あと2年で10年


豊田市の税理士いとうです。

昨日のブログで事故が…
記事のタイトルを入力していて英数なのを忘れて思わずEnterキーを押してしまったら、記事が更新されてしまいました(汗)
【kakusinnkino】って。
すぐに書き直したのが【確申期の~】、お騒がせしました。

でも、新たな発見。
注目記事の上の方にランキングされているではありませんか~

タイトルが目立ったということでしょうね(苦笑)
これに味をしめて今日の記事も【ato2nenn】にしてみようかと思いましたが…


さて、今日で10月も終わります。

今年の総括って訳ではありませんが、今年1年の収支は10月末時点で年間目標をクリアできました(祝)
新たな関与先さんとの出会いもほぼ目標通りだったのですが、個人事業の比率が少々高かったのがチョット気になる部分…
ただ、来年中には法人成りする予定の個人事業者さんが数件ありますので小さなご縁が大きなものになる事を期待しています(笑)

私は開業して9年目に突入していますが開業時に10年後の売上目標を作っていまして、残された時間は2年少々。

絶対に達成します。
というよりも2年を待たずに達成させるつもりです。

そのためにひたすら働きます。
自分の限界なんてブチ破ります。これまでもそうしてきましたから絶対できると信じて。
ただ遮二無二に目標達成のために働くことが開業して10年の自分に課した約束ですから。

お客さんのためにひたすら頑張れば結果は後からついてくると言い聞かせつつも開業以来4、5年はなかなか結果が出ませんでしたが、ここ数年は正のスパイラルに突入することが出来ました。
とはいいましてもまだまだお客さんの笑顔のために、お困りごとの解消のために出来ることはいくらでもあります。
次の10年はさっさと今の10年の目標を達成してから考えます。

10月の長~いスランプはどこへやら、今は完全復活!

ん~今日のブログは熱い~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

確申期の税務支援への従事は何日かなぁ~


豊田市の税理士いとうです。

確定申告期になりますと、事務所の仕事自体は猫の手も借りたくなる位忙しくなるのですが、
電話相談センターや各所で行われる税務支援業務に従事しなければなりません。

うる覚えではありますが、まだ義務化にはなっていなかったような気もしますので、
正確にいいますと「従事することになります」かもしれません。

そんな税務支援ですが本音を言ってしまうと、時間という意味ではキツイものです。
でも、そこを何とかやりくりして協力しなければならないと思っています。

どの程度従事しなければならないかは所属する会や支部によって異なるでしょうが…

個人的には、義務化されようがされよまいが従事すべきと思っています。
体力面、脳ミソ面で税務支援に従事できなくなった時点で税理士資格は返上するのかなぁなんて思っています。
税務支援に出掛けられなくなった時点で普段の業務なんて出来る訳ないですし、いっても税務支援よりも普段の税務の方がヘビーな内容ですので。


実際の税務支援といいますと、年齢の若い税理士や登録年数の短い税理士が従事する頻度が多くなるような気がします。
まぁ、それは仕方ないとしても、
顧問先の少ない若手税理士の為なんて言われても、今どき無料相談会場で顧問先を確保できるなんて思ってませんし、相談会場にいらっしゃる納税者がそんな風に考えているとも思えません。
無料相談の日当をあてしなければならないのもアレですし…

ただ、税務支援って経験を蓄積する場としてはなかなかのものだったりすることも事実です。

無料相談ってその日、その場で初対面の方から相談を受ける訳でして、
日頃考えてもみなかった案件や下手すると年齢が若いが故にどうしても納得してもらえない事ってあると思うんです。

去年みてもらったベテランの税理士さんにはそんなこと言われなかった!って聞き入れてもらえないなんて過去の苦い経験もあったりします。

はたまた、税務署で確認したって頑なに言われ続けてしまうなんてことも(汗)
でも違うものは違う訳でして…

でも、そういった難題を如何に捌くかという経験が税理士としての大きな糧となったりします。


ウチの支部では例年ですと年明けに確申期の無料相談の割り当てが発表されます。
さて今回の割り当て何回なのでしょうか~

また、現場でe-TAXをしなきゃならないのかな~
e-TAXソフトって、普段全く使わないのでどうも苦手なんですよね(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

年末調整の将来(妄想)


豊田市の税理士いとうです。

ちょっと疑問に思ったのですが、年末調整って不思議な制度だなぁと。

私もかれこれ20年程前、世の中でいう大きな会社に勤めていたのですが、
年末調整の時期、というよりも10月の終わり位に扶養控除申告書を渡される訳です。
保険料控除申告書なんて渡されたことありませんでした。

書き方の説明なんてありませんし、生命保険の証明書のことも言ってくれませんでした。

無知というのはホントに損するようになっている世の中です。
私のサラリーマン時代(3年程)は余計に税金を徴収されていたんですね(汗)


年末調整という制度は、行政にとってはある意味優れた仕組みでしょうし、従業員本人にとっても自ら確定申告する必要が無い訳ですので便利です。

でも、問題も有りまして…
扶養家族(配偶者)の年間所得って早い会社ですと11月初めには書類の提出をしなければなりません。
扶養家族の所得超過等の是正なんて、扶養家族が交付を受けた源泉徴収票を確認してから確定申告で精算した方が間違いが減ることは間違いありません。


