融資を受ける理由が大事です


豊田市の税理士いとうです。

とある経営者さん同士の話、

A: 最近どう?

B: どうにかこうにか頑張ってますよ~

A: 結構資金が厳しくて、税理士に言われたよ、また運転資金の融資を受けないとって。

Bさんはウチの関与先さんで運転資金の融資を受けることについて腑に落ちない部分があったようで質問をされました。

一時的な運転資金の不足というのは事業活動の中で起こり得るものですが、
Aさんはどうも慢性的な運転資金不足のようです。

融資を受けることで短期的には資金不足が解消されるかもしれませんが、
ただでさえ資金不足の状況で更に融資金の返済が加わることになりますので、根本的な資金不足の原因を解消しない限りはXデーを先延ばしするだけです。

となりますと、厳しい意見かもしれませんが、これ以上深みにはまる前に事業を畳むべきとなってしまいます。


事業と営んでいますとどうしても金融機関からの融資に頼らざるを得ない場合があります。

借りたものは返す。
返済原資は利益。

特別な話でもなんでもありません。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

決算時に欠かせない作業


豊田市の税理士いとうです。

節税って言いますとそのほとんどが金銭の支出を伴うものだったりします。
決算における納税を減らすために金銭を支出しても金銭の支出>税負担の軽減額となってしまいますと手許資金が減少してしまいますので節税対策はその効果を検証しなければなりません。
どうせなら時期以降に繋がる投資を兼ねた対策を打ちたいものです。


事業を営むにあたっては人ってとても重要な要素なのですが、従業員を新たに雇用したり、賃上げをすることによって節税になる事があります。

雇用促進税制(雇用者の数が増加した場合の特別控除)と所得拡大促進税制(雇用者給与等支給額が増加した場合の特別控除)です。

これらの規定は節税のために改めて金銭の支出を伴うものではありませんし、
決算書上の利益を押し下げるものではなく、むしろ税金の引当額を減らすことになり、当期純利益額が増加するものですので、積極的に採用したい節税です。

前者はそもそも雇用促進計画を期限までに届け出する必要がありますが、決算においてはそれ程大変な作業ではありません。
給与支給額の比較はあるものの、基本的には雇用者が増えたかどうかですので…

ところが後者の場合は計算してみないことには分かりません。(設立第一期は別として)

が故に黒字決算の場合は明らかに該当しない場合を除き、試算してみる必要がある訳でして…
結果、該当するならば別表をせっせと作成することになりますが、
該当することが判明して、別表が完成しますとちょっと嬉しかったりします~

こういった感覚に思わず頷いてしまう税理士ってちょっとマニアックなのかもしれませんね。
予め計画をたてた節税とは違うまるで宝くじに当たったかのような感覚なのかもしれません。

そんな感覚をまた味わいたくて決算時に試算するのでした~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

清算結了案件終了


豊田市の税理士いとうです。

25年からなぜか年に1件の法人の清算結了の申告をしています。
ということで今月27年分を今月提出しました~
たぶん大丈夫でしょうが、もう今年は無い事を祈っています…

と、清算結了って事はウチの事務所としましてはお客さんが1件減る訳ですので、
事務所の収益を考えますと喜ばしいことではありません。
だからこそ、今がどれだけ忙しかろうが新規顧客獲得の歩みって必要になります。

会社を畳まなくても事業承継という選択肢もあると思いますが、
そこはそれぞれの経営者さんの思いや後継者の有無もありますので一概に良し悪しを決めることは出来ないと思っています。

ただ、経営者さんがやり切ったという思いで清算結了を選択するのであれば、私としましては反対する理由もありませんし、むしろ最後までお手伝いできたことを素直に嬉しくも感じていたりします。

人の寿命があるように事業にも寿命があると考えれば、
良い終わり方についての尺度は色々あれども、人様に迷惑を掛けずに終わる事が出来るというのは良い終わり方ではないかと…


お付き合いさせていただいた期間の長短はあれども、経営者さんには感謝するばかり。
事業経営者としては一旦区切りがつきましたが、新たな人生を笑って過ごしていただきたいと思います。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

まだイケますか?


