NISAの恒久化?


豊田市の税理士いとうです。

NISAの恒久化が検討されているようです。

NISAについては制度が始まって以来、掛金の増額や対象者の拡大等の改正が行われてきましたが、ようやく恒久化が検討されるに至ったようです。

NISAという制度をどのように活用していくかはそれぞれでしょうが、私自身はまだ口座を開設するには至っていません。

その最大の理由は制度が恒久化されていないから

私にとっては株式や投資信託等の運用に関しては短期の売買を行うつもりがありませんので、
期間限定で強制的に決済をしなければならない制度は検討にも値しないものと感じていました。

ただですね、
以前のように銀行に定期預金として預けておけば10年後に2倍近くになることは今後はありえないでしょうから、ある程度のリスクを自身で負いつつも金融商品について学んでいくことは今後必要なことと考えています。

サラリーマンだって勤める企業が確定給付年金から確定拠出年金に移行していまして、確定拠出年金に移行した場合に運用商品を定期預金等の元本保証商品だけで運用している割合が非常に多い状況を鑑みますと、老後資金としての退職金って大丈夫なのかなぁと思う訳でして…

NISA自体は売買や配当に関して非課税というだけで、掛金の所得控除の対象にはなっていませんが、年間の掛金の枠を考えますと恒久化されれば、コツコツ将来の資金を貯めていこうとする方にとっては検討に値する制度になるのかもしれないと思っています。


カウントダウン:1,000本まであと64

↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

丸々4年


豊田市の税理士いとうです。

今日からGWの方もいらっしゃるかと思いますが、
今日もせっせと事務仕事に励んでいます。

なんか最近、土日もよく分からなければ、長期連休…それ何?って状態です。
私の能力不足の結果で何とも恥ずかしい限りですが、仕事が捌けないんですから人より休みが少なくてもしょうがないですね。

さて、
このブログをはじめて丸々4年経ちました。

ここ最近はなかなか更新できていません。
正直ネタ切れ感もありますが…

数えてみますとこれまでに書いた記事は934本。
今回の記事で935本。
935本の内容はといいますと(汗)
あと65本か…ここ最近の状況を鑑みますと遠いな~

色々ありまして、ブログの継続については迷ったことも多々ありますが、
(実は現在も悩んでいたり…)
今日、数えてみて取り敢えず1,000本までは続けようかと思っています。
その後のことはまたその時に考えます。


カウントダウン:1,000本まであと65

↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

刻まれてもね~


豊田市の税理士いとうです。

来年4月から予定されている消費税率10%上げについて9%に刻むのも有りという発言がありました。

もしそうなったら…

リース契約がありますと、
5%、8%、9%、10%の消費税に軽減税率と経理処理がなんともバラエティに富んだものになってしまいます。
消費税の申告書はボリューム激増(汗)

国内の景気の状況を鑑みての発言かもしれませんが、正直勘弁してほしいですね。
レジの改修にも費用が掛かりますし、
9%から10%への改正が短期間ですと建設工事等の経過措置なんかとんでもないことになるでしょうし、
ウチの顧問先さんの会計ソフトは無償バージョンUPで対応できると思いますが、消費税率の改正って普通は有償バージョンUPでしょうし…

ただでさえ改正だらけの税理士業務。
しっかり追っていかないとエライことになってしまいます。
というよりも自分が60歳を超えた時についていけるか全く自信がないのですが…
税理士は生涯現役ってホントなんでしょうかね~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

PCはしょせん機械モノ=壊れるモノ


豊田市の税理士いとうです。

先月、ウチのPCが壊れてしまったことは書きましたが、
税理士業務に限らず、今やどんな商売でもPCが欠かせないとも言えますし、ウチの関与先さんでも会計ソフトを導入して日々の記帳をソフトで行っている方が増えてきています。

会計ソフトはとても便利で、記帳に関しては手書きと比べて手間を大幅に減らしてくれるものですので導入を進めている訳ですが、ソフトがPCにインストールして使うものである以上、PCに依存してしまうことがネックになるのでして…
当たり前のことですがPCが壊れてしまうとソフトも使えない。(クラウド会計なら別ですが)

PCは機械モノですのでいつかは壊れるし、突然何の前触れもなしに壊れてしまうことだってあるので、そうなってしまった時に被害を最小限に抑えるための備えをしておかなければなりません。

最悪、何ともならないという事態を想定して、バックアップを取っておくことがその備えになります。
ええ、ソフトの導入時には必ずバックアップの必要性に言及させていただくのですが、果たしてどれくらいの関与先さんがきちんとバックアップを取っているのか?

