必要とされなくなるかもしれない税理士事務所のスタッフ


豊田市の税理士いとうです。

会計ソフトへの自動仕訳取込に目途がついた時点でふと思ったのですが、
今後は税理士事務所にとって記帳代行に伴うソフトへの入力をするための人材は要らなくなる方向なのでしょうね。
いえ、全く要らなくなるとは言いませんが確実に需要が減っていくことは間違いありません。
となれば入力担当のスタッフは大幅減ってことも大いにあり得るでしょうし、顧客担当のスタッフも帳簿のチェックや御用聞きだけの人材は急速にその価値を失っていくと思われます。
申告書だって帳簿や決算書、給与、固定資産台帳からの連動が更に進み事務所の事務作業が更に軽減されることになれば、申告書の作成のための人材を減らすことも出来る。

昨今の会計ソフトによる自計化の浸透や自動仕訳取込とか数年後に無くなる職種といった話題に対して戦々恐々としている税理士事務所もあれば、チャンスと捉える事務所もあるでしょう。
作業業務ではなく提案業務が税理士事務所の付加価値なのではなく、提案が出来ない事務所は存続すらできないという方向に向かっているのかもしれません。
既にその方向は見えてきていますが、短期間で一気に加速する可能性も有り得ます。

~追記~
freeeさんが税務申告ソフトへ参入するとのことですが、申告書までクラウド上で行うことができ、決算書から申告に必要な項目を自動で抽出するとか…
そのためには普段の経理処理のとか約束事を相当キッチリ入力しておかなければなりませんが、どうなんでしょうね?
その動向は注視していきたいと思います~

ただ、顧客に提案できるスタッフなんて簡単に育てることは出来ないでしょうし、言っても個々の能力とか仕事に対する姿勢に左右されてしまう部分ってあるでしょうから、いかに顧客に求められる人材を確保し、育てるかというのが難題なのかもしれません。

一方で領収書をドバッと渡して記帳代行を依頼するという納税者からしますと引き受けてくれる税理士事務所が限られてくるかもしれません。
だって、記帳代行を必要とする顧客がそれなりの件数集まれば良いのですが、そうでなければ税理士事務所も余剰人員を抱える訳にいかないですからね。
どうしてもと言われたら今までとは比較にならない金額の記帳代行料をいただかなければならなくなる…
な~んて記帳代行という仕事が陳腐化するのではなくてむしろプレミアムが付いたりして(笑)

良くも悪くも技術の進歩の結果が税理士だけでなく納税者にも影響するでしょうが、世の中の流れに抗うかどうかは個々の判断としても、過度に頑なであること、食わず嫌いは凶となるのかもしれませんね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

税理士紹介会社なんてどうでもいいじゃん


豊田市の税理士いとうです。

最近のブログの更新頻度が週1回位になっていまして、そろそろブログの題名を変える必要があるかと…
週刊!ピン税理士の奔走日記」ってな具合に。
一週間以内に更新できた時は、号外!とすればいいですからね。
至って真面目に検討していたりして(笑)

さて今週のネタですが、
なんか税理士紹介会社というのは税理士側としてはよろしくないという意見が多いようでして、「非税理士との提携の禁止」という項目に抵触しているという考えもあるようですが、紹介会社に登録している税理士が処分されたという話はまだ聞こえてきません。
となると法的にoutに出来ない理由があるのかもしれません。
斡旋や紹介って直接・間接、有償・無償を問わず禁止とされているようですが、じゃあ他士業や銀行からの紹介ってどうなのってことなのでしょうか?
中には他士業から紹介を受けたらお礼を渡すって事もあるようですし…
でも、他士業や銀行って「業」として行っているわけではありませんので、それもダメってことになるとかなり混乱が起きるのでしょうね。

と、ここまで書いておいて無責任かもしれませんが、税理士紹介会社に関しては良し悪しの判断は私自身出来かねています。
良し悪しの問題以前に私自身は登録する気なんて更々ありませんが…