さて、ここからは妄想ワールドに…

いっそのこと、源泉徴収税額表の甲欄の扶養の数を無くして、給料が同じなら徴収税額も同じ。
会社は年末調整をせずに源泉徴収票を交付し、受け取った本人が確定申告する。
更に、住民税を源泉税と同様に給与の金額に応じて徴収してしまう。
どうせ確定申告をするのですからいっそのこと住民税もそこで精算。
前年の所得に対する住民税を翌年納めるのではなく、その年の住民税をその年に完結してしまう。

かなりハードルの高い妄想ですが…
妄想なのでフリー♪


折しも平成28年からはマイナンバー制度が始まる予定で、収入や所得の管理が便利になるでしょうし、、
いまや国税局の確定申告書作成コーナーを使えば必要事項を入力するだけで難しい計算をせずとも確定申告が完了してしまう世の中です。

将来的にはマイナンバーを入力するだけで収入と社会保険や国民年金、国民健康保険の金額が表示され、扶養家族のマイナンバーを入力すれば扶養対象かどうかを判断してくれる。
なんてことになるかもしれません。

これだけ確定申告に関するハードルが低くなってきている環境を考えますと、そろそろ年末調整という制度を廃止するのもアリかもなんて…

年末調整が廃止になれば、税理士の12月からの超繁忙期も若干和らぐでしょうしね(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

借りたものは返さなければならない


豊田市の税理士いとうです。

日本政策金融公庫の新創業融資の自己資金要件が1/3→1/10以上になりました。
融資限度額(設備資金)も1,500万円→3,000万円と増額されています。

これから事業を始めようとお考えの方にとっては要件を満たしているなら是非検討したい融資制度ではあります。

が、自己資金要件が緩和されるということは有難いことではあるものの、融資は助成金と違って返済しなければなりませんので、目先の資金を重視するあまり、返済計画をきちんと練っておかないとエライことになってしまいます。

融資を受けますと毎月元本と利息を支払うことになりますが、利息は経費になるものの、元本は経費にはなりません。

この支払利息+元本返済は利益から行うことになりますが、
利益といいましても融資が設備投資のためのものであれば設備の減価償却費を加えた利益となりますが、
ここでいう利益って決算書や試算表の利益ではなくて、現金の裏付けのあるという利益です。

キャッシュフロー、資金繰り上の利益が必要になりますので、減価償却費<元本返済額となると利益があるのにお金がないということになりますし、在庫や売掛金が増えていきますとやはり同じことになります。


国の施策として新規創業を促す環境作りは有難いものですし、有効活用していくべきなのも分かりますが、
事業って長期的な展望が必要になりますので、慎重な計画が必要になると思います。

計画は慎重に、決意し、動き出したらイケイケで~

そんな風に思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談の際のお願いです


豊田市の税理士いとうです。

今日は町内の秋祭りですが、あいにくの雨模様。
ウチの娘が神社で【巫女舞】をするのですが、私は先週日曜日の打合せが今日にスライドしてしまいましたのでお仕事です。午前中に終わる予定ですので、午後からの巫女舞にはどうにか間に合うと思いますが…

さて、ウチの事務所ですが、細々ながらもメールによる無料相談を行っております。
収益に貢献しているかといいますとアレなのですが…

メール相談については確申期の繁忙期は対応できなくなりますので、12月から3月半ばまではお休みさせていただいております。


そんな、何とも中途半端な代物なのですが、
メールでご相談いただく際にご留意していただきたいことが数点あります。

① あくまでも税務に関する手続きや一般的な解釈に留まるものであり、個々の事情や税金の計算といったご相談には対応しておりません。

② いくらメールで無料だからといいましてもビジネスの場ですので、せめてお名前は記載していただきたいと思います。

③ 私の職業は税理士です。弁護士や司法書士をはじめとする他士業の業務に関するお問合せは対応しかねます。

メールによる解答につきましては、いただいた情報のみを元に回答差し上げることになります。
メールに記載していない事情があり、それによって税務上の手続き等が異なることになっても当職としては責任を負いかねますので、メール無料相談はあくまでも参考程度のものとご理解していただくと共に、より具体的な回答が必要な場合は、お近くの税務署又は税理士事務所にご相談していただきますようお願い致します。

また、現在関与している税理士事務所の業務や税務処理についてご相談いただくこともありますが、
顧問税理士の業務に対して事情を知らない当職が何らかの意見を言うのは非常に失礼な事であり、無責任な発言と成り得る場合がありますので、そういったご相談も対応しかねる事も付け加えておきます。


 へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

白色申告はドンブリ勘定でOK?


