年取ってしまいまして、40代も中盤に差し掛かる歳に。
40歳といいますと【不惑】なんて言われますが、迷いだらけです~

30代でどうにかこうにか形上は而立できましたが、40代のうちに不惑を実感できるのでしょうか?

仕事の上では迷いだらけですが、
私事ではこの一年で成すべきことははっきりしています(してしまいました)。

お腹周りの成長を止める~
家族から誕生日祝いということでジーパンをプレゼントしてもらいました。
ところでリー○イスの新品って1万円超えなのですね~
10年以上、中古しか買っていなかったので正直知りませんでした。

それはさておき、せっかくもらったプレゼント。
ウエスト30インチでぴったりですのでお腹が入らないなんてことにならないように維持しなければなりません。

実は、結構なプレッシャーです…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

今日が対外的なお盆前の営業最終日です


豊田市の税理士いとうです。

ここ数年、電子申告にどっぷり浸かっていますので税務署に通う頻度が激減しています。
以前でしたら毎月の決算法人の申告書の提出、確申期には所得税、贈与税の申告書を携え足繁く税務署に通ったものですが…

今となっては税務署にわざわざ足を運ぶ用事といいますと、紙ベースで申告書を提出する場合。
1回ポッキリの申告、具体的には分離課税の所得(土地建物の譲渡等)がある場合や相続税の申告、贈与税の申告あたりでしょうか。

その他にも源泉税や申告に係る納付書を仕入れに行く場合(汗)と申告や届出の際に添付書類がある場合に電子で申告・届出した後に後出しする場合くらいでしょうか。

今日は、法人の設立に係る添付書類の提出に税務署へ。
地方税の場合はPDFを添付すればわざわざ書類を提出又は郵送する必要が無いのですが、国税についてはどうしてもそのあたりのひと手間がかかってしまいます。


ところで、世の中はお盆真っ只中ではありますが官公庁は平常通り開庁しています。
税務署は午前8:30から開庁していますので15分ほど前に事務所を出ましたが、道中は車も少なく思いのほか早く到着してしまいましたので税務署の駐車場で少々時間を潰しつつ…
予想通り今日は空いていますし、隣の職安も今日は静かです。

こんなところで世の中が長期連休であることを再認識~

さて、開庁時間も過ぎましたので税務署に入り、機械式の受付番号順の札を見ますと…やっぱり1番でした。
数人のYシャツを着た方がいらっしゃいましたが、豊田税務署は合同庁舎の中に入っており、法務局も入っていますのでどうもそちらに御用のようです。
そんな中でポロシャツのオッサン…きっと士業とは見られないでしょうね。
案の定、税務署の受付の方も税理士だとは思っていなかったようですが、丁寧に提出書類を受領していただけました。


取り敢えず書類を提出し、すぐに事務所へとんぼ返り。10時からの来客がありますので寄り道してフラフラなんて出来ませんからね。
尤もそんな時間から寄り道するところもありませんが…

さて今日も4件のお客さんとの仕事をどうにかこうにかこなし、明日から17日まではお客さんとの打合せは入っておりませんので、事務仕事をこなしつつ、私用もアレコレできそうです。

墓参り、私のお誕生日会、我が家の愛犬の川遊び~

週明けの18日からはまたお客さん廻りが怒涛の如くはじまりますので少々英気を養いたいと思います。

と、以前から話は有ったのですが、お盆前の営業最終日に法人設立の案件が決定。
設立は9月1日。盆明けは忙しさに拍車がかかりそうです~
何はともあれ忙しいことはいいことです、お声掛けいただいたことに感謝X2!


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

お盆ならではのお仕事


豊田市の税理士いとうです。

私の住む豊田市はいわゆる製造業の街です。

製造業はお盆をはじめGW、年末年始と長期休暇を取ります。
豊田市に本社を構える某大手自動車メーカーの今回のお盆休みは9日~17日です。
従いまして関係する企業もそれに合わせてお盆の休みを取ることが多かったりします。
なので今週は道路が空いているので助かります~

大手さんの長期連休は中小企業やサービス業はあまり関係なかったりしますが、それでもお盆ですので関与先さんへの訪問も少々控えることになった結果、お盆明けの予定はどうしてもタイトになりがちです。

という訳で、お盆明けの予定はといいますと…真っ黒(汗)
隙間なんて全くありません~


じゃあ、お盆の時期がヒマかといいますと、
こういった時期に増えるお仕事もありまして、
資産税関係の面談って土日や夜間が多くなったりする訳ですが、こういった長期のお休みも結構増えたりします。

ウチの場合、
今日は夕方まで関与先さん廻りとなっていますが、
夕方から1件、明日は2件資産税の面談が入っています。

何とか今日明日を乗り切って、14日~17日まで少しノンビリできればと思っています。

えっ、7月の終わりから夏休みを取ったでしょう~

アレはあくまでも家族への無償の奉仕です。
今回は純粋に私のお休みです(笑)