良し悪しの判断をしかねるのは、税理士を探している納税者の方にとっては紹介会社に打診をすれば恐らく複数の税理士を紹介してくれるという事実があるから。
はたまた料金交渉もし易いということもあるかもしれません。
ご自身で税理士にアポを取って探すという作業が大変だし、良い税理士が分からないからと言われればある意味ご尤もですからね~
まぁ、紹介会社が紹介してくれる税理士が良い税理士なのか分かりませんが、少なくともニセ税理士ではないでしょうから…
いずれにしろ納税者からしたら紹介会社の存在意義って少なからずあると思うんです。

一方、税理士サイドの存在意義は新規顧客の獲得機会。
新規開業した税理士からしたら顧客が増えないんだからしょうがないじゃん。費用がかかっても、多少安くてもゼロよりマシって考えたとしても致し方ないと思うんです。
その後どうなろうがそれとてその税理士が自ら選んだ道ですので、安い料金でしか顧客を獲得できず、紹介会社への支払も重なり事務所経営は火の車。それじゃあということで料金UPの打診をしたとしても、そもそもの馴れ初めからしたらおそらく受け入れてもらえない。
そのうちそういった顧客が紹介会社に打診をして別の税理士に移ってしまう。
そこは自己責任であって外野がアレコレ言う類の話ではないのかと思ったり…


はっきり言って税理士紹介会社なんてほっとけばいいと思います。
利益が薄くひたすら忙しいだけでも顧客の欲しい事務所や将来の事務所運営よりも目の前の売上が欲しい事務所がそれなりの覚悟を以って登録すればいいのですから。
多くは純粋に良い税理士を探したいと思う納税者でしょうから、精一杯いい仕事をして、ゆくゆく事業が大きくなったら料金交渉を試みれば良いし、とにもかくにも安く税理士に依頼したいという納税者が紹介会社経由に流れてくれて、紹介会社と登録している税理士で引き受けてもらえるならそれはもアリかと。
どう頑張ったって世の中全ての納税者を自身の事務所で引き受けることなんてできないのですから、紹介会社へ納税者が流れることなんか実際のところ大した話ではありません。
紹介会社とそこに登録している税理士の仕事の程度が低けりゃ、そのうち税理士を変える事を考えるでしょうからその際にきっちりサービスの内容や料金を伝えればよい事であって、尚更騒ぐことではないのではないかと。
そりゃ新規顧客は欲しいに決まっていますが、そんな割り切りというのか図太さのようなものも必要ではないかと思います。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

独りよがりになっていませんか?


豊田市の税理士いとうです。

経営者が頑張るのは当たり前、休みだろうが頭のどこかで事業の云々を考えているでしょうし、全てを賭ける位の覚悟でやっているに決まっています。

ただ、その頑張りが独りよがりの理屈に偏ってしまうと…

経営者という立場になると誰も注意してくれません。
経営者仲間だって本心から注意してくれる人なんてほんの一握りでしょう。

いえね、自分の思い通りにできるのが経営者と言ってしまうとアレかもしれませんが、どんな商売だって相手があって成り立つもの。

顧客、取引業者、従業員。

経営者がその信念に基づき行動したとして、それが正しいものであっても、間違いではなくとも結局は相手がどう感じるかです。

特に従業員は経営者に対して表立って意見を言わないでしょう。
不平不満は経営者の知らない水面下でじわじわ広がっていく。
中には退職という決断でそれを表現する従業員もいるかもしれませんが、それとて退職の理由をはっきり言うかなんて分からない。
辞めた理由が経営者に対する不満であるならば、自分が去った後の事なんて知ったこっちゃないですからね。


何って、
経営者が自らの信念に従って行動するのは大いに結構ですが、折りに触れ第三者の目で自身を棚卸する必要があるのではないかと…

棚卸が出来ない、苦言を呈する相手を遠ざける経営者の末路は、「裸の王様
周りに誰もいなくなるってことなのではないでしょうか?