豊田市の税理士いとうです。

日頃の私をご覧になってのことでしょうか?お客さんから時々言われます。

何って、紹介しようにも受け入れ可能かって事なのですが、
おかげさまで忙しくさせていただいておりほとんど受入する余裕が無い状況が2年程続いていますが、
それでもどうにかこうにか受入てきましたし、多くはムリとしても年に数件の新規関与の歩みは止めることは出来ないと思っています。

これまで年に数件の受入を可能にしてきたのは、お客さんの自計化率の増加と精度の向上によるウチの事務作業の軽減の結果だと思いますし、
私自身も時間に関しては相当気にして仕事をしています。
他が1時間で行う仕事を極端な話30分で行うことが出来れば良い訳でして、そういった意味では集中力がウチの生命線なのかもしれません。
衰え行く体力を補うための研ぎ澄まされた集中力って事でしょうか~

ただ、無制限に受け入れすることができない事は自覚していまして、

年一対応については領収書の丸投げは関与をお断りさせていただいておりますし、自計化していただくことを条件としています。
確申期の負荷は流石に限界値を超えていますので(汗)
業務の平準化という意味では法人関与は大歓迎なのですが…

と関与させていただくにあたってはなんとも贅沢な話かもしれませんがアレコレ条件があったりしますので、
初面談の際にお話しさせていただくということではありますが…

で、イケるかイケないかといいますと、

イケるように日々頑張ってますってことで(笑)


そんな話をしていますと、横で社長さんが、

あまり増えて忙しすぎると困るかもって。

ええ、勿論既存の関与先さんへのサービスが手薄になるようでしたらイケないって言いますのでご安心を~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ


毎度景気の良い話ばかりではありません


豊田市の税理士いとうです。

ブログを書いたり眺めていますと思うのですが、割と景気の良い話が多いように思います。
というよりもブログで毎度毎度お客が減った話や売上が減少しているネタを書く筈もないか~

事実、景気の良い話ばかりなのかもしれませんが、ウチに限ってはそうでもなかったりします(汗)

他人の不幸は蜜の味って言いまして、批判や悪口はアレですが私自身の自虐ネタなら許されると思いますので今日はそんなネタを…


一昨日、昨日とかねてよりお話のあった新規関与の話が流れました。

先様の都合ですので私がどうこうできるものではないのですが、2つの案件共に事情をわざわざ聞かせていただけまして…
私にわざわざ事情を話す必要もないのでしょうが、そのお気遣いには大変有難く思っている次第です。


うち1件はそもそも現在の顧問税理士に要望を伝えることをお勧めしていた案件ですので、両者が合意に至ったのならばそれ自体は良い事だと思います。
料金交渉についても税理士事務所が条件を飲んだようです。

って、事業を始めたばかりだったり、一時的に経営状況が悪化しているならばやむを得ない部分もあるでしょうが、社歴も長く、聞いていた話では今期はいい決算を迎えることが出来るようですので税理士事務所としては契約解除よりはという苦渋の決断だったでしょう。

ウチだったら…
多分料金交渉は決裂していたのではないかと思います。
だって、値引交渉に応じることが出来るような利幅を確保している訳ではありませんので…


もう1件についても将来的な事まで考えますと選択した税理士事務所がベストではなかったのかと思います。
いえ、決して負け惜しみではなくホントにそう思っていますよー


と、自らを慰めつつ(笑)

言ってもお客さんが減った訳ではありませんので気に病むことではないですし、人のご縁なんてものはタイミング次第ってこともありますので、今回は結局のところご縁が無かったということなのでしょうね。


如何でしたでしょうか?
顧客獲得大作戦失敗の巻~


と転んでもタダでは起きない逞しい税理士(?)はちゃっかり起死回生の逆転打を放ってきましたが、
今回はそのネタを書いてしまうと面白くないのでパスします~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

ふるさと納税にまつわるアレコレ


豊田市の税理士いとうです。

ウチのブログではふるさと納税についてあまり触れることはありませんでした。
なぜって、税負担が2,000円だけで済むことは良いのですが、お礼の品の云々が過熱している気がしていまして…