そんな中、先週末に月次の打ち合わせを行う関与先さんから前日夜に電話が…
電源は入るがWINDOWSが起動できないと。

打合せ以外にもあれこれ連絡事項がありましたので、予定通りお伺いしましてPCをあれこれいじってみましたが素人では復旧は難しそうですので、PCを初期化するか、修理に出すか、新しいPCを調達するかの選択となりました。

幸運だったのは、きちんと会計ソフトのバックアップを取っていたこと。
常日頃からPC内のHDDでなく外付けの記録メディアでほとんどの作業を行っていたため、内臓HDDには重要なデータがほとんどなかったこと。

備えあれば憂いなしとはいきませんが、被害を最小限に抑えることができたのは幸いでした。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

仕事は売上代金が入金されてはじめて完了です


豊田市の税理士いとうです。

利益が出ているのにお金がないということがありまして、その原因の一つに売掛金の存在があります。

決算における利益とはお金の増減と=となる訳ではないのでして、
仕事が完了していれば、代金の入金がなくても売上として収益を認識とする必要があります。
このまだ入金がない売上債権が売掛金となります。

仕事を受注して納品して請求書を発行して仕事は完了?
いえいえ、まだ代金の入金がありませんので仕事は完了していません。

経理に携わる者にとっては当たり前のことですが、
経営者さんの中には売上の額は頭に入っているものの、売掛金の額が即答できない方がいらっしゃいますし、営業マンあたりですと尚更その傾向が強いように思います。

売上代金が未回収という状態は経営上(資金繰り)の上では宜しくない状況な訳でして…
材料費や外注費といった直接費は支払い済み、従業員の給料も支払っている訳ですからね。
完全に資金面から言いますとマイナスな訳です。
というよりも売上代金が入金されるまでは、まだタダ働きってことですからね~

ウチの事務所では現時点で代金の回収が滞っている顧客はいませんが過去にはありまして…結局貸倒処理(涙)
税理士と事業者である顧客の関係を考えてみますと、慢性的に代金の回収が遅れるケースの場合は回収ができなくなってしまう可能性が非常に高くなります。
通常は毎月料金を頂戴するでしょうから一度遅れると翌月は2ヶ月分になり、3ヶ月分、4ヶ月分と…

世の中には仕事を完了したのに代金を支払ってくれない方って残念ながら存在します。
恐らくそういった方と二度と付き合うことはないでしょうが、できれば1回とて付き合いたくないものです。
ただ、それを見抜くのは至難の業でしょうから、何らかの防衛線を張るのか?長期滞留した場合に諦めるのか?それともとことん請求するのか?
事業を営んでいる以上は新規顧客開拓、受注機会の拡大の歩みを止めることはできないものの、代金の未収に対してどうリスクヘッジしていくのかというのはなかなか難しい問題だったりします。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

やっぱり時代遅れの父親なの?


豊田市の税理士いとうです。

ウチの近所では、昨日が小学校と高校、今日が中学校の入学式です。残念ながら今日はあいにくの雨ですが…

昨日、仕事に出掛けるべく車を走らせて高校のそばを通りますと真新しい制服を着た新入生とその親御さんが歩いているのを見かけたのですが、親子二人ではなく、三人というのも。

幼稚園・小学校…分かります。

中学校…そうなのかなぁ~
ちなみに私は子供達の中学校の入学式は出ていませんし、小学校の卒業式からは出席していません。

で、
高校…エッ!
ええ、我が家の息子も入学式でしたが当然の如く出席は母親のみ。

母親だけでなく、高校の入学式に父親って出席するの?
いえ、道すがら見かけただけですのではっきりとは言えませんが、親子3人というのがどうでしょう5~10%位いた様な気がします。

それぞれ価値観があるでしょうから良し悪しをここで述べるつもりはありませんが、
それが世の中の標準であるとすると、益々育児や家族のイベントに協力しない、参加しないというレッテルを張られてしまう(汗)

