知ったかぶりして大火傷


豊田市の税理士いとうです。

今日も仕事してますよ!
今は仕事の合間のちょっとした休憩時間です(笑)


最近、顧問先の経営者さんとの話の中で挙がることがあるのですが、
とんちんかんというのか、相手を見ていないというのか、???な事って結構あるようですね。

とある経営者(30代)さんと信用金庫の担当の話

担: 預金だけではアレですので金融商品をお持ちになっては如何でしょうか?

(ちなみに経営者さんは金融商品にも投資しており、そちらも大変明るい方です)

経: へぇ~、何がお勧めなの?

坦: 国債なんか如何でしょう?

経: ・・・(フリーズ)なんで?

坦: 私FPの資格を持っているのですが、やはり国債は安定していますので!

経: ・・・考えとくヮ (チ~ン、終~了!)


って、月次の仕事が終わり、いろいろ話をしていた際に伺いました。
投資って各々の判断ですのでどれが正解不正解という訳ではありませんが、
よくよく相手を見て話をしないとエライことになってしまいます~

まぁ、経営者さんはお若いのに人間が出来てるというのか、
いくらでも担当を追い込むことも出来たのに…
要は、話をする価値も無ければ、時間も勿体無いと判断なさったようです。


ちなみに、私もよくお客さんと世間話をしますが、ある特定の話題については私からは触れないようにしています。
主義主張の絡む話やスポーツの贔屓のチームの話。

あと、よく分からない(詳しくない)話については知ったかぶりをしないように気を付けています。
大風呂敷を広げた後では失った信頼を取り戻すことは大変ですからね(汗)

ところで金融機関って最近やたら金融商品を勧めてくるのですが、何なんでしょうね?
勧めるのは勝手ですけど、金融商品って中途半端な知識で販売できるものではないと思うのですが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

個人事業者の太陽光発電って…


豊田市の税理士いとうです。

太陽光発電については何か雲行きが怪しくなってきていますが、
既に設置、稼働している方にとっては償却資産税の申告や確定申告がもう目の前に迫ってきています。

そんな訳ですので、個人事業者の太陽光発電(全量売電)についてアレコレ整理してみようと…


償却資産税については、事業用かどうかに拘らず発電出力が10kw以上(=全量売電)の場合は償却資産税の対象になりますので申告の必要があります。
また、市町村によって期間が異なるかもしれませんが、「課税標準の特例」の適用を受けることが出来ます。
適用を受けることにより3年分の償却資産税の対象となる課税標準額が2/3になりますので、「経産省の認定通知書」と「電力会社の電力需給契約に関するお知らせ」を忘れずに添付して下さいね。


確定申告については、原則は雑所得で一定条件に該当する場合は事業所得になります。
一定条件については規模や設備の状況、管理状況等を総合的に判断する必要がありますので顧問税理士に相談して下さいね。

以前ご相談いただいたのですが、国金から事業資金としての融資を受けた=事業とは言い切れませんのでお気を付け下さい。

もし自己所有の事業所の屋根に10kw以上の太陽光発電設備を設置して全量売電した場合、太陽光発電のみで事業といえない場合は事業所得ではなく雑所得になります。


更に全量売電については消費税法の適用を受けます。
消費税の課税の対象となる取引4要件は、
①国内において②事業者が事業として③対価を得て行う④資産の譲渡、貸付並びに役務の提供
となっており、事業とは独立・反復・継続して行うことです。
従いまして、所得税法上の所得区分は雑所得でも売電収入は消費税法上の課税売上になるのでしょうね。

所得税法上は事業所得ではなく雑所得でも、消費税法上は事業として課税の対象となり、固定資産税(償却資産税)法上も事業用資産として課税の対象となる。

ん~、分かり難い反面、こういうところがちょっと面白かったりします。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

士走です


豊田市の税理士いとうです。

とんとブログの更新が滞ってしまいました…(汗)
2週間弱…きっとブログを書き始めて最長のおサボりです。
上のカレンダーの青字にアンダーラインが記事を更新した日で、白字が更新していない日…

