市民の税金5万円が飛んでいったー


豊田市の税理士いとうです。

私の住む豊田市の市役所ですが、地元が本社の某巨大自動車メーカーからFCV(燃料電池車)MIRAIを購入したそうです。

今朝の新聞で目にしたのですが、
試乗で使いまくった結果、燃料が底をついてしまい何と兵庫県の尼崎までトラックに載せて燃料補給に行ったそうです。

水素ステーションは今後整備されていくようですが、現在稼働しているのは4ヶ所で最も近いのが尼崎だったようです。

片道240㎞で輸送代5万円。

担当者の自腹? な訳ありません。

試乗した人から料金を徴収してるの? 試乗イベントは無料のようです。(土日のイベントは中止のようですが…)

もしかして市民の税金? おそらくビンゴ!


何やってるんでしょうね~、
飽きれてモノも言えません。

使えば燃料無くなるに決まってるでしょう~

エコフルタウンもよし、公共サービスって収支で云々だけでないことも理解しているつもりですが、
ちょっと考えれば分かることで無駄な税金の使い方はして欲しくないですね~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

7万円で確定申告やってくれる~


豊田市の税理士いとうです。

とある広告ですが7万円で確定申告(事業)をやってくれるそうです。

領収書や請求書、給与明細、通帳の写し等を郵送すれば全部お任せで確定申告をしてくれるのようですが、いわゆる作業代ということなのでしょうね。

常々思っていることですが、
領収書って事業主さんに聞かなければ分からない類いのものってあると思いますし、悪意をもって個人的な支出を事業の経費としているつもりは無くても、事業を始めて領収書をもらう習慣がついてしまうとうっかり個人的な支出に係る領収書が紛れ込んでしまうことってあると思うんです。
そのあたりってどのように確認するのでしょうか?
スカイプでも使えばいいのかもしれませんが、そもそも依頼する側が対応できるの?

まぁ、余計なお世話ですね(笑)


ちなみにウチの場合は後々使途を思い出すのに困らないように領収書の裏にメモ書きすることを勧めたり、
領収書ではなくてレジシートを保管することをお勧めして支出内容が明白になるようにお伝えしています。

とにもかくにも、
あくまでも私個人の意見ではあるものの、Face To Faceでなければ仕事をお引き受けする勇気がありません~
あっ、そもそもそんな受入容量ないですし…(汗)
というよりも、この時期に何の整理もされていない領収書の束が次々と郵便で送られてくるっていうのも考えてみますとゾッとします。
今でさえ、年一の関与先さんの一年分の書類をお預かりしてくるだけで目の前がクラクラするのに…


ウチも一応HPがありますので料金のお問合せをいただくこともありますし、ウチの料金をお伝えした結果、ご縁のなかった方もいらっしゃいます。
依頼する側の納税者にとって確定申告のコストが安くなることは喜ばしいことでしょうから、料金で躊躇される方には商工会をお勧めするのですが、中には料金のことはあるものの、税理士に依頼したいとお考えの方もいらっしゃいます。
そういった方には、料金って税理士事務所によって違いますので、他所の税理士事務所にも相談してみることをお勧めするのですが、前述の事業者の事もお伝えしてみましょうか?


ただですね~

税理士選びって、料金だけで決めるものではない事は事実だと思っています。
料金が安いってことは、キホンそこまでの仕事って場合が多いでしょうし、経験の浅い担当者かもしれません。
ホントの意味で細かな部分までケアしたり、ベテランの職員(=給料の高い)職員が担当していては税理士事務所の経営が成り立ちませんので…

逆に料金が高い=いい仕事と必ずしも言えない部分も否定できませんが…

えっ、ウチはどうなの?

相場と比べて高くはない、むしろ結構お値打ちだと思っていますけど、どうなんでしょうねー(笑)



↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

納税は出来ても還付を受けられない口座


豊田市の税理士いとうです。

早い方はもう確定申告が終わったかもしれませんが、多くの方はこれからだと思います。

確定申告で納税の方は納付書で3月16日までに金融機関で納めるか、口座振替の手続きをして4月20日に納めるか、はたまた電子納税っていう方もいらっしゃるかもしれません。

一方還付となる方については、金融機関の口座へ還付してもらうか、最寄りの郵便局で受け取るかになります。


さて、振替納税又は口座への還付の場合は、納税(還付)者ご自身の名義の口座でなければなりません。

で、個人事業者の中には金融機関の口座名が【屋号+氏名】となっている場合があります。
正確にいいますと、その場合でも【屋号+氏名】の場合と【氏名のみ】の場合がありまして、いずれになっているかは通帳の中表紙を見ていただければ分かるのですが…

中表紙が【屋号+氏名】となっている場合、納税申告ならば特に問題ありませんが還付申告の場合は還付が出来ません。

ウチで例えますと、
通帳の表表紙が、【伊藤税理士事務所 伊藤】となっているとします。

中表紙が【イトウ】なのか【イトウゼイリシジムショ イトウ】なのかという違いです。

というのも、後者の場合は還付先が【氏名】ではなく、【屋号+氏名】ですので…


これまでずっと納税申告だったのに、たまたま還付申告となった場合に、これまで納税していた口座を還付先として申告書を提出すると…

ちゃ~んと還付できない旨の通知が送られてきます(汗)