仕事第一の親父の背中を見て子供が大人になっていくってのは古いのでしょうかね。
新しい古いってことではないのでしょうが、何とも複雑な気分…

ちなみに娘に聞いてみましたら、
高校の入学式もだけど、中学校の卒業式も出なくていいよ!
との返事。

あっさり言われてしまいますと、それはそれでちょっと寂しかったりもします(泣)


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

4日間使ってみたWindows10の感想


豊田市の税理士いとうです。

金曜日~月曜日の4日間、新しいPCをがっつり使った感想を…

結論から言いますと、
7→10は慣れるもなにも特段問題ないと思います。
特に7に慣れている方にとってはスムーズに使っていけるような気がします。
むしろ8(8.1)をすっ飛ばした私のような人間からすると10よりも8の方が慣れません。

細かい部分の変更はちょこちょこありますが、
目立って変わったことといえばメールソフト(アプリ)とWebブラウザでしょうか?
私は10標準のメールアプリもEdgeも使わないことにしました。

そうそう、eLTAXってJavaが必要でなくなった代わりに電子署名を付与する際にAcitiveコントロールが必要のようです。
ということはIEでなければならない。
ええ、10標準のWebブラウザであるEdgeもダメ。
そもそも、現時点で10は動作確認がされていないようですし(汗)
スマホ、タブレットやiOS、Androidといった多彩な選択肢がある中で明らかに世の中の動きと逆行していますよ~

それはさておき、気を取り直して…
何って、10って起動が早い!
コレ何よりも有り難いことです。
顧問先さんのPCを操作することもありますので薄々感じてはいましたが、導入して改めて実感しました。
SSD+HDDにしたこともあるでしょうが、あっという間に立ち上がります。

となりますと、外回りに携帯しているThinkpad(7)の起動の遅さが改めて気になる…
いえ、ホントはこちらを買替したかったのですが、やむを得ず後回しになってしまったのでして(汗)

常に外回りに携帯するPCですので、起動が早いことを優先してHDDではなくてSSDにしようかと思っていましたが、この3日で完全に決めました。絶対に10&SSDです!
データはクラウドにありますし、リモートで事務所PCを見ることもできますので容量の大きなHDDは必要ありません。
むしろ外出先でなるべくストレスなく使うことを考えてCPUをグレードアップしよう思っています。

って、アレコレ妄想をしているものの、今は単なる絵に描いた餅…いつ買替できるのでしょうね(苦笑)


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

選ぶ税理士


豊田市の税理士いとうです。

HPを運用していますと色々な方と接する機会に恵まれるのでして、
HPを運営するのは主にウチの存在を知ってもらって税理士探しの選択肢として活用してもらうためなのですが、そもそも新たな顧客(予備軍)とお付き合いを始めるにあたっては言ってもエネルギーが必要になります。

すんなりお手伝いを始めることができるケースもあればそうでないケースも(汗)

今年に入って多くのエネルギーを必要とする案件に連続して遭遇しています。

過去の申告を全く行っていなくて税務調査を受けたにも拘らず、全くの手付かずの27年分を申告期限間際に持ち込まれた案件。

過去の申告をしていなくて過去7年分の申告をしなければならない案件。

相続税の申告期限まで1ヶ月を切っている案件。


etc…

いえ、そういった案件を全て引き受けている訳ではありませんが、
税務申告をなんだかとても簡単なもの(プロにとっては?)と認識している納税者の方々の意識を感じることもあります。

プロなんだからできるでしょ?

ええ、やってやれないことはないでしょうが、他の顧客の仕事をほったらかしにしてかかりっきりになればね…


税理士稼業に限らずどんな職業でもそうですがお客さんがいて初めて事業として成立するものの、何でもかんでも引き受ける訳にもいきません。
引き受けることで他の業務に支障の出ることもあるでしょうし、場合によっては、将来まで考えれば引き受けた方が良いと思っても業務負荷の関係でお引き受けできないこともあります。

小心者ですのでお断りするのは申し訳ないと思いますのでなんとなく言い出し難かったりしますが、無理にお引き受けして約束に間に合わないなんてことは許されませんからね。
選ばれる税理士になりたいと思うものの、一方で選ぶ税理士である必要もあるように感じています。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