11月は(も)忙しかった~
内容の濃~い9月決算法人に年末調整の準備、新規オファーへの対応…

でも、意外と精神的には参っていません。
とても良い精神状態で馬車馬のように働いています。


ところで今日で11月の平日最終日で来月になると年末調整が始まります。

ブログの題名ですが間違いではありませんよ、師走→(税理)士が走るです(笑)

10月決算法人と年末調整…来月は11月よりも爆走しなければなりませんが、
何とか今年の仕事納めを29日と出来るように頑張りたいと思っています。

って、12月の顧問先さんとの打合せの日程をスケジューリングしているのですが、
かなりヤバイ状況です。
早目にスケジュールを組んで何とかこなしたいと思います。

という訳ですので、顧問先の皆さん、打合せ日の日程を早目にご連絡させていただきますので、
ご協力の程、お願い致します~


先月末よりHPの改修作業中なのですが、ようやく昨日デモ版が完成しました。
チェックしましたら修正をしていただかなければならない部分が結構ありましたのでリニューアルが遅れそうです(汗)
って、メール無料相談は11月末で一旦打ち切りなのですが、既存のHPをいじれないのでそのまま…
早いとこリニューアルしないと困るのですが…



↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ 11月末までメール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

無料メール相談一時休止のお知らせ


豊田市の税理士いとうです。

今月もあと半分です。
来月からはいよいよ年末調整が本格化します。

従いまして昨年同様ではありますが、
11月いっぱいで無料メール相談を一時休止させていただきます。
再開は来年3月中旬以降の予定…、確定申告終了後です。

来月からは怒涛の繁忙期に突入しますし、既存の顧問先さんの業務を優先しなければならないことは言うまでもありませんので何卒ご理解いただければと…

更に、これまでは新規関与の受付もセーブせずに続けてきましたが、
ついにセーブせざるを得ないとの結論に達しましたので、平成26年分の確定申告の受付を12月末までとするのに加え10月~2月決算法人の受付も中止(現時点では無期限です)させていただくことになりました。

尚、3月~9月決算法人の新規受付につきましては引き続き大歓迎です~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

明日は休業します~


豊田市の税理士いとうです。

なんかここのところ疲れが溜まってきているようでして、微熱と頭痛に悩まされています。

12月になりますと本格的に年末調整もはじまりますし、来週からはカレンダーがいつにも増して真っ黒です。
体調も戻すのも今週がタイムリミットとなりますので、明日は一日私的な予定もあるのですが業務を休もうと思っています。

ウチの事務所は基本土日休みですが、実情は私は土日もありません。
電話、メールにも対応していますが、明日に限っては電話、メールへの対応につきましても終日対応しないことになりますのでご理解の程をお願い致します。

きっちり一日休んで体調を戻したいと思ってマス


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

税を考える週間 ~無料相談会&トホホな報道~


豊田市の税理士いとうです。

11月11日~17日は税を考える週間ですが…
折しも絶妙なタイミングで大阪で「開運商法」で脱税&国税局OBの税理士が逮捕されました。

名古屋国税局管内でも10月にありましたし、大阪国税局管内では7月にもありましたよね。
なんか国税局OBの税理士の不祥事が目につきます。

国税出身の税理士さんって課税する側の組織に所属していた訳ですのでそのあたりのノウハウをお持ちでしょうし、担当していた部署に関する税務に関する知識って相当のものだと思うんです。
特に課税する側の仕組みを知っているという部分については税理士試験を合格した税理士には到底敵わない部分です。

昔からある国税出身の税理士は税務調査で云々という都市伝説(?)って訳ではありませんが、
経営者の中には税負担の不当な軽減(=脱税)を目的として敢えて国税OBの税理士に依頼するってことももしかしたらあるのかもしれません。