とはいいましても、やらなければならないことを捌き切れればお休みということですし、
きっと何かしら特急の仕事が入るでしょうから、フツ~の土日休みになってしまう可能性大ですけどね。
もしかしたら土日も休み返上かもしれませんが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

最近携帯電話の料金が…


豊田市の税理士いとうです。

最近、携帯電話の料金請求が…

スマホに変えてから月々の料金が上がってはいたのですが、最近、ちょっと上がり過ぎです(汗)

元々、スマホって通話料金が割高なことは承知していましたので、
通話料が24時間半額となるオプションをつけていましたが…

そのオプションを付けているのでIP電話とそれ程料金に差はありません。
だからと言ってLINEのような無料アプリは通話品質に疑問符が(悩)


私、キャリアはAUでして、
13日から「カケホとデジラ」という電話カケ放題プランが始まります。

電話カケ放題が2,700円でデータ容量は6段階から選べます。

私の場合、LTE934円+LETNET300円+LTEフラット5,700円+通話ワイド934円の合計7,868円に通話代金が加算されますが、

カケホとデジラに変更すると、カケ放題2,700円+LTENET300円+データ定額(5GB)5,000円の合計8,000円で済みます。
通話代金はほぼ加算されませんので、どう見てもこちらの方が良いという結論になります。

更に…データ定額を3GBにすればもっとお値打ちになったりします。
スマホの月間仕様データ容量ですが3GB~4GBのようです。
普段、IPaDを持参し、事務所PCへのリモートアクセス用にモバイルのWifiルーターを持っていますのでスマホのデータ定額は下げてしまっても問題ないのではと…


いえ、昨日携帯ショップに行こうと思っていたのですが、
先週半ばから患っている夏風邪が芳しくなく、あんな大荒れの天気でしたので一日中寝てました(汗)

おかげで体調もほぼ戻りましたので、
今日にでも仕事の合間にどんなもんか聞きに行ってこようと思っています。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

無料相談とは言えども(汗)


豊田市の税理士いとうです。

バ○と何とかは風邪をひかないなんて言いますが、
どうやら夏風邪を患ってしまったようです。のどが痛いわ、体中がダルイわ(泣)

ここ何年も冬に風邪を患う事も無く、予防接種を受けないのにインフルエンザにもかからないので
私って…バ○と密かに思っていましたが、よかったよかった~
って喜んでいる場合ではありません。

元々風邪に対する免疫が無いので余計にしんどいですゥ


前置きはこれ位にして、
ウチは細々とメール無料相談なるものをしています。

メールという手段であることもあってか、ご相談者は北は北海道から南は九州まで津々浦々。
流石に未だ海外に居住する日本人からの相談はありませんが…
お住まいを記載していただける方はアレですが、中にはお住まいを記載されない方もいらっしゃいますのでもしかしたら海外からのメールもあるかもしれませんね。

メール相談というのは、お手軽である反面、どうしても相談いただいた内容に対する回答は一般的な範囲に終始してしまうことは否めませんので、それ以上の個別的な事情や深度のある回答を必要とされる場合は、お近くの税務署か税理士さんに相談されることを勧めることになります。

で、ですね~
いただいたメールにつきましては極力迅速に回答を差し上げるようにしています。

ところが、ゴメンナサイ、
いくら無料とはいいましても回答する気にならないメールというものもあります。

せめて、苗字くらいはどこかに入れていただきたいと…
中には、本題だけってこともあります。

いえね、そういったお手軽さがアレとはいいましても最低限のマナーとか常識ってあると思うんです。

ホントはそういったメールに対しては返信しないという意思表示もあるのかもしれませんが、
それはそれで何かモヤモヤしてしまいますので一応回答は差し上げますが、
私もボランティアで税理士をやっている訳ではなくて、それなりに時間を使って回答する訳です。

そこはそれ、いくら無料とは言えども至って真面目に回答していることをご理解いただいたうえでメール無料相談をご利用いただければと思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

気付かずに9年目に突入しました


豊田市の税理士いとうです。

遡ること平成18年8月4日に開業したウチの事務所ですが、
知らぬ間に9年目に突入していました(汗)

何となしに気付いたのが今日の昼食時…
そう、目の前の忙しさにすっかり忘れていました。
ちなみに配偶者殿も一切そのことには触れず(汗)

だからと言って特に何をするって訳ではありませんが…
8月4日と言えば、お問合せいただきました新しい関与先さんの法人設立となります。

9年目はどんな一年になるのでしょうか~

とノンビリしている訳にもいかないので、溜まっている仕事を片付けます。
って、きっと目の前の仕事に追われまくる一年になるのではないかと…9分9厘間違いない~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