豊田市の税理士いとうです。

最近、ウチのHPの検索ワードで【白色申告 ドンブリ勘定】というものをちょこちょこ見かけるようになりました。
なんかそんなとこからももうすぐあの時期が訪れるのを感じてしまいます。

で、検索ワードのアンサーですが、

元々、ドンブリ勘定が認められている訳ではありません。
そこを勘違いしてしまうとマズイのでして…

そういった方って

税務署に何も言われていない~
ウチのような小さなところは税務署も眼中にない~

とおっしゃいます。

確かに今まではですよね。
でも、コレって税務署が認めているって事ではありません。

事実、そう公言していた方がいざ税務署の調査を受けたら、そんな事絶対に口にしなくなりますから。
見事な位180度変わります。


それは置いといて、今年の分からは白色申告も帳簿の作成が必要となります。

これって税理士や税務署は既に去年のうちに告知していることです。
今年の1月から帳簿をつけていく必要がありますので。

でも、今の時期にこの検索ワードで調べるってことは、帳簿をつけてないってことですよね。

いえ、今年帳簿をつけていないから来年すぐに税務署に指摘されるって事ではないかもしれませんが、
そういう場合って、喉元過ぎれば何とかって訳ではありませんがきっと来年も帳簿をつけないでしょう。

そんな感じで3年後位に突然税務調査の連絡が来て…
3年分全部アウトなんてことになったらどうします?

事業者として本来しなければならない事をしないでラクしたんですから、税務調査で指摘された時に余計な税金を支払うことになっても致し方ないですよね。

冷たい言い方ですが、誰でもないご自身が選んだことですから。


ちなみに、ウチの事務所ですが年一&記帳代行はアパマン経営は別として事業者は受付していません。
関与初年度は対応しますが、次年以降は打合せ回数を増やすか、会計ソフトへの入力をお願いしています。
個人事業の確定申告はなにぶん集中しますので、一人事務所の苦肉の策でございます。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

オッサンだから仕方ない?


豊田市の税理士いとうです。

土日は訪問者も少ないので、いつにも増してど~でもいい話です。

コンビニで買い物した時の話なのですが、お釣りをもらう時に私の手のひらの上空からお釣りが降ってきました。

少々分かり難い表現でしたので分かり易く言い換えますと、
私の手にお釣りを持った店員さんの手が触れることなく、上からポイっと。

ええ、確かに若い女性が40を超えたオッサンの手に触れるなんて嫌でしょう。

分かりますけど、でもね~それは無いんじゃないでしょうか(泣)

別に下心なんてありませんよ、誓って!


で、そんなコンビニなんか二度と行くか!となるのがフツ~の人。

ひねくれものの私はというと…絶対にまた行ってやる!

今度は、お釣りが降ってくる瞬間に受け取る手を横にスライドさせてやる~

その瞬間、効果の乾いた音が響く…

オッサンの抵抗じゃー(笑)

ん~、意地悪すぎますかね?


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

契約更新完了~


豊田市の税理士いとうです。

ウチの事務所の唯一のリース物件である複合機ですが、4回目の再リース期間に突入しました。

平成18年11月に導入していますので丸々8年になります。

で、当の複合機なのですが、導入以来トラブルがある訳でもなく、ホントにウチの商売に貢献してくれています。

元々、導入の目的がFAX、スキャナー、カラー印刷でモノクロ印刷は別のレーザープリンターで出力していますので、8年も経っているのに非常に綺麗な状態です。

とはいいましても、
複合機のような電子機器って、発売から7年程経過しますと修理部品が無くなるので買い替えをメーカーから打診されることがありますが、ウチの機種はかなり売れたモデルだったようでして未だに部品のストックがあるようです。

再リース期間に突入した途端にメーカーの営業マンが新機種の提案に訪れましたが、機械自体に何の不具合もないのでもちろんそのまま。

営業マンが何をしたって現状より優れた提案なんて不可能です。
何と言っても再リース料ってリース期間中の年額リース料の1/10ですのでコストパフォーマンスとしては最高ですからね。

強いて言うなら、

我体が少々大きい事。

ウインドウズのバージョンUP(XP→7)によってペーパーレスのFAX送信が出来なくなってしまった事。

位なもので、そもそもFAX送信なんてほとんど使いませんので大した問題でもありません。


という訳でウチの開業と共に事務所に鎮座している初代複合機くんは9年目に突入しますがまだまだ現役続行です(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

最近の買い物はネットばかり


豊田市の税理士いとうです。

私、自己啓発本やビジネス書ってほとんどというのか全く読まないのですが、久しぶりにとある題名が目に止まりまして、これまた久しぶりに本屋さんに立ち寄ったのですが、お目当ての本がない(汗)

わざわざ本屋さんに行かずともAMAZONで注文すれば事足りますので、最初っからそうすればよかったのですが…

なぜか今回はAMZONが頭に思い浮かびませんでした。

本(税務関係)を買うならネット、事務用品もネット(ア●スクルとかカ●ネット)だったのですが、最近はというと服や靴までネットになってしまいました。

実は、今月は【ウエストマイナス2センチ】プロジェクト発動中なのですが、
今使っているパンツが大分くたびれてきましたので代替えの品を暇を見ては探していましたが、コレだ!って品がなかなかありません。

ええ、名古屋まで行けばあるのでしょうが、正直面倒くさいし時間もない。こういったところが片田舎のアレ(汗)

ということでネットで注文。
ネットで服といいますと、サイズとか素材や色が届いた実物を手にとってみると思っていたものと違うってことがあるでしょうが、昨日届いた2本ともイイ感じです。