ええ、25年の申告でやっちゃった実体験です…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

節税を勧める側の説明責任を思う


豊田市の税理士いとうです。

所得税の計算において支払った金額が全て所得控除の対象となるものがあります。
社会保険料(国民年金、国民健康保険を含む)、国民年金基金、小規模企業共済等がありますが、確定拠出年金(日本版401K)もその一つです。

確定拠出年金の詳しい制度の話は今回は省くとして、
401Kについては国民年金基金、小規模企業共済と比較されますが大きな違いがあります。
それは運用責任が掛金拠出者に委ねられることであり、運営管理機関を選択できることです。

運用責任については、
運営管理機関毎に数種類から十数種類の商品が用意されていますが、どの商品にいくら拠出するかは拠出者本人が決めることになりますので、将来的な受取額は運用次第であるということです。

運営管理機関については、
証券会社や生命保険会社、損害保険会社、銀行等の中からこれまた拠出者自身で選択することになりますが、商品ラインナップだけではなく、日々かかる管理手数料も検討しなければなりません。


と、401Kは拠出者の選択の余地が非常に多い制度と言えます。
そういった意味もあってか、企業型確定拠出年金については、努力義務ではあるものの導入時教育及び導入後の継続教育が法律上明示されています。

しかし、個人型となりますと…

折しも公務員や専業主婦、中小企業向けに加入対象者拡大の動きが見られますし、実際に最近は金融機関が個人型401Kを勧めてくることが時々あります。
ただ、パンフレットだけを置いていく場合もあれば、社会保険料控除を加味した節税プランニングを置いていくこともあります。

でも思うに、401Kってまずは運営管理機関の選択が重要だと思うのですがその部分の情報提供ってまず有りません。
当たり前の話ですが、金融機関の担当者は数ある運用管理機関のうちからここぞという運用管理機関を選択することは出来ないですからね~


前述の通り、確定拠出年金は小規模企業共済や国民年金基金と比べて自ら学ばなければならない部分が多く、各人の選択により結果(受給額)が大きく変わる制度であるが故に、制度の説明、提案に際しては提案側の責任も大きいのではないでしょうか?


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

経過措置がややこしい(汗)


豊田市の税理士いとうです。

確定申告ネタが真っ盛りですが、今日はちょっとこの時期にそぐわない税務ネタを…

税制は毎年改正事項があります(汗)
そもそも、税理士は税の専門家ですのでそれをしっかりフォローしていかなければなりませんが、
全ての改正を頭に叩き込むのも現実問題不可能ですので、大枠だけを頭に入れておいて実務で遭遇した際に都度詳細を精査していくってケースがあると思います。

ただ中にはややこしい改正もありまして、
例えば、復興特別法人税。
3年の予定が1年前倒しして終了しましたが、指定期間前に創業した法人については平成27年2月決算法人まではフルで復興特別法人税の申告が必要になります。
が、指定期間中に創業した法人の平成26年3月31日(指定期間の末日)をまたぐ事業年度については月数按分することになります。
ついうっかり、12ヶ月分なんてこともあるかも…


ところで、消費税におけるみなし仕入率も平成27年4月1日以後開始する課税期間から一部改正があります。

金融業及び保険業が第四種事業 → 第五種事業

不動産業が第五種事業 → 第六種事業

に変わるのですが、個人事業者につきましては平成28年分から改正が適用になります。

と、ここまでは良いのですが問題は経過措置(汗)

税務署からのパンフレット「消費税法令の改正等のお知らせ」によりますと、4つのパターンが例示として載っていますので、しっかり読んでみなし仕入率を間違えないようにしなければなりません。

こういった経過措置って厄介でして、言っても関与先さんについては慎重に確認しますのでアレですが無料相談会場等でいきなりってことになりますと思わぬミスも…

納税者ご自身がそのあたりを理解しているとは思えませんしね~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

年に一度、この時期に書くネタ


豊田市の税理士いとうです。

毎年この時期に書く記事がありまして、
このブログを継続的に読んでいただいていていただけるマニアックな読者の方からは、もう読んだと言われてしまうかもしれませんが、
あくまでも税理士ブログでして、ウチの関与先さんや既存のブログ読者の方々以外の納税者の方々のお役に立つ情報も書いていかなければなりませんので、何卒ご容赦願いたいと思います。


さて、本題。
給与所得と事業所得の計上時期の話です。

給与所得は現金主義、事業所得は発生主義にて計算することになっています。

まずは給与所得ですが、
末日〆翌月末日支払の給与の場合、平成26年でいいますと、
平成26年中に実際に受け取ったのは平成25年12月分~平成26年11月分となり、これが平成26年分の源泉徴収票の給与収入となります。

一方事業所得については、
上記と同じ条件にも拘らず、事業収入として計上する金額は、平成26年中に受け取った平成25年12月分~平成26年11月分ではなく、
平成26年中に請求した平成26年1月分~平成26年12月分となります。