ただ、脱税行為でもありませんし、法律の隙間を縫った節税でもない訳でして、
納税者にとって有利な選択であれば税理士としてきちんと対応しなければなりません。

という訳で、ふるさと納税については26年の確定申告で数件経験しています。
って、ふるさと納税って要は寄付金控除ですので特段大変な事はないのですが…


で、このふるさと納税ですが今年の4月1日分から「ふるさと納税ワンストップ制度」が始まり、且つ住民税からの控除限度額が倍増しています。

ふるさと納税ワンストップ制度というのは、4月1日以後の寄付先が5市町村以内の場合には所得税の確定申告が不要で、寄付時に手続きをしておくことで自動的に住民税の控除をしてくれるというものです。

ここでふとした疑問が…

ふるさと納税って限度額までならば、2,000円の負担で残りは所得税と住民税が減額されるという制度ですが、確定申告が不要ということは所得税は変更ありません。
この場合は全額住民税から減額されることになります。


加えて、ふるさと納税の話をしますと無視できないのがお礼の品な訳ですが、このお礼の品って一時所得になります。

ええ、お礼の品だけで一時所得にかかる所得が発生することはまずないでしょうが、
生命保険の満期金等があった場合等は気を付けなければなりません。


更に、お気に入りのお礼の品を見つけて複数回にわたってふるさと納税をすることもあるかもしれませんが、
自治体によっては、年や年度で制限を設けている場合があるようですので気を付けてくださいね。
お礼の品は年1回限りってなりますと、2回目以降ふるさと納税したのに待てど暮らせどお礼の品が届かないなんてことにもなりかねませんので…


と、ふるさと納税についてのアレコレでした~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ


自動車は税金の塊です(汗)


豊田市の税理士いとうです。

自動車税の納税通知書が届いていますね。
納付期限は6月1日となっています。
が、良く聞く都市伝説で自動車税はお盆前までに納めれば延滞金は付かないって~
延滞金の計算の結果なのでしょうが、毎年かかることが分かっているものですので前もって準備しておいた方が良いと思うのですが…

ところで、自動車税は固定資産税と同じく賦課課税方式の税金ですので事業用の資産に関しては下記のいずれかの時期に経費とすることになります。

・ 賦課決定のあった日の属する事業年度

・ 納期限が到来した日の属する事業年度

・ 実際に納税した日の属する事業年度

賦課決定のあった日とは、納税通知書により納付すべきことが具体的に確定した日(納税通知の日)となります。


さて、税理士ブログの義務ともいうべき税金のネタも書いたので、ここからが本分である税務とは関係ないネタ~

ウチには今年で新車登録から10年になる車があります。
10年とはいいましても既に生産終了されていますので永遠の現行車でして、調子の悪い部分も無く、そもそも私自身とても気に入っている車ですので買換えするつもりはありません。
そんな大した車ではないので威張って言うホドのこともありませんが…

ところが…
13年以上経過した車は自動車税が増税となります。
増加額は5,900円ナリ(汗)

環境負荷の大きい自動車に対する措置とのことですが、環境に優しい技術が進んでいるとはいえ、車一台を作るのってそれなりの環境負荷や資源がかかると思うんです。
愛着を持って大切に乗っている車が古くなったからといって環境に優しくないって…
ええ、自動車メーカーからすれば売れてナンボですのでビジネスとか日本の景気といった部分を考えればそんなことは百も承知なのですが…

そもそも自動車というのは、税負担という意味ではかなり重い資産でして、
保有にかかるメジャーな税金と言えば不動産についての固定資産税が思い浮かびます。

自動車の場合は購入時に自動車取得税、消費税。
保有時に毎年の自動車税に加え、車検ごとの自動車重量税。

不動産のうち土地には消費税はかからず、経年劣化という概念がありませんので時価に応じた固定資産税となります。
建物は経年劣化により固定資産税は減っていくのに、自動車の場合は経年劣化と共に自動車税が下がる事はなく、しまいには上がる…