というのか、幸運なことに私に限ってはネットで服を買って失敗したことが有りません。

夏には靴もネットで購入しましたが、サイズ交換もキッチリ対応してくれましたので特に問題なし。
というのか、近隣の店では見つけることが出来なかった品ですので結構満足しています。


ネットのナニって、足を運んだ実店舗の商品の中から選ぶ必要がなく、言ってしまえば日本全国のお店の品から選ぶことが出来る事です。
私は手を出したことはありませんが海外の品だって可能です。

田舎の人間にとっては便利この上ないサービスですね~
ウインドショッピングの好きな方からしますと何とも味気ないものなのかもしれませんが…


で、お目当ての本はなんか急速に読む気が失せてしまいました~

私にとっては所詮その程度のものだったんでしょうね(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

さぁ9月決算だー


豊田市の税理士いとうです。

8月決算法人の申告が完全終了しました!

次は9月決算法人です。

ウチは9月決算法人は件数こそ多くありませんが、内容の濃~い関与先さんの決算ばかりですので適用額明細書が賑やかになります。

これまでは7月決算法人がウチの最大勢力でしたが昨年から今年にかけて勢力地図が変わってきていまして、長らく最大勢力であった7月決算を5月決算が追い抜き8月、10月決算が肉薄しています。

個人的には…10月決算は避けたいというのが本音ですが、こればかりはウチの意思でどうこうできるものでもありません。
10月決算のオファーをお断りすればよいのですが、そんな度胸も無く(汗)
同じく11月決算~2月決算も出来れば避けたいなぁと…

ところで、世の中の標準では3月決算法人が多いはずが、なぜウチは増えないのはなぜだろうと考えてみますと、法人設立のご相談をいただいた際にアレコレ打合せをした結果、敢えて3月決算をチョイスする必要性がないからということが原因だと思います。


さて、年末調整、確定申告の話題がボチボチ話題に上る時期になってきまして、ウチも確定申告の受付を開始したばかりでアレですが、法人の設立については年中受付しております。

創業を検討していらっしゃる方、個人事業を営んでいて法人成りを検討されている方、
はたまた、3、4、6月決算法人の経営者さんからのご連絡をお待ち申し上げております~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

確定申告の募集告知


豊田市の税理士いとうです。

生命保険の控除証明書もボチボチ届きはじめ、今週末には年末調整に関する書類も発送されるようです。
年末調整に突入しますとそのまま法定調書と続き、あっという間に確定申告に突入です(汗)

ところで、確定申告の募集告知については、正直なところ迷っていました。

でもやっぱり、今年も募集することに決めました。

決め手は、前回まで商工会の派遣税理士の担当がありましたが、今回からは担当を外れましたので言っても2、3日は余裕が出来ましたので。

とはいえ、既に資産税だけで両手に納まらないオファーを頂戴していますので今年も受付期間を年内とさせていただくことにさせていただきます。
昨年も同様の受付期間でしたが、結果的には年明けのオファーも受付しました。

今年は、ホントに年内で受付を完全終了します!

ご要望の方はお早目にどうぞ~


あと、来月末を以って昨年同様、無料メール相談を一時中断させていただく予定です。
再開は3月の確定申告期限後の予定です。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

実の伴わないビッグマウスほど性の悪いものはない


豊田市の税理士いとうです。

税理士って狭義、税金のお仕事です。

って言いましても、現実はそれだけではないんですけどね。

それが証拠に税務以外の仕事の占めるウェートが増え続けています。
端っからその気でいますので特段問題はないのですが、いっても税務以外の部分はといいますと素人に毛が生えた位のものと自戒を含めて認識しています。

ところがですね~
これがなかなか曲者な場合があったりする訳でして…

税務なら即座にウチのご相談いただけるんです。
でも、それ以外の分野となりますと専門家がいる場合はそちらに先ずはご相談されます。
はたまた、ちょっとそちら方面に詳しい方にご相談するといった事も。

そういったケースでウチにご相談いただくということは、上手く事が進んでいないというケースになる訳です。

要は、事態の打開であったり、尻拭いだったり…(汗)


大企業の理屈を並べて中小零細企業の至らぬ点を声高に指摘する某有名企業の元従業員のオッサン~ 

感情とか思いを無視して理屈ばかり並べ立て、我が絶対とばかりにこれまで築きあげてきた人間関係を土足でぶち壊すどこぞのコンサル会社の若い社員~

自分の説明不足を棚に上げ、追加・修正作業を指示するその場で終わってもいない仕事に対する請求書を堂々と渡す某行政書士~


共通しているのは、自身の経歴や肩書に対する並々ならぬプライド。

目の前の人間を見ず、周りを受け入れない様はまさに唯我独尊。


最近、幸か不幸かファーストインプレッションでそういった人を感じることが出来るようになってしまいました(苦笑)


経営者さんも悩んで、困って相談し、不得意な分野だからこそ頼りにしているのに、結果として更に経営者さんの悩みを大きくしてしまっては…

で、事態がさらに悪化し、半分素人のウチにご相談と相成る…

その人らは、事態が好転しないことを経営者の至らなさのせいにし、自身の仕事は完璧とばかりに自己陶酔の世界。
ええ勿論、ご自身には全く問題ないと認識しているので悪びれることなく請求書を置いていく。