残念ながらそういった経営者の中には儲ける事が上手い人がいたりして事業が大きくなることがあります。
結果、儲けが増えるので脱税額も大きくなるのでしょうね。
いえ、脱税は金額の大小ではありませんのでたとえ1円でも脱税は犯罪です。
顧問先の脱税行為を逮捕された国税OBの税理士が知っていたのかどうかは分かりませんが、逮捕されるってことはそういう事なんでしょうね。


気を取り直して…
私の所属する支部では今度の土日にイオン豊田店とイオン三好店で10:00~15:30まで無料相談会があります。
当日は税理士が2名づつ、計8名の税理士が無料相談に従事します。

えっ、私ですか?
残念ながら(?)担当しません~、さも従事すると思ったでしょう。

って、最近、支部内でそういった会務に積極的に参加していただける税理士さんが増えましたので一本釣りされることがすっかり無くなりました。
そんな訳でして今年度は会務のお役目はゼロです。大丈夫、全然寂しいと思いませんので(笑)
いえ、決して頑なに拒否している訳ではありませんが希望者優先ということで…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

ラジオから聞こえてきた個人の節税術


豊田市の税理士いとうです。

珍しくお客さんへの移動中にラジオをつけてましたら、どこぞの税理士さんが登場して【個人の節税】について語っていらっしゃいました。
その税理士さんが掲げていたのが、

① ふるさと納税
② 医療費控除
③ 保険料控除

①についてはほとんどの税理士がしてるそうですが、ホントなの?ちなみに私…してません。

②は薬局のレシートもとっておきましょう。病院の診察は年内に受けましょう。

③は所得税の場合はMAX12万円の所得控除。

②③はその通りなのですが、
やむを得ず薬局で薬を購入したり、病院で診察を受けなければならない場合は致し方ないのですが、言っても薬や病院のお世話にならないことが一番の節税です。
だって、薬代や治療代>節税額ですので…
要は健康が一番ということです。

③だって限度額が決まっていますので、結局は支払う保険料>節税額な訳です。
過度に生命保険に加入してもやはり手許のお金が減ることは間違いありません。
生命保険ってあくまでも金銭リスクに対する保障ですからね。

ちなみに私、昨年の終わりから今年の3月にかけて、親不知の治療で歯医者に通ったのですが、
年間の治療費が家族合わせて10万円になるはずないと思って領収書をその場その場で廃棄してました。

すると、子どもの歯科矯正の話が急浮上し、税理士としてはあってはならぬ失態か~
でも今年の歯科矯正は無くなりましたので何とかセーフ。

いやはや危なかった(汗)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

倒産防止共済を損金(経費)にするには


豊田市の税理士いとうです。

倒産防止共済に加入している事業者さんっていると思いますが、掛金を全額損金(経費)にするにあたっては申告書に添付する書類が必要になります。

法人の場合は、
「特定の基金に対する負担金等の損金算入に関する明細書」別表十(七)と「適用額明細書」です。
ちなみに別表十(七)は平成24年4月1日以降終了事業年度から適用されています。

これは良いとして…
個人事業者の場合は、
任意の用紙で「中小企業倒産防止共済掛金の必要経費算入に関する明細書」を確定申告書に添付する必要があるようです。

あるようですってことは…知らなかった(汗)
とはいいましても該当する個人事業者さんは関与先にはいらっしゃいませんので助かった~

実務上、添付しないとやっぱり否認されるのでしょうか?
って税理士関与ならまだしも、ご自身で申告してたり、商工会関与の場合ってかなりの確率で添付漏れとなっていると思うのですが…


で、ふと思ったのですが倒産防止共済に加入する個人事業者は一定の要件に該当すれば、法人に契約を引き継ぐことが出来ます。引き継ぐ価額って解約返戻金?
となると、掛金納付月数が12ヶ月未満の場合は解約手当金は0円…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