ご自身で税務申告をしている納税者の方って結構ここを間違えてしまっているケースがあります。

事業収入も給与と同じく現金主義で計算してしまっているケース。
ちょっと怖かったのは、経費は発生主義でしっかり未払計上していたりして…(汗)

はたまた逆に、給与の源泉徴収票を発生主義で作成しているケース。
税理士関与でも間違っていたケースがありました。
給与の源泉徴収票を発生主義で作成していた…って時々そのあたりの誤りってあるようです。

更に、
営む事業によっては「支払調書」の交付を受けることがありますが、支払調書ってその年に現実に受け取った金額が記載されていると思います。
そう、現金主義で作成されていますので、それをそのまま使うと事業所得における収入として計上される金額としては間違った数字となってしまいます。

該当するのは毎月報酬が発生する士業や医療関係、保険代理店あたりでしょうか~

ご自身で集計した金額と支払調書の金額がずれているとなんか間違っているとお思いになるかもしれませんが、ご自身で集計(発生主義)した金額で自信を持って申告していただければ結構ですよ~

ちなみに源泉徴収票は確定申告書に添付する義務が有りますが、支払調書は添付義務はありませんので申告書に添付する必要はありません。
あっ、でも一定金額以上の場合は支払った側から支払調書が税務署に提出されていますので、誤魔化しちゃあダメです。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

確定申告が終わったら…


豊田市の税理士いとうです。

風邪薬のCMで、
あなたのカゼはどこから~、鼻から?喉から?頭から?ってのがありますが、
人それぞれ疲れてくると最初に症状というのか、予兆が出てくる場所ってあると思うんです。

私、疲れが溜まってくると歯に出てくるようです。又は何の前触れもない発熱(汗)
発熱に関しては翌日か翌々日に治まりますのでインフルエンザではないようで、要は疲れが溜まっているという体からのサインのようです。
ちなみに私、予防接種をしたことなく、ここ何年かインフルエンザにはかかったことがありません。
ホントは注射嫌い&痛いのが嫌いなだけって噂もありますが…
もしかして、●●と何とかは風邪をひかないって私のことなのでしょうか?

なんかおかしいなって兆候が見え始めましたら早目に店閉いすべきなのでしょうが、現実問題はといいますと仕事のスケジュールがそれが許してくれません(泣)

若かれし頃は、数日無茶しても一日爆睡すれば完全復活していましたが、
言っても40半ばのオッサンですので、馬力に任せて無茶しすぎますとリバウンドがキツイので結局のところ仕事が溜まってしまいますからね。
そのあたりを上手く調整していかなければならないのですが…

これまでは万年運動不足でも特に不自由を感じることがありませんでしたが、最近、少々危機感が…
夏前に決意したウエスト-2cmプロジェクトは、特に何もすることなく知らぬ間に達成してしまいました~
何って、仕事が忙しかっただけ…
が、運動した訳ではないので筋肉というものが年を追う毎に失われてきている気がしますし、早足で100m歩くと息が切れる有様(滝汗)
いえ、この時期はムリですが確申期が終わったら何とかしなければと思っています。

と思っていたところに、たまたま関与先さんからストレッチ(ヨガ)教室のお誘いが…
ヨガといいますと女性向けだと少々ハズカシイなぁと思っていましたが男性向けだそうです。
よく分かりませんが、結構筋肉もつくようですし~
しかも週1回、金曜日の夜に1時間ですので気分転換も兼ねてやってみようかなぁなんて思っています。

少し体を動かしつつ、全く接点のない方々と知り合うのもいろんな意味で良いことかもしれません。
ビジネスの云々を度外視して。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

今すぐ相談したい


豊田市の税理士いとうです。

税理士に対する一般的なイメージって事務所で書類に向かって仕事をしてるってイメージなのかもしれません。
いえ、確かにそのイメージ通りの場合も有るかもしれませんが、こと私に関しては日中はほとんど事務所に居ません。
関与先さんとの打合せで外出していますので…

それでも夕方以降は割と事務所に居ました。(過去形…)
が、ここ1,2年は夕方から夜にかけての打合せも増えてきており、特に確申期のこの時期はフル回転状態でございますので、ほとんど毎日のように夕方から夜の打合せが入っています(汗)

そんな訳でして、お仕事のオファーをいただきましても打合せの時間を確保することが難しくなっている状態ですので、確定申告のオファーを昨年末で受付終了せざるを得ない状態です。


前置きが長くなりましたが、
一応、ブログやHPで確定申告の受付終了の告知をさせていただいているのでそれなりの効果はあるようなのですが、それでもチラホラとご連絡をいただきます。

時期が時期だけに切羽詰っているのでしょう、今すぐ、今日にでも相談したいって…

お気持ちは分かりますが、冒頭に書いた通り予定はパンパン。特に日中は。
それでも何とか夕方や夜間に対応できる時間を確保したのですが…

連絡もないし、来所もない(滝汗)