お願いですから、世の中の経営者さんをあなた達の自己満足の道具にしないでください~

昔から言うじゃあないですか、【実るほど首を垂れる稲穂かな】って。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

価格を上げるか下げるか


豊田市の税理士いとうです。

経営者の皆さんならお判りになると思いますが、価格を下げる事ってとても簡単です。
逆に上げる事ってとても勇気がいります。

価格を上げると仕事がもらえなくなるかもしれない~

ええ、確かにおっしゃる通りです。

特に低価格で受けた仕事って価格が理由で受注できたという場合も有るでしょうから、
そこを変えようとするとお客さんから抵抗されてしまう(汗)

ご尤もだと思います。

でも、価格って上げていかないといけないと思うんです。
いえ、上げる努力を続けていかないといけないと思います。たとえ上げる事が叶わなくても…

価格を上げる努力って、商品やサービスをより良いものにすることですから。

経費の削減ももちろん必要な事ですが、経費を削減するよりも価格を上げる方が前向きというのか楽しいと思いませんか?

決してボロ儲けを勧めるつもりはありませんが、価格を上げる事によってより良いサービス、商品を提供しなければならないというプレッシャーを自分に課す方が楽しいですよね?


更に、
適正な価格で仕事をさせていただけるお客さんが増えてきますと、どうしても低価格で引き受けたお客さんへの対応ってアレになってしまうこともあると思うんです。

引き受けた当時はどうにかして仕事が欲しかったのかもしれません。
もしかしたらお客さんからの価格要請が厳しかったのかもしれません。

約束した以上あってはならない事なのですが、でも人間の心理ってそんなものだと思います。

結果で物を語るのってあまり好きではないのですが、
全く儲けの確保できない仕事ってやはり受けるべきではないと思います。

例外として、短期的には儲けが無くても後々きちんと儲けを確保できるという展望がある場合はアリなのかもしれません。

そういった場合でも、やっぱり契約書等でそのあたりの約束とか基準をあらかじめ提示しておく必要ってあると思います。コレ、お互いのためにも…


えっ、提示しておいたのに抵抗されてしまう?

それはもう契約をお断りするか、粘り強く交渉するか、若しくは我慢してそのままの価格でやり続けるかでしょう。

ファイナルアンサーは人それぞれでしょうが、長い目で見ると最後の選択肢は無いような気がします。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

103万円


豊田市の税理士いとうです。

103万円と言えば扶養控除の対象となる収入(給与)の上限です。

ただこれは所得税の話ですので、住民税についてはお住まいの市町村で微妙に金額が違う場合がありますし、社会保険の扶養については130万円だったりします。

更に、扶養者がサラリーマンの場合、お勤めに会社によっては配偶者手当や家族手当が支給される場合も有りますが、会社によって被扶養者の年収要件が異なる場合も有ったりします。


実際の話として、配偶者控除を受けるために年間の収入を103万円以下にという話は今でもありますが、
時々、親の扶養の関係なのか、家族手当の話なのでしょうが、若者が103万円以下に抑えたいという話を耳にすることがあります。

これって、どうなんでしょうね。

いえ、それぞれご事情はあるとは思いますが、
自分の子供が働くことに制限を設けるという思考がどうにも理解できません。

子供が自らの意思でそういっているとは思えないんです。

経営者としては頑張って働いてくれるからもっと貢献してほしいと思っても、ご本人が意欲を感じても、そういった思いを扶養の範囲内という枷がそれを不可能にしてしまう。

なんかもったいない話ですし、
極論の話、親の方が先にこの世からいなくなるわけですので、子供が自ら生きていけるようにすることって親の役目だと思うんです。
それをもし、親の税負担や手当を理由に妨げてしまうことってどうなんでしょうね。

いっても、年齢を重ねるごとに働く場って限られてくるのは事実ですので、そこを邪魔するのって子供の将来にとってはマイナスにしかならないと思うんです。

経営者さんだって、どんなに頑張ってくれる、素質があると思っても収入に制限を設けられてしまいますと、そのようにしか扱えなくなってしまいます。

ホントに子供の将来を考えるのなら、親の税負担が少々増えようが、手当が無くなろうが子供が自ら汗をかいてたくさん給料をもらってくる方が嬉しいと思うんですが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

モチベーションの維持も大変です


豊田市の税理士いとうです。

お久しぶりですゥ
いやはや、1週間もブログの更新が滞ってしまいました(汗)

忙しさは相変わらずなもののどうもモチベーションが急降下していまして…

ヒマはヒマで違った悩みを抱えることになるのでしょうが、
仕事に忙殺され続けることが常となってきますとそれはそれでアレな訳でして…
いえ、請われて忙しいのですから嬉しい悲鳴であることは間違いないのですが、期間限定であればまだしも果てしなく続く先の見えない忙しさに直面してしまいますと時に心が折れてしまうなんてことも…