大都市や若者の車離れが進んでいることの原因の一つはこの自動車にやたら税金がかかるという現実もあるでしょうね。ええ、駐車場代もバカにならないでしょうが…

とはいえ、地方では車は必需品であることは間違いない訳でして、公共交通機関に頼ろうにも運行本数は基本的には右肩下がりでしょうし…


まぁ、自動車という代物の増加のおかげで道路の整備が進みますので、それに対する負担を所有者が負担するという仕組みはご尤もではありますが、古い車の税金を増やして新しい車の税金を優遇するというのって、ホントに環境のためだけなの?ってついつい思ってしまいます。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

ちょっと心配な台風の進路


豊田市の税理士いとうです。

台風6号が発生していまして、明日、明後日にかけて日本を縦断する可能性があるようです。
天気予想図を見ますと東海地方は12日夜から13日の明け方に通過するかもしれないようですが、
13日の午後から私の所属する税理士会豊田支部の定期総会なんですね(汗)

予定より遅れてまともに直撃となった場合は延期?
総会って来賓の方もいらっしゃる訳でして、来賓の方々のスケジュール調整もありますし1ヶ月延ばす訳にもいきませんので強行するのでしょうね。

今回の総会で役員が総入れ替えとなるのですが、なんか波乱の船出の予感…

総会もですが明日もみっちり関与先さん廻りですし、明後日も午後の総会を挟んで午前中と夕方から関与先さん廻りの予定が入っていますのでそちらも気になるところ。
今月のスケジュールも既にパンパンですので延期という事態は避けたいというのが本音だったりします。

私の記憶が間違っていなければ、
なぜかこのあたりの地域って台風の通過が夜から明け方ってケースが多いような気がしますので、
今回も同様であればスケジュールに穴が開くことは避けられると思うのですが…

まぁ、自然のことをアレコレ心配してもなるようにしかなりませんのであとは神に頼むしかありませんが。


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

夢であって欲しかった…たった1秒で2万円也(涙)


豊田市の税理士いとうです。

ド近眼の私にとって眼鏡は欠かせないもの。
普段から秋冬用と春夏用の眼鏡を使っていまして、つい先日春夏用に切替しました。

いつものように眠りから覚めるとまずは眼鏡を装着。
この儀式を行わなければいつまで経っても目の前が霞がかかった幻想的な視界となってしまいます。

ここで事件が…

着替えの最中に洋服に眼鏡を引っかけてしまい、私の顔を離れ空中に。

左手を伸ばし眼鏡に触れたものの、あいにく差し出した手からこぼれ落ちる眼鏡。

バランスを崩したものの、倒れてなるものかと踏み出した右足の下にはこぼれ落ちた眼鏡。

チ~ン…

眼鏡はその生涯を全うしてしまいました(涙)

この間わずか1秒足らず…


ボ~ゼンと立ち尽くすも、眼鏡が無ければ日常生活すらままならないし、ましてや仕事にもならないので秋冬用の眼鏡がスクランブル発進。
幸か不幸か小一時間ほど時間があったので、近くの眼●市場に駆け込み新たな相棒を見つけてきました。

昨年、プレゼントで貰ったサングラスと同じⅰ-ATHLETEというスポーツ系のモデルをチョイス。
もちろんハーフリムタイプ。これは鉄板ですので譲れません~

このシリーズってフレームが高性能の樹脂素材でめちゃくちゃ軽くて夏の暑さでも汗でズレ難いのでこれからの季節にはピッタリかと。
フレームは黒、紺、赤、銀、白の5色からチョイスできますが、
ビジネスに使いますので流石に白はパス
赤はまるでウルトラマンセブンの変身シーン(古ッ)
紺はサングラスを持っていますのでパス
となると黒か銀となるのですが、銀はどうも私には合わないようですので最も無難な黒に相成りました。
春夏用メガネ
お財布から飛んで行った2万円は少々痛かったですが、快適さを得たということで渋々納得ということで…