昨日のご相談者は来所するなら電話するという事だったので、電話を切って考えた結果、相談しないことに決めたのでしょうね。
まぁ、その判断はご相談者ご自身がされることですので、私がとやかく言うものでもありません。
でも、一応、特急でしかも無理くりスケジュール調整&仕事の段取りの調整をしたことには違いない訳でして…(泣)

その日に初めて連絡 → すぐに相談したい → 何とかスケジュール調整 → キャンセル
という何ともトホホな結末…

こういった事をごく稀にですが経験しています。

繰り返しでしつこいようですが、相談者が決めることですので致し方ないのですが…
でも、モヤモヤするものが残ってしまうのもホントのところだったりします。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

公社債の譲渡損


豊田市の税理士いとうです。

久しぶりに確定申告ネタを~

上場株式等の譲渡や配当についてはそれなりに確定申告での経験値も上がってきているのですが、公社債って実はちょっと苦手だったりします(私だけ?)

公社債も証券会社が窓口となりますので、利金の計算書も株式や投資信託の配当と同じ計算書が発行されますし、売却も普通に出来ます。

まずは、公社債の利金については、原則20.315%の源泉分離課税ですので確定申告において考慮する必要はありません。
(一部、総合課税、みなし外国税額控除となるものもあります。)

売却については非課税、総合の譲渡所得、申告分離課税に分かれますが、
売却益が非課税のものについては、売却損となった場合でも損失がなかったものと見なされます。

実は、こういった扱いは平成27年まで。
平成28年からは償還、売却共に申告分離課税となるものが多くなります。(ちなみに外貨建てMMFも)

ということは売却損についても損益通算や損失の繰越が可能になるケースも…

実務において厄介なのは、金融商品って聞き慣れない新しい商品が出てきますので都度調べなければなりません(汗)
オプション取引、ディープディスカウント債、ストリップ債、ディファード・ペイメント債なんていきなり言われても、ワタシにはよく分かりません(滝汗)

証券会社さんへのお願いなのですが是非とも計算書に所得区分を入れていただくことを検討できないでしょうか~

何はともあれ、金融商品をお持ちの方は、取り敢えず27年までと28年からでは公社債に係る所得区分が変わるってことを頭のスミに置いといてくださいね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

確申期における平均的な受注量って


豊田市の税理士いとうです。

確申期の税理士はドMでないと務まりません~
ってのっけから言い切ってしまっていますが…

ふと、一人の税理士又は職員で1回の確申期にどれ位の申告をこなすことが可能なんだろう?って思いまして…

そりゃあボリュームや難易度でも変わるでしょうし、何年も関与してきた関与先よりも新規関与の方が時間がかかりますし、じゃあ料金なの?
料金こそ千差万別ですので比較しようがありません。
はたまた確申期には法人の打合せを一時中止して確定申告に集中するって事務所もあるでしょうから、それによっても受任可能量って変わるでしょう。

ということなので、結局のところ平均的な量って分からないのでしょうね。

私は言っても一箇所ですが税理士事務所で働いた経験がありますので、そこでの経験がメルクマールになり得るのかもしれませんが、勤務時代は法人の担当がほとんどでしたので、所得税の確定申告って量的にはたかが知れていました。
それに残業なんてほとんどしたことなかったので、年中慢性的に残業時間や休日に事務処理をしている現在の自分と同じ土俵で比較すること自体間違っています。

確かに勤務時代よりも今の方がお客さんは多いのですが、勤務時代ってなんであれほど余裕というのか、残業もせずに仕事が回っていたのだろう?
そんな感覚をお持ちの独立した税理士さんって結構いるのかもしれません。

ん~、あの頃は確申期のドタバタとは縁遠い生活だったなぁと思い起こしながら、
始まったばかりでまだゴールなんて全く見えない確申期ロードにちょっとモチベーションDOWNのようです…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

有難いお客様


豊田市の税理士いとうです。

いよいよ確定申告の時期って感じですね。
所用で税務署に行きましたら結構混んでいまして、危うくアポの時間に遅刻してしまうところでした(汗)

確定申告については、ウチの事務所も年一のお客様に対して既に案内を送ってあり、今週から書類のお預り&打合せの予定が入り始めていますし、既に全ての書類が揃ったお客様もあります。二箇所給与とか。
今年は昨年と比べて今のところ件数ベースで125%増し…相当頑張らないと大変なことになってしまいます。

ところで、
税理士の仕事ってお客さんが書類を揃えていただいて初めて成り立つのですが、最初から全て漏れなく書類を揃えるということって結構難しかったりします。
特に確定申告って言っても年に一回のイベントですので、いくら前回の申告を参考に必要書類をピックアップしてご案内しても不足って出て来てしまうことがあります。
それはそれで致し方ないのですが、その後、すぐに書類を探してお預かりさせていただけるお客さんもいらっしゃれば、いつまで経ってもご連絡をいただけないお客さんもいらっしゃる訳でして…

どちらが有難いって、そりゃあ前者。
中途半端な状態で書類を預かって溜まっていくのを目にするのは精神的によろしくありません~

中にはこちらの予想よりも早く対応してくれるお客様もいらっしゃいますので、そういうお客さんが多いと有難いですね。

という訳で、私のストレスを貯めないように是非とも早期提出のご協力をお願い致します(笑)


って、ウチの使っているソフトの26年分へのバージョンUPがまだですので準備万端でも取り掛かることが出来ない案件が溜まり始めています。
早くバージョンUPしてくれないかなぁ~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

¥って記入するの?