悪夢の再来


豊田市の税理士いとうです。

思い起こせば、かれこれ1年前の恐怖…

~ 夜中の来訪者 ~ 

そんなことは記憶の彼方に追いやられていたのですが、何やらまたもや換気口の辺りからまたイヤ~な音が…

だけど1年前に換気口を針金で侵入出来ないように補強したのでそんなはずはない!
じゃあ今度は何だってことになるのですが、1年前の恐怖がフラッシュバックしてとても正体を確認することが出来ません。


そこで、登場願いました配偶者殿

もう手慣れたもので中を確認しますと…


で、中に居たのはやっぱりというのかまたしても黄金バット君(汗)

絶対侵入できないと思っていましたが、外からよく見るとほんの少しスペースがあるではありませんか~
たかが1.5cm程度のものですが、唯一の侵入口からまたもや居付いてしまったようです。

配偶者殿に外に逃がしてもらったので、ヘタレ税理士は安心して防御壁の作成に取り掛かります。
外側からでダメなら内側からとネットを掛けて、今度こそ絶対侵入不可能の防御壁が完成しましたッ


しかし、1年ぶりに配偶者殿の後ろ姿にホレる~、なんて頼りになるんだ~

今回は娘も居ましたので、ウットリとお母さんを見つめるヘタレお父さんと頼もしいお母さん、さて娘にはどう映ったのでしょうか?

聞くのが怖い…
でも無理なものはムリなんです~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。


適用額明細書の区分番号は毎年変わってマス(汗)


豊田市の税理士いとうです。

週末はお客さんとの打合せが1件だけでしたので事務所に籠って内仕事。
9月決算法人の申告書を作成してました。

ところで、法人については平成23年4月1日以後終了事業年度から法人税関係特別措置の適用を受ける場合は、【適用額明細書】を法人税申告書と共に提出する必要がありますが、この適用額明細書って当初は誤りがあったようです。
よく分かりませんが、法人の税理士関与割合って結構高いと思いますので、要するに税理士事務所のミスの確率が大?

いっても、適用額明細書を添付するようになって3年以上経過していますので、ミスも少なくなってきているとは思いますが、適用額明細書の区分番号って毎年の税制改正に伴って変更があります。

ええ、バラシちゃいますと税務ソフトがほとんどの項目を適用額明細書に連動してくれますのでそうそう気にする必要はないのですが、もしも申告書に連動していないと正直しんどいですね。

でも、全ての項目が連動される訳ではありませんので手入力しなければならない場合があります。
別表16の減価償却関係はどうも別表から連動しないようですので手入力…
尚且つ、区分番号が変わってる~

国税庁のHPの【適用額明細書に関するお知らせ】に区分番号一覧表や区分番号の変更箇所一覧表がありますのでそれを確認して…
おっと、太陽光発電設備の関係も以前の区分番号と変わってました~

ん~、復興特別法人税は一年前倒しで終わるのですが復興特別所得税はまだまだ続きますし、適用額明細書もまだまだ続く…
早く終わってくれないかな~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

HPリニューアル中につき…


豊田市の税理士いとうです。

先週半ばから弊所HPのリニューアル作業中です。
とはいいましても、プロにお任せしていますので私は何もしていません。
って、もちろんアレコレ打合せはして、現在作業に入っていただいております。

おNEWのHPが完成するのは今月中旬から下旬にかけての予定となっています。

ちなみにリニューアル前のHPですが現在も閲覧可能ですし、HPからのお問合せも可能ですのでウチの優秀な営業マンは休むことなく稼働し続けていますので、新規関与のお問合せは何の問題も有りません(笑)
でも、ログインが出来ませんのでHPに記事を加える事や修正することが出来なければ、訪問者の数も検索ワードも知ることが出来ません(汗)

そもそも3週間程度はこうなることは事前に承知していましたので今年はちょっと早目の確定申告の受付を開始したのですが、正直、キャパオーバーの状況になりつつありまして…
受付を止めてしまおうか、人数限定にしようかと思うものの、HPをいじれない(汗)
リニューアル完了まではこのままで行くしかありません。

なんか、リニューアル自体は楽しみなものの、複雑な心境です…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

信に値するかの検証を!