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

独立させられている?


豊田市の税理士いとうです。

最近、法人設立のお問い合わせをいただいた案件の中で気になることがありまして…

要は、独立するのではなくて独立させる。
それも個人事業ではなくて法人にすることを求められる。
今まで勤めていた会社の専属下請のような内容。

勤めていた会社の事情は定かではありませんが、社会保険料?消費税?
外注と給与の判断ってグレーな部分があり個人事業でなく法人であればスッキリするということなのでしょうか?

言われた本人もよく分からないまま首を縦に振っているのか分かりませんが、お問い合わせをいただいてアレコレ説明していると法人設立に関するコスト、税理士に依頼するコスト、普段の経理事務に関する手間に言葉を失う場面も…

法人の設立費用をまけてと言われてもね~、ウチがやるんじゃあないですから無理ですし、ウチの料金をこぎられてもね~
一度他所の税理士事務所に問合せしてみたら?と伝えてみたら暫くして電話がかかってきてウチの方が安かったけど、もう少し安くと言われても(汗)
経理が全く分からないから帳簿の作成もお願いしたいと言われたら更に料金が上がってしまいますので、じゃあ、帳簿をご自身で作成したら?といってもよく分からないから出来ないと…

いったい誰の商売なのでしょうか?
自ら事業を興すに至った経緯は分かりませんが、このままいくと帳簿の作成もしていない、申告もしていない法人となってしまう気がします。
だからと言ってウチが後先を考えずにボランティア精神だけでお手伝いすることは出来ませんし、そんな覚悟と準備で創業したって結果は見えている…


独立、創業するってそんな簡単な事ではありません。
いえ、独立は出来ますが安易な気持ちで事業を続けていけるほど甘くはない。
責任は全て自分で負うことになるし、従業員でなくなった時点でこれまで勤めていた会社は簡単にサヨナラできる。

資本金規制の撤廃により法人設立のハードルが下がり、覚悟が不十分な決断が増えたのは過去の話。
最近はそれとは違う背景があるように思えてしまうのですが…


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

やってみたらこりゃ便利だヮ


豊田市の税理士いとうです。

久しぶりの更新です。というよりもこれ位の頻度になっちゃうのでしょうね~

今日のネタは、会計ソフトについてです。

銀行口座やクレジットカードのデータの会計ソフトへの取り込みについてはfやMをはじめとして対応可能なソフトが増えてきています。ウチの使っているソフトでも対応していることを知っていましたが、なかなかそれを私自ら試す時間がなく遅れ遅れになっていました(汗)
ただですね、これ間違いなく事業者の皆さんにとっては便利な機能な訳でして、対応できる顧問先さんにはお勧めしていかなければとは思っていました。

この前の日曜日に毎度の内仕事をしながらアレコレ弄ってみますと…いやはやこれは便利ですなぁ~
なんでもっと早く触ってみなかったのでしょうね?
やってみたら概ね小1時間である程度の仕組みと使い方は理解することができ、数点確認したいことがありましたが昨日ソフト会社に確認して取り敢えず不明点は無くなりましたので、早速顧問先さんに伝えていこうかと思っています。

記帳代行業務を柱とする税理士業務が会計ソフトの普及によって柱となり得ない事が言われるようになり、ウチも可能な顧問先さんには会計ソフトを導入することをお勧めしています。
実際、新たにお手伝いさせていただく事業者さんに関してはかなりの確率でソフトを導入していただいておりますが、結果、ウチは記帳代行業務から解放され、その分作業料金としての記帳代行料をいただかないことになりますのでお互いWinWinかと思っていたのですが、会計ソフトに銀行口座やクレジットカードのデータを取り込むことが出来るようになりますと顧問先さんのソフトへの入力時間も減らすことが出来ますので、その空いた時間を本業に充てていただければそれに越したことはありません。

いえね、会計ソフトが対応しているなら是非ともやってみるべきです!
かなり会計ソフトの入力にかかる時間を減らすことが出来ると思いますよ!