豊田市の税理士いとうです。

今日は少々マニアック且つど~でも良い話です。

税金の納付書といいますと、
国税ですと法人税・消費税・所得税・源泉所得税・贈与税・相続税、
地方税ですと法人市県民税・住民税(特別徴収)の納付書あたりを作成します。

近頃は法人市県民税の納付書はわざわざ県事務所や市町村に貰いに行かなくてもHPにエクセルシートが載っていますのでダウンロードすればよいのでとっても便利ですね。
個人住民税(特別徴収)の納付書はさすがにHPから拾ってくることは出来ないようですが…

何にしましても、おっちょこちょいな税理士としましては、ついつい書き損じてしまいますのでホント助かります(汗)
が、国税はそうもいかないものの最寄りの税務署に出向けば他の税務署の納付書も作成していただけますのでそういった意味では助かっております…

ところで、
国税の納付書の場合は【合計額】の頭に¥を記入して下さいって書いてありますが、地方税の場合は書いてありません。
というよりも、県事務所や市役所からあらかじめ納税額が印字された納付書には¥は印字されていません。

どうしてなんでしょうね?
別に地方税の納付書の合計額欄に¥を記入したからといって納付書を受け付けてもらえない訳ではありませんが…

ホント、どうでもいい話でした。
そういったど~でもいいことが気になるお年頃なんです(笑)


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

開業に伴う届出は洩れなく、期日までに提出しましょう


豊田市の税理士いとうです。

ウチはこれから起業される方や創業間もない方からのオファーの比率が多い事務所です。
税理士変更に伴う新規関与は割と少なめ(?)です。
世の中、どの程度税理士変更が行われているのかは分かりませんがきっと都市部の方が多いのではないかと思っています。
顧問税理士を替えるのってそれなりにエネルギーが必要でしょうから、替えずに済めばそれが一番でしょうけどね。


で、新規に創業しますと関係官庁に届出書を提出する必要があります。

【開業届】はまず提出し忘れていることは無いようですし、【青色申告承認申請書】をきちんと提出している方もいらっしゃいます。

が、稀に【給与支払事務所等の開設届出書】の提出がなされていなかったりすることがあります(汗)

役員のみの法人、専従者給与のみの個人事業者、パート・アルバイトのみの法人・個人事業者でも届出は必要ですので…

届出がされていないと、開業から遡って毎月分の源泉税を納めなければなりません。
更に、当然【扶養控除申告書】も作成していないでしょうから乙欄課税となってしまうでしょう。
更に更に、今気付いて1月開業だったとすると、【納期特例の申請書】も提出していないでしょうから、1月分~12月分まで12枚の納付書を作成しなければなりません(滝汗)

くれぐれも人を雇ったら【給与支払事務所等の開設届出書】の提出をお忘れなく~

ちなみに個人事業の場合は【青色申告承認申請書】を提出しないとご家族に支払った給料(専従者給与)は必要経費にすることが出来ませんので、
専従者給与を支払う場合は【青色申告承認申請書】の提出も必須です。
って、青色申告承認申請書には提出期限がありますので、今慌てて提出しても平成26年分は間に合いません~
但し、平成26年12月に開業した場合は開業日から2ヶ月以内に提出すればよいので間に合いますが…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

健康保険の不公平を感じます


豊田市の税理士いとうです。

熱も治まり完全復活!
やっぱり病は気から?
いえいえ、やはり常日頃のケアが大事です(汗)

今日のネタは…マニアックなお話です。

法人は社会保険への加入が強制となっています。
社会保険と言えば健康保険+厚生年金なのですが、どうも解せない事が…

業種は限られますが国民健康保険組合という組織があるのですが、一定の要件に該当すると法人でもその組合の国保に加入し続けることが出来る場合があるようです。

なのでねんきん事務所には厚生年金の届出のみをすることになり、健康保険は協会健保ではなく、国保のまま。

ご存知の通り、社会保険って従業員から徴収した保険料の倍額を納める制度ですので中小零細企業の負担は実際のところかなり重いのですが、法律の規定を遵守し加入している訳です。

が、特定の業種にだけそういった選択をすることが出来てしまう仕組みに不合理を感じてしまうのは私だけでしょうか?
減り続ける個人事業者と組合員数の減少を食い止め、組合を存続させるためにこういった特例をゴリ押ししているとしか思えないのですが…

ただ、要件がありまして、
法人を設立してから組合に加入することは出来ませんので、個人事業として組合に加入し、法人成りして継続して加入し続ける必要があるようです。
あと、健康保険の給付については組合独自の基準があるようですので、保険料の安さばかりに目を奪われると給付事由が発生した時に後悔することになるかもしれませんので、国保のままか協会健保に加入するかの判断は慎重にする必要がありますが、少なくとも法人なのにも拘らず、一択ではなく選択肢があるって事がおかしいと思うんです。


こういった不平等な制度を残している厚労省、ねんきん事務所って???
こんな特例がまかり通っているならば、法人を設立して市の国保に加入し続けるという選択も認めなければなりません。
そう言われた時にねんきん事務所はどう返答するのでしょうか?