社員旅行についてのお問合せ


豊田市の税理士いとうです。


4月からの消費税率の改正により景気状況の悪化が懸念されています(した)が、
ウチの関与先さんは皆さん頑張っており、中には過去最高の利益を計上している関与先さんもいらっしゃいます。

経営者さんをはじめ、従業員さんが頑張った結果でしょうから、賃上げや賞与でその頑張りを評価してあげて欲しいと思っています。
いくら企業の売上が過去最高となり、利益が確保されたとしても内部留保ばかり積み上げて従業員さんへの還元が全くされないとモチベーションも上がらないでしょうし、
従業員さんの収入が増加しないと景気は良くなりませんからね。


従業員さんへの成果の還元といいますと給料や賞与の他にも社員旅行という方法もありますが、
以前と比べますと社員旅行を実施する企業の割合は相当減っていると思います。

背景には色々あるのでしょうが…


そんな中、久しぶりに社員旅行の実施にあたって「福利厚生費」として認められるための要件についてご相談がありました。
ホント久しぶりな気がします~

日数や参加者、会社負担額の目安、現地レクレーションの扱いetc…
福利厚生費として認められないと、給与課税をせざるを得ませんので一応そのあたりのご説明をさせていただきました。

国税庁のHPには「従業員レクレーション旅行や研修旅行」についてのタックスアンサーが載っています。
従業員レクレーション旅行については3つの事例が掲載されていますが、【事例3】ってちょっとおもしろいですよね。

事例3については、旅行日程が5泊6日なので福利厚生費ではなく給与として扱う旨の記載となっています。
で、このケースの会社(使用者)負担は15万円。
事例2(福利厚生費として認められる)の会社負担は10万円。

従いまして、社会通念上一般的に行われている旅行費用としての会社負担10万円はOKと判断できます。
では15万円はどうなのでしょう。
そもそも国税庁殿は会社負担額についてははっきり明示していません。
過去に約24万円の会社負担を給与課税と認定されたケースはありましたが…

そのあたりは非常にデリケートな問題ですので、顧問税理士さんにご相談して下さいね。


ところでウチの事務所は社員旅行は経費にはできません。
社員旅行ではなく、家族旅行又は夫婦旅行になってしまいます(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

早めの夏休みは珍道中~


豊田市の税理士いとうです。


結果報告ですが、木曜日から3日間夏休みをいただきました。

事前に告知することなくステルスで…
最近はといいますとブログの更新頻度も減っていましたし、事務所の電話はスマホに転送し、メールもスマホで管理できますので大きな不都合はありませんでした。


昨年からお盆前に夏休みを取ってしまうようになり、
昨年は沖縄に出掛けてきたのですが、今年も沖縄の予定でしたが上手く予約が取れなかった為諦めたものの、もし予約が取れていたら何と台風とバッティングでしたので結果オーライということに…


で、娘の希望でディズニーランドに出掛けてきました。

ところが初っ端から大トラブル発生(汗)

31日の未明に車で出発したところ、御殿場ICの先でトラックの横転により高速道路が通行止め~
その渋滞待ちで突然車のヘッドライトが両方とも切れてしまうというアクシデント~
暫くすると夜が明けてきたので、取り敢えずそのまま目的地まで走りました。

2日間タップリ満喫した後、
最終日の朝一に最寄りのディーラーに見てもらうと衝撃の事実が発覚…

ウチには2台の車がありまして、
1台はホンダのエディックス、もう1台は日産のノートです。
豊田市民なのにトヨタ車が無い…

今回はノートで出掛けたのですが、
ノートはAUTECH仕様の中古車でどうも前のオーナーがヘッドライトをハロゲンからディスチャージ(日産ではキノセンといいます)に変えていたらしく、
社外品を取り付けていたようで整流器が問題なのかヒューズがすぐに飛んでしまうようです…

対処法としては元々のカタチであるハロゲン仕様に戻せばいい事ですのでひと安心。
早速、明日にでもかかりつけの車屋さんに持ち込みます~


そんな訳でして、最終日の昨日は帰りの高速道路上で岡崎の花火大会を見る予定でしたが、ヘッドライトが点灯しない以上諦めるしかなく、日が暮れる前に無事帰宅。
怪我の功名なのでしょうか、当初は間に合わない予定だった娘の友達の町内の盆踊りにも行けたので娘は特に不満は無いようでした。


どうにかこうにか年に一度の家族へのお勤めも終わりましたので、
また仕事漬けの日々に戻りたいと思います~


あっ!
無料メール相談をいただいた方につきましては、昨日中には全て返信しておきました。
木曜日にメールをいただいた方につきましては、少々遅くなって申し訳ありませんでした。

あと、ブログへのコメントの返信も遅くなり申し訳ありませんでした。
ホントはすぐ近くまで行きましたので千葉市のF税理士さんと一度お会いしたかったなぁ~なんて(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