年末調整から確定申告へと続く繁忙期を凌いだと思ったらもう目の前に年末調整の足音が聞こえてきました。
ついこの間終わったと思ったのに、何と時間の経つのが早い事。

少しはノンビリできると思っていた初夏から秋の閑散期も全くゆっくりする暇も無く…

なんて、愚痴ったところで、
私のモチベーションが上がろうが下がろうが、目の前のやらなければならない仕事が消えてなくなるわけではありません。


他の方々のことは分かりませんが、
私の場合、年に数回はこんなモチベーションがダダ下がりの時期があります。

何って明確な理由がある訳ではありませんが…
強いて言えば、年々落ちていく体力で今のような業務を続けることが出来るのだろうかという漠然とした不安感なのかもしれませんし、
毎日毎日の目の回るような忙しさから逃げ出したいという思いなのかもしれません。

ただ、なんとなく分かっているのはこういったスランプに陥る時って、
難しい案件を何とかやり切って、ふと日常通りの忙しさに戻った時なんですね~

大体数日で戻るものなのですが、今回はちょっと長引いています(汗)

とはいいましても、モチベーションを戻す特効薬なんてありません。
【迎え酒】ならぬ【迎え仕事】で知らぬ間に乗り切るしかないことは分かっているんですけどね(苦笑)


こんな時は新規オファーをいただくに限る!

って最後に営業でしたッ


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

時間を巻き戻すことは出来ません


豊田市の税理士いとうです。

つい先日、スマホ用のハンズフリーイヤホン購入したのですが、調子は…バッチリです~

加えて、先々月に申し込んだスマホの料金体系【カケホとデジラ】(by:AU)が先月から適用されていますので、固定電話を使わずに専らスマホで電話してます。
ちなみに先月分の請求は…メチャクチャ安くなっていました♪

更に、これまでは左手にスマホを持って電話をしていたのですが今はイヤホンのおかげで両手がフリー~

当初は運転中の電話対策であったのですが、いざ使い始めますとPC画面に向かいながら両手がフリーというのは予想以上に便利なことが分かりました!

怒られてしまうかもしれませんが、時には電話しながら他の仕事をしつつ…、いえ、決して無駄話をしている訳ではありません(汗)


今日のネタです~

何度かブログでも書いていますが、税理士は中小零細企業においては最も身近な士業であることは間違いないと思います。

他の士業とは異なる大きな特徴は事業者と税理士の関係が長期間に渡り、かつ日頃の接触頻度が高いことです。
契約にもよりますが一ヶ月に一回とか隔月に一回といった頻度で接触することになります。


法人を設立しようと考えた時に関係する最初の士業といいますと行政書士や司法書士という場合も多いでしょうから、税理士の仕事が税金の計算と認識してしまえば、設立と共に必要かと言われれば不要なのかもしれません。

決算の時に頼めばいい~

自分自身で決算をすればいい~

決算なんてまだ先の話~

ええ、その通りです。


ところが、決算の段になって期限も迫りつつある中で税理士を探したとして、引き受けてくれる経営者さんの望むような税理士に出会えないかもしれません。
仮に決算間際に引き受けてくれる税理士に出会えてとしても、過ぎてしまった時間を巻き戻すことは出来ません。
顧問税理士なら当然のごとく処理しているであろう税務上のアレコレがなされていない結果、法人にとって税務上不利な事態となっていても何とも出来ないということです。


更に…
行政書士や司法書士に法人を設立してもらったというケースで、機関設計や役員構成等が中長期的視点から見た時に考え得るベストなのかに疑問を持ってしまうことがあります。

いえ、行政書士や司法書士の仕事が怠慢とかいう事ではなくて、経営者さんの言うとおりの内容を法律に照らし合わせて確実に遂行してくれていることは間違いありません。

が、経営者さんの認識していない部分に思いを馳せて、選択肢を提供したり説明をしているかどうかは分かりません。


実際に、最近設立したとある法人の定款を拝見させていただきながら経営者さんと話をしていくうちに、近い将来に定款変更をしなければならない事が発覚しまして…

登記事項ですので登録免許税も必要になってしまいます。

でもこれって、経営者さんの話をよく聞いて、きちんと打合せをすれば対応できたことなんです。

税理士なら、中長期的な事業の展望について経営者さんにアレコレ伺うでしょうから多くの場合はそれに備えた定款にしておくことをアドバイスできると思うんです。


繰り返しになりますが、中小企業に関する税理士の仕事って長期的サポートする事を想定していますので…

税理士は関与先の法人が継続していただくことで収入を得ることが可能になる職業です。
そのために色々知恵を絞る仕事なんです。

これから法人を設立することを検討していらっしゃる方は、是非とも税理士と話をしてみることを是非ともお勧めしたいです。

今回のようなケースに遭遇することになってしまったのも設立時にご縁がなかったと言えばその通りなのですが、
それを伝えなければならないのはなんともやるせないものですので(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

ヤバいです!


豊田市の税理士いとうです。

朝晩は大分涼しくなってきましたので衣替えをし、スーパークールビズを封印していますが、
シャツを長袖にしたものの、上着とスラックスは春夏用を着用しています。

で、スラックスが…キツい(汗)

スーパークールビズ期間中に太った?