学ばないことで、無知であることで不利益を被ってしまうというという現実は、税務に携わっている者としてひしひし感じるのですが、言っても学んで、知識を得ることで結果として平等であるべきだと思っています。
ええ、現実問題として全てが平等というつもりはありせんが、少なくとも公的な機関は限りなく平等になるように制度設計をし、運用すべきことは言うまでもありません。

つい先日、こういった仕組みを知ったのですが、益々不信感が募るばかり…
今、一部で話題の厚労省の年金マンガの内容も含めて。

へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

今年は早いぞ!


豊田市の税理士いとうです。

残念ながら仕事の進捗度ではありません(汗)

私、毎年確申期に1回熱を出すんです。
きっと疲れが溜まった結果だと思うのですが、今年はもうその1回が…

昨日から配偶者殿が発熱していまして、冗談で近寄るな!って言っていましたが、
今朝どうも熱っぽい気がしたので計ってみますと、ビンゴ~

まだ、食欲も大丈夫ですし、動ける程度の熱ですが、男って元々弱いですからあと1度上がるときっと折れてしまうでしょう~
こんな時は早目に店閉いするに限るのですが、今日は夜も打合せに出掛けなければなりませんので帰還は9時位になってしまいそうです…

この時期は特に予定がパンパンなので、私の都合で予定を変更することは避けたいですし…

健康管理にはそれなりに気を付けていたつもりですが、なってしまったものはしょうがない。
あとは気合いじゃー

皆さんも体調管理にはくれぐれもお気を付け下さいね。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

生命保険のお話


豊田市の税理士いとうです。

我が国における生命保険会社の売上(保険料収入)のトップが変わるようですね。
今回トップになった保険会社は株式会社への組織変更やM&A等々種まきを着々と進め、今回その芽が出たようです。
色々な要因がある中で、某保険会社は銀行窓口での販売にも力を入れていたようです。

販売機会を増やすという選択は全く間違っていないのですが、
契約者に対する説明といった部分はきちんとなされていたのでしょうか?
数字のためとはいえ、保険会社の職員でもない金融機関の職員がどこまで商品の事を理解し、加入者の事情を斟酌して加入を勧める事が出来るのかという疑問はあるのですが…

生命保険は言ってもかなり高額な商品です。
保険期間中、毎月、毎年保険料を支払っていかなければなりませんし、個人的にはライフステージに応じて見直しをしていくべき要素を多く含んでいると思っています。

折しも、今朝のニュースで【逆養老保険】で課税漏れ(脱税)のニュースが出ていました。
法人で契約して損金としておいて、満期間際に契約者と満期受取人を経営者に変更して経営者が受け取るという手法です。
解約返戻金が法人の益金(収入)と認定されたようです。

きっとそれを勧めた保険会社の担当はそのリスクを説明していなかったと思いますし、もしかすると顧問税理士も…

実は以前、これに近い生命保険の勧誘が関与先にありました。
その際の保険会社の説明は、保険会社の顧問税理士や他の税理士は大丈夫と言っていると…
大体、発売して日も浅い商品の出口(満期)でのトラブルのケースなんてある筈ないじゃあないですか。
ええ、私はキッチリ説明させていただきましたよ。


生命保険ってそもそも難しいですし、過度に節税目的で使おうとしますと後々大きなアレになってしまう危険ってあります。
いえ、節税目的で生命保険を活用することを否定する気はありませんが、よくよく検討していただきたいですし、少なくとも生命保険会社の説明だけで判断しない方が良いと思います。
だって、いざ問題が起こった時って保険会社の担当は変わっているかもしれませんし、そもそも保険会社は税務処理に責任なんて持ちませんからね。
パンフレットにも小さな字で書いてあるじゃあないですか、
【将来の税務処理を保証するものではありません。詳しくは税務署又は税務の専門家に相談して下さい。】
って。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら


スマホやタブレットで文章入力


豊田市の税理士いとうです。

PCのキーボードに慣れている方でスマホのフリック入力ってどうも苦手な方っていると思います。
私もその一人でして…
我が家の王子や姫を見ていますと凄いスピードでフリック入力していきますのでお父さんは完全敗北(汗)

タブレットはフリック入力ではなくてキーボード配列なのですが、画面が半分位隠れてしまいますので長文を入力するのには適しません。
タブレットで長文入力しなければよいのですが、タブレットのメリットって持ち運びであったり、起動の早さだったりします。

加えて、私のように手が大きな人間にとってはスマホの入力って良く間違えてしまいますし、視力が良くない(噂によると老眼?)のでスマホの画面はやはり小さい(汗)