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

高速道路の整備で近くなったには違いありませんが…


豊田市の税理士いとうです。

GWも終わり今日からお仕事です。

私事ですが、2日から6日までお客さんとの打合せも無く、内仕事も順調に片付きましたので4,5,6日とお休みしていました。
で、暇に任せて名古屋市の大須観音までぶらっと出掛けてきたのですが、
久しぶりに出掛けた大須観音は昔とすっかり変わっていました。

なんか若者向けのお店が増えたような気が…

もう一つ変わったことと言えば、交通網(高速道路)の整備で近くなったことでしょうか。

名古屋の中心部まで下道や電車で1時間以上かかるのはこれまでと変わりませんが、高速道路を使うと30分強で着きます。
ウチは高速道路のICから5分程なのですが、最寄りのICが出来たのが今から10年前。

なんで今頃気づいたのかといいますと、ただ単に車の運転があまり好きでないからでして、
仕事柄車での移動は欠かせませんが、出来ることなら公共交通機関で移動したい、休みの日は出来るだけ運転したくないというのが本音です。
満員電車はイヤですけどね(笑)

おかげで三重、岐阜方面は凄く便利になりましたが、名古屋の中心部も思ったより近かったことを今回発見!
更に今年度中には第二東名も開通する予定ですので静岡方面へのアクセスも便利になります。


ということは…現在は下道で一時間強が現在の最も遠方のお客さんですが、
名古屋の中心部はそれよりも時間がかからないということになりますし、静岡や岐阜、三重の北部も1時間強で着きます。

と変な妄想が頭をよぎったものの、やっぱり業務の効率を考えると高速道路で1時間という距離はどうなんだろうと…
近いに越したことはありませんからね~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

はるばる遠方からお越しいただきました


豊田市の税理士いとうです。

GW真っ只中ですが、昨日、一昨日は暦の上では平日。
という訳で急遽事務所で面談。

といいましても新規開業ではなく、あくまでも相談なのですが…
メールや電話による無料相談ではなくて有料でも良いので面談で色々聞きたいそうで、たまたま空いていたのが昨日でしたので面談をセッティングした次第です。

そもそもアポが携帯電話からでしたし、わざわざ事務所までご足労いただくということでしたのでてっきり近隣の方と思っていましたが、お住まいを伺いましたところ、高速道路で1時間以上かかる…
いえ、質問事項をたくさんペーパーに書いてご用意していたので準備がいいなぁと思いましたが、そりゃあそうですよね。

となりますと、当然の如く疑問が湧いてくる訳でして、
なぜ近隣の税理士事務所で探さなかったのかと伺いましたところ…、
ネットでいろいろ探したけど相談内容に明るそうな事務所が無かったそうです。
って、名古屋市の方が近いでしょうにと思いながらも、たくさんある名古屋市内の税理士事務所でなく、規模の大きい事務所でもなく、片田舎のミニマムサイズの事務所が選ばれてしまうという現実。

ネットってある意味怖いですね。
いえね、近隣の税理士事務所や名古屋市内の税理士事務所で絶対に対応できるはずですよ。
私がそんなとてつもないスキルやノウハウを持っている訳ではありませんので…

ただ、そういった事を税理士と面識のない方が知り得るかといいますと、分からないというのが現実な訳でして、
税理士事務所に伝手がないとネットが大きな選択肢となり、ネットの情報や出来栄え如何によっては現実では比較にならない事務所の規模が覆されてしまうのもこれまた今の世の中だったりします。


最終的な判断や選択は、面談して相手との相性を確認した結果の現実によることになりますが、少なくとも入口の部分はネットのような仮装の部分の効果って全くないとは言えないと思います。
どんな商売であれ、お客さん予備軍に知ってもらわなければなりませんからね、そのためのアイテムとしてはネットは一つのアイテムとして有用と思っています。
ウチは他にアイテムはありませんが…(汗)
ネットからの直接のオファーもですが、紹介の際にHPを伝えていただければ紹介された方は間違いなくネットを覗いてみるでしょうしね。


という訳ですので、昨日の午前中に進めるはずだった仕事がボツになってしまいましたので、今日も一日ガンバリます~


↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
★★ メール無料相談を実施しています ★★
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