いえいえ、言っては何ですが滅茶苦茶仕事をしていたし、食欲もなかったのですが…
確かに、椅子に座って、車に乗って、お客さんで打ち合わせをしての毎日で、運動らしきことは何もしていなかったと言えばその通りですが、運動を全くしないのは今に始まったことではないものの、やはり年を取るということは新陳代謝が悪くなるということなのでしょうか?

体重は増えていないのにも拘らず、お腹周りにお肉が蓄積されてしまったようです。

私の持っているスーツはパターンオーダーばかりですので、このままではウエストを全部直さなければならなくなってしまいます(滝汗)


という訳で、本日より、【チームウエスト-2センチ】を発足させます。

チームの設立趣旨は鉄板ですが、運営方法、目標達成のためのロードマップはこれから練ることとします~

出来ましたら今月中、いや来月中にはチームを解散したいなぁ


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

敷居を低くしてファーストコンタクトしてもらう


豊田市の税理士いとうです。

台風18号はどうにか峠を越えそうですので、今日の外回りは予定通りこなせそうです。
でも、これから台風が接近する地域の皆さんはくれぐれもご注意くださいね。

さて、近頃はインターネット上で事務所アピールをする税理士事務所も増えてきています。
ウチもその一つですが…

で、当然のごとく経営者さんも色々ネットで調べ物をするのでしょうが、
全く関係ない事を調べていても税理士事務所の広告に出くわすことがあるようです。

経) ネットで調べものしていたら、【会社設立無料】って出てたけどホント?
   会社設立する時って税金かかったよね~

税) ええ、定款認証料や登録免許税がかかります。
   きっと、報酬がタダって事じゃないですか?

経) でもね、2年間はその事務所との契約が必要なんだって

税) そりゃそうでしょう。
   報酬ゼロで会社設立して自分で経理や申告をするからとか他所の税理士事務所でお願いするって言われたらアレですからね。
   ちなみに、ウチだって設立は行政書士や司法書士に依頼しますが、ウチが窓口になって汗かかしていただきますので設立だけのオファーは引き受けませんよ。

入口の敷居を低くしてその後の料金で設立時の労力を回収するという方法ですね。
王道と言える営業手法だと思います。


税理士業界においては、事務所替え案件を拾うことはしがらみが色々ありますので積極的になり難い部分があります。
となりますと、自ずと新規創業者に向けた営業活動が中心になると思います。

創業者に対する事務所のサービスとしては他にもお試し期間を設けている事務所、開業数ヶ月は無料の事務所、創業に関する相談が無料の事務所etc…

ウチは全て当てはまりません~
新規の面談も有料ですし、開業月から料金も発生しますし、お試し期間もありません。
以前は何らかの新規創業者向けサービスを行っていましたが、今は特に行っていません。

本来でしたら、入口の敷居を低くしてファーストコンタクトをし易くする工夫が必要で、実際にお会いして実を評価していただくべきなのでしょうが、今やそこまでの受入余力もありませんので勇気を持って(?)コンタクトしていただいた納税者さんへしっかりと対応させていただくというスタンスになっています。

ただのサボりという噂もありますが(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

決算時には自社の株価評価を行いましょう


豊田市の税理士いとうです。

企業の継続・繁栄の一番の王道は利益を計上して内部留保し、それを投資に回すことだと思っていますが、
利益が蓄積されてきますと、会社の価値=株価が上昇することになります。

税理士関与の中小零細企業の場合は、ほとんどの場合、経営者(親族)=株主となっていることが多いと思いますので、ご自身の経営する会社の株価が上がるということは、経営者(株主)の財産が増えるということになります。

証券会社で購入する上場企業の株式でしたら、売却して現金(流動化)とすることが出来ますが、ご自身の経営する会社の株式を現金化することは普通は出来ません。

何って、経営者さんにもしものことがあった場合、相続が発生してしまった時に財産としてカウントされますが、不動産同様納税資金としては活用し難い財産となってしまいます。


世間では、来年からの相続税の改正に向けて、セミナー等相続に関する動きが過熱していますが、
経営者さんについては、ご自身の経営する会社の株価を是非把握しておいていただきたいと思います。
相続の云々という面だけでなく、自社の状況把握という意味でも利益状況、資産状況とセットで把握していただきたいと。

常にチェックする必要はありませんが、一年に一度、決算時に。

自社株評価については、凄く大雑把に言ってしまえば、純資産を株式数で割って目安にすることが出来ますが、タイトな株価を計算するのはなかなかご自身では難しいとは思いますので顧問税理士に相談して下さいね。

あと、自社株評価を依頼する場合は別途税理士に対する料金が発生することもありますのでそこもご確認を!