そんな訳でタブレットを購入したのですが、初号機はネクサス7。
当時のスマホは5インチすらなかった記憶がありますので7インチという大きさは持ち運びを考えてもなかなかのチョイスと思っていました。
が、加齢からでしょうか7インチでもピッチアウトしないと見辛くなってきましたので、9.7インチのタブレットに替えました。

参考資料等をすぐに見るために常に鞄の中に入っているのですが、文章入力として使う場合はPCの方が早いのでタブレットを使うことはほとんどありません。
でも、ブログの更新等もいちいちPCでというのも面倒なので、いつでもどこでもタブレットで記事を書くことが出来れば楽だし、サボり気味のブログ更新頻度も少しは上がるのではないかと…


前置きが長くなりましたが、、見つけたのがコレ!
キーボード
タブレット用のキーボードは色々売っていますが、この商品はキーピッチが19mmでアイソレーション設計、重量300g。
手の大きい私にとっては通常のデスクトップPCと同じピッチというのは有難いですね。
実売価格2,000円弱

ハズレでも許せる範囲かなぁ~

って、この時期にブログの更新頻度を気に出来る私って結構大物?それとも現実逃避の兆候の表れ?


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

電子化と複合機


豊田市の税理士いとうです。

ウチの事務所のスペースははっきり言いまして狭いです(汗)
そんな訳ですので開業当初から保管書類の電子化はすぐに取りかかっていました。
今は一時保管の書類とか常に携帯する書類の分類をデスクトレー(お道具箱)で関与先毎に管理していますが、過去の申告書や各種届出書、打合せの議事録等は全て電子化して保存しています。
関与先の資料だけでなく、私にとっての参考資料も。

で、電子化に使っているのが結構メジャーなソフトであるDucuworksです。
富士ゼロックスのソフトなので、複合機も富士ゼロックス。

いえ、他社の複合機でももちろんソフトは動くのですが、スキャナで読み取った際にひと手間(今はどうか分かりませんが)必要なので、それが面倒と、ソフトに合わせて複合機をチョイスしたという訳です。

普通は複合機を決めてからソフトなのかもしれませんが…

そんな複合機ですが、導入が平成18年11月ですので現在9年目。
これまでノートラブル&トナーの交換は一度も無…
複合機を持つ意味があるのかと言われますととっても怪しい訳ですが、出力するのはカラーのみで、モノクロは全て別のレーザープリンターですのでカウンター料も基本料金を超えたことがほとんどないといった使い方。
従いまして、メーカーの保守の方曰く、使用年数にしてはものすごく綺麗なようです。
今やレーザープリンターの価格は非常に安価になっていますし、メーカーは決して推奨しませんがリサイクルトナーを使えば、ランニングコストも抑えることが出来ます。
ちなみにウチのレーザープリンターのトナーは定価38,000円のものがリサイクルトナーなら7,600円ですからね。
トナーのスペックは10,000枚印刷できることになっていますので計算上は1枚0.76円となります。
複合機のカウンター料金の相場が下がっているとはいえ、汎用品のレーザープリンターを購入した方がコストが抑えられると計算した結果でございます。

で、絶好調の複合機なのですが寄る年波には勝てず、とうとうメーカーから一枚のお知らせが…
交換部品のストックが無くなるそうです(滝汗)

次回の年一回の再リース契約は10月ですのでその時を以って退役となりそうです。
故障もしていないし何せ絶好調ですので替える気は無かったのですが仕方ないですね。

ちなみにウチのDocuworksはバージョン6ですが、現行のモデルは8。
色々便利になっているようですので、複合機の刷新と一緒にソフトも考えようかと思っています。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

ビジネスは絶えず動いている


豊田市の税理士いとうです。

仕事始めから一週間経ちましてようやく仕事モードに慣れてきたというよりも…
既に一杯一杯です(汗)

年末に結構真面目に仕事を捌いたのですが…

事業者を主な顧客とする税理士って、定期的な顧客との打合せをベースとして、法人の申告や源泉税の納付書の作成といった業務をこなしていきます。
で、12月になりますと年末調整、1月には法定調書や給与支払報告書と償却資産税、2月からは所得税の確定申告となりホントに猫の手も借りたいくらいの忙しさになります。
個人的には猫の手を借りたいというよりは、泣けてくる位の忙しさって感じるのですが…

本音はこの時期限定で確定申告のみに注力したいと思うのですが、ウチは開業以来、確申期も法人の顧客の定期的な打合せを行っています。
で、なぜかこういった時期に限って法人さんからの相談が増えるんですね~

税理士が忙しくて目が回っていようが、ビジネスは日々動いている訳ですので致し方ないですし、確定申告期とは言えども個人事業者のビジネスだってすでにもう新しい年な訳ですので、色々相談事が出てくるのも極々自然のことです。

これからの時期の税理士事務所はそういった相談事にも対応しつつ、確申期を乗り切らなければなりません。
限られた時間の中で如何に効率良くこなすかを考えますと、早目の準備が不可欠と思い、昨年確定申告を受任した年一関与の方々に必要書類をピックアップして確定申告のご案内を送りました。

昨日で法定調書と給与支払報告書のミッションが完全終了しましたので、来週早々には償却資産税を完了させて確定申告を早目に着手したいと思っています。
ちなみに確定申告の受任件数は数えてみたら現時点で前年比13件増加。もうお腹一杯というよりもやり切れるのか心配…

おっと、その前に11月決算法人3社を仕上げなければ…、今日からの3日間で全社仕上げてしまいます!