豊田市の税理士いとうです。

誰しも【節税】という言葉には弱いものですが、最近どうも困った営業マンが増えてきているように思います。
きっと節税に対する納税者の意識が高まってきていることの影響もあると思うのですが、
税務の知識が十分備わっている訳でもないのに安易な節税擬きを口にする営業マンに困ることも度々。

自宅(名義上の本店所在地)の火災保険(建更)の更新に際し、会社の本店となっているので会社の経費にできると言い切ったJ●の営業マン。

いえ、名義上の本店ですのでそこでの事業実態は全くありません。
あったとしても経営者さんが会計ソフトの入力する位です。

大体ですね~、そんな事が認められるなら税理士がとっくにアドバイスしてますよ。
というよりもそんなんが認められるなら世の中の中小零細企業の本店所在地は全部社長の自宅に決まってます。

営業成績確保のためなのか、顧客への素晴らしいアドバイスと思ってるのか分かりませんが、現状確認もそこそこで安易な事を口にされると周りがとっても迷惑なんです。
もしも税務上の問題が発生したとしても責任を取る訳でもないし、下手すると税理士のせいにするんでしょう。

そんな営業マンにいちいち文句言うつもりはありませんが、無責任な発言を真に受けて経営者さんがウチに電話してくるワ、丁寧に説明せにゃならんウチの身にもなってくれ~

ちょっと話は横にそれますが、
経費を漏らさず計上することは大事な事ですし、節税大いに結構ですが、会社と個人はきちんと分けなければいけません。
個人で負担すべきものを少しでも会社の経費にしようという思考を持っている経営者さんって小銭は節約できますが、事業として成功できるのだろうか?と思ってしまいます。
事業ってそんなものなんでしょうかね?
思うに、事業として成功している、業績が伸びている経営者さんってそういった思考回路を持っていないことが多いと思うんです。
きっちり公と私を分けてます。
ええ勿論、公の部分に関して可能な限りの節税を顧問税理士に求めますが、その場限りのカネを使って後に何も残らないような節税を口にしようものなら怒られてしまう方々だと思うんです。
その場限りのカネを使うなら、利益の一部を税金として払って残った利益で事業を運営していくという方々が事業を成功させていくんです。


節税意識を持つことってとても良いことだと思いますが、節税意識の高まりと共に無責任な発言も増えてきています。
情報は確かに入手し易くなりましたが、故に情報の真偽を見極める能力が益々重要になります。

残念ながら営業マンとかコンサルタントの一部の人間の節税話って疑ってかからなければなりません。

知人の節税に関する武勇伝?とか、営業マンの甘~い話の際はその真偽、是非をまずはご自身の頭で考えてみてくださいね。
くれぐれもご自身に都合の良いように解釈するのではなく、中立の立場で世の中の一般常識も加味して…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。

寄稿した月刊誌が届きました


豊田市の税理士いとうです。

今日、寄稿をさせていただいた月刊誌が手許に届きました。

文章を書くことを生業としている訳ではありませんので、乱筆でお恥ずかしいばかりではありますが、でもちょっと嬉しい部分もあったりします。
月刊誌と一緒に編集者の方からも直筆でメッセージをいただき有難く思っています。


寄稿といっても税務に関する云々ではありませんし、余程何かない限りはこんな機会もないと思っていますが、
いい経験を出来たと思っています。

ホントは雑誌名も載せた方が良いのかもしれませんが、ワタシ恥ずかしがり屋さんなので止めておきます。

一応、ブログに掲載している写真と同じ私の顔写真が使われていますので、なんかの拍子でお手に取ることがありましたらこっそりお一人でお楽しみください。
いえ、ブログではたまに冗談みたいなことを書いてますが、私なりに結構マジメに書きましたので笑いは期待しないでくださいね(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

メール無料相談につきましては、こちらをご一読のうえご利用いただきますようお願い致します。