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

65歳まで払うの~


豊田市の税理士いとうです。

なんか65歳まで年金を支払うようにするって新聞報道が…

よくよく考えてみますと、定年延長(65歳)が決まった時点で既定路線だったのかもしれません。

会社員の場合は、勤務日数、勤務時間によっては60歳以後も社会保険に加入する必要がありますが、
社会保険の加入要件を満たさない働き方や無職となりますと国民年金の納付義務は無くなっていました。

が、年金を65歳まで支払うことになると前述のような方々は国民年金に加入し直さなければならなくなります。

結果、60歳引退は余程金銭的に恵まれた方しか選択できない事になります。

60歳からの5年間を自助努力で何とかするだけでなく、負担も負わなければならない。
年金支給年齢が上がることは予想していましたが、まさか保険料負担が延長という方向に向かうとは青天の霹靂と言えるニュースです。


ここまで言っていいのか分かりませんが、
正直、私自身は公的年金の受給については期待していません。

もしかしたら、私位の年代か私より若い世代はそう思っている方ってそれなりにいらっしゃるのではないかと思っています。

ただ、義務(釈然としない部分はあるものの)ですので保険料は納めています。見返りを期待せずに…

でも、義務を履行しなければならない期間が延長されてしまう。

ホントに真実の年金財政を、お手盛りでない姿を示していただきたいと思います。
夢物語、絵空事はもう結構ですので…


ところで私の場合は折に触れて60歳引退を宣言していましたが、少々方向転換しなければならないようです。

でも、正直なところ60歳を過ぎてフル稼働で税理士業務を続けていく自信がありません(汗)

だって、40半ばの今の体力と脳ミソでさえいっぱいいっぱいですので…

こんな事どう考えたって60歳を超えて続けることが出来る訳ない。
…もしかすると50代半ばでも無理な気もします。


そうか!
だからスタッフを雇って、スタッフに顧客担当を任せるんだー

今頃気づくまでもなく、分かりきっていた話なのですが(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

FC2大丈夫?


豊田市の税理士いとうです。

ウチのブログはFC2なのですが、FC2の創業者や関連会社が家宅捜索を受けています。

FC2ブログが無くなる事はないとは思うものの、お引っ越しも検討しておく必要があるかもしれません。

ちなみにウチのブログは好き放題書いているものでして…
顧客の会計や税務データ等とは違ってバックアップなんて取っていませんので、突然終了~となってしまった後ではどうにもなりません(汗)

せめてバックアップ位取っておく必要がありますね。

にしても、お引っ越しするなら、
livedoorブログかアメブロか?
はたまたWordPress?

いずれにしても時間が無いのに面倒極まりないと思うものの、
FC2に問題があってのことですとこのまま使い続けることも出来ません。
そこは面倒でも、問題のある企業の商品を使い続けるという選択肢は無しにしなければならないと思っています。

いっそのことこれを機にブログ閉鎖?それとも真っ新の一から出直し?

それはそれでアレです(悩)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

~予告~ HPリニューアル


豊田市の税理士いとうです。

今日から10月です。
もう今年もあと3ヶ月しかありません(汗)
なんか歳をとる毎に1年が過ぎるのが加速していく気がするのですが…


ウチの公式HPですが、リニューアルすることになりました。

おかげさまで「豊田市 税理士」という検索ワードではトップページの上位にランクされていますが、
色々思うところがあり、デザインをリニューアルし、PC用サイトをスマホサイトに自動変換する機能を追加することになります。

平成22年にHPの運用を始めてからシコシコ地道に加えてきた記事も200ページ近くになりますが、
導入時に雛型を用意してもらったものの、残りはほぼ全て自前の作業ですので素人っぽさを感じるようになってきたのも事実です。
それはそれで味があるのかもしれませんが、デザインをもう少し洗練したものに出来れば…なんて思ったりしまして。
もちろん、努力(?)の結晶である記事は温存しつつ…

実のところ、デザインはともかくとしても税理士を探すのにスマホがどの位使われるのかは微妙なところかもしれません。

事実、アクセス状況を見てみますと、スマホとタブレットを合わせても5%~15%といったところですし、税理士を探すという目的で検索した結果かどうかも分かりません。
何らかの調べもので覗いていただいたのかもしれませんし…

最近はスマホ対応の会計ソフトに入力できるソフトもあるようですが、会計ソフトを導入するという意味ではやはりPCに利があると思いますし、
事業を営むのであれば、やはりPCは必要な気もしますので…

ただ、スマホやタブレットの普及率はこれからも上がっていくとは思いますし、
何より会話の中ですぐにネットに繋いでHPを見ていただく際に小さな画面でPC用サイトが表示されても見る気にならないこともあるかと。


そんなこともあって、特段営業らしきことをしていないウチにとってHPが24時間働いてくれる大変優秀な営業マンであることを考えても、投資して良いかなぁなんて思っています。
これまでの実績からしますと投資効率としては社長賞ものの働きですし…
フルモデルチェンジ(?)というのかお化粧直し(?)をして更にバンバン働いていただきたいなんて思っています~


ただ少々問題なのが、作業が今月~11月にかけての作業となりますのでその間のHPの閲覧は可能ですが、コンテンツや記事の追加等は出来なくなります。

ということは…
作業中は確定申告受付サイトのUPが出来なくなってしまいます(汗)

流石にそれはキツイので作業時期を調整しつつ、追加等が出来るうちに今年の確定申告受付サイトをUPしようと思っています。

なので、ちょっと早目のUPになりそうです。

早目の受付開始&早目の受付終了(前回同様、年内終了予定)で今年の確定申告に臨むことになりそうです。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