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

無料相談会場における受付対象者について


今日は例会がありまして、所轄税務署の担当の方のお話ですと既に一昨日、昨日と確定申告の提出が百件以上あったようです。
確かに還付申告の受付は始まっていますが、いくらどうでも早すぎますよね~

ちなみに還付申告の内容はといいますと医療費控除がほとんどだそうです。
確かに可能と言えばその通りですが…

そんな訳で確定申告モードが盛り上がり始めていますが、
確申期において相談会場で行われる無料相談について本会から資料が届き、
その中で無料相談の対象となる方についての記載がありましたので、事前にお伝えしておこうと思います。
せっかく相談会場に足を運んでいただいたにも拘らず、相談対象外ですと二度手間となってしまいますので…

無料相談会場では下記のような方は対象外となります。

・ 税理士(法人)関与の方

・ 前年分の所得が300万円を超える事業所得者、不動産所得者、雑所得者(年金所得を除く)

・ 消費税における基準期間の課税売上高が3,000万円を超える方

・ 譲渡所得のある方

・ 贈与税の申告のある方

・ 添付書類や資料等に不備のある方

・ 相談内容が複雑、難解である方

特に事業所得者、不動産所得者につきましては、収支計算書や決算書の作成まで完成させていただいた状態での受付となります。


相談会場における対象外となります上記に該当する方につきましては、所轄税務署が設置しています相談所へ出向いていただくことになります。
ちなみに豊田税務署の設置している相談所は豊田市福祉センターになります。

しかし、相談内容が複雑、難解ってなかなか判断が難しい気が…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

今日から始動です


豊田市の税理士いとうです。

事務所としての本格稼働は明日からですが、今日からゴソゴソ仕事を始めています。

法定調書や給与支払報告書、償却資産税申告書は粗方完成していますので今日は11月決算法人の前準備と年一関与の顧問先への確定申告の案内を作成して…
あっ、そうそう年末に発表された税制改正大綱も目を通しておかなければ。

と思っていたのですが、色々雑務をこなしているうちに午前中終~了(汗)
結局、11月決算法人も顧問先への案内も税制改正大綱も何もできなかった(滝汗)

明日からは外回りもガッツリはじまりますので、午後から真剣モードでやらなければ…
って、なんか今年一年を暗示させるようなスタートです~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら

2015初ブログです


豊田市の税理士いとうです。

新年あけましておめでとうございます。

新たな年ということで、年末年始にアレコレ考えました今年の抱負なんて書いちゃいたいと思います~

今年の抱負…
今年は顧客拡大よりも増えてもこれまで通り、いえこれまで以上のサービスを提供できるような事務所としての仕組みづくりをメインにしていきたいと思っています。
って、私と配偶者殿だけの事務所なのですが…

有資格者である税理士の直接対応という看板は守りつつ、更なるサービスとなりますと、私自身の能力UPはもとより、更なる効率化と私の事務仕事の負担軽減が避けて通れません。
事務所内の仕事については実はここ1、2年新たな仕事を配偶者殿に割り振っていませんでしたが、私の担当している事務仕事を配偶者殿に任せていこうと思っています。
配偶者殿のレベルUPがウチの事務所のカギを握るという、なんとも他人頼りの事務所運営ともいえるのですが、実際、私の事務仕事への投入時間が減ることによって顧客対応のキャパシティが増加することも紛れもない事実だったりします。
ええ、もちろん配偶者殿の負荷が増える分、私がサボっている訳にはいきませんので顧客との打合せや定型的ではない業務への対応をどんどん増やしていくつもりです。

従いまして、
今年は売上目標も顧客拡大目標もナシとして、更なる飛躍に向けての準備の年にしようと思っています。
今の顧客対応数が限界となってしまうのか、今少し受入が可能と出来るのかは今年次第だと思っていますので、今年はウチにとってこれまでとは違った意味で節目の年になると思っています。

半年もして私の時間的余裕が少しでも確保できれば…
8月になりますとちょうど独立開業10年目に突入しますので10年目の声と共に顧客拡大に舵を切っていきたいと思っています。

とは言っても、3月半ばまではそんな余裕はないんですけどね(汗)
でも目標は2月中の確定申告完全終了!
まずはそこに向かってエンジン全開です~とはいいつつウチの事務所の始動は6日からです(笑)



↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談は一時中断させていただいております ★★
メール無料相談につきましては、弊所業務負荷の問題で現在中止しております。
再開は3月中旬の予定ですが、何卒ご理解の程お願い致します。

法人の新規関与については引き続き対応させていただきますが、、
平成26年分の個人の確定申告の受付は終了させていただいております。

弊所HPは→こちら