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

どこまでドレスダウンできるのか?


豊田市の税理士いとうです。

10月から衣替えしましたッ

が…

クールビズ期間中はポロシャツ&チノパンという楽ちんなスタイル衣替えで過ごし、衣替えと共に長袖のシャツに変えたものですからどうも堅苦しい(汗)
いえ、ネクタイなんて絞めていませんが、やっぱりポロシャツと比べると…
きっとシャツをパンツにINするのが窮屈なんでしょうね~

で、よせばいいのに無駄な戯言を…

何でシャツ着なイカンの?Tシャツにパーカーじゃダメ?
女性って上着の下に襟のないカットソー着てるじゃん、Tシャツにジャケットを羽織るじゃダメ!

と頭の中でもう一人の自分が冷たく言い放ちます…

やりたきゃやればいい!
やるかやらないかはオマエ自身で決めろやー

って、私そこらにいる税理士であってどこぞの超有名企業のトップみたいに服装なんかどうでもいいって言い切るだけの才能もなければ度胸もありませんのでTシャツにジーパンは無理です(汗)
だからと言って真夏にスーツを着る辛抱強さもなければ、ネクタイはキツいから嫌なので、そこそこ相手に失礼のない程度でドレスダウンするのが精一杯です。

実は、相手に失礼のない程度と言うのがよく分かっておりません(汗)

いずれにしろしばらくの間は慣れるまでの辛抱か…
年中半袖で通せるところで仕事できないかなぁと無理を承知でつぶやくオッサン税理士でした。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

オファーをお断りさせていただきました


豊田市の税理士いとうです。

9月は3件のオファーをお断りさせていただきました。

数年位前から限界を感じ、ブログでもそんな感じの記事を書いたこともありましたが、有り難いことにその後も順調にたくさんの方々にお声をかけていただき地道にお客さんが増えてきました。

ウチだけなのかもしれませんが新規のオファーってなぜか重なります。
全くオファーのない月もあればまとまって舞い込む月があったり…
8月が後者の月だったのでしばらくは静かに暮らすことが出来ると思っていたのですが見通しが甘かったようです(汗)

既に新規受入の制限をHP上で告知していているものの9月にお問い合わせいただいたのは個人事業者さん2件と相続。
いえ、面談をして事業の将来的な展望とか相続の内容を伺ったうえでお断りさせていただいたのではなくて、オファー段階でお断りさせていただきました。

個人事業者の確定申告はどうしても短期間に件数が集中してしまいますので既に一杯一杯で、昨年の法人成Yearで空いた個人事業者枠は春先には完全に埋まってしまいましたし、スポットの相続の申告に対応する時間が取れそうにありませんので、中途半端に関わってしまうよりも他所の税理士を探していただいた方が良いのではと。

経営者さんなら同感していただけると思いますが、オファーをお断りするのって相当な勇気がいります。
今は忙しくてもこれから先もその忙しさが続くかなんて分かりませんので少々無理してでもオファーに応えると思うんです。
これまではウチもそうしてきました。

が、無理を重ねた結果として既存の関与先さんへのサービスやケアが手薄になってしまっては元も子もない訳で、新規顧客開拓は欠かせないものですが既存の関与先さんへのサービスの更なる充実に力を注いでもよいのではないかと。
先ずは既存の関与先さんの仕事をきっちりこなしていくことでより堅固な信頼関係を構築していくことが最優先課題と、泣く泣くお断りさせていただきました。

そんな状況ですので、例年10月にHPにアップしていた確定申告受付に関しては今年は一切行わない事に決めました。
HP上には本年の確定申告の受付を中止する旨を既に記載しておりますし、業務負荷の集中を回避すべく、しばらくの間は法人または法人成を検討している個人事業者さんのみの受入とさせていただいております。
とはいえ、既関与先さんからの紹介であれば無碍にお断りすることも出来ませんが…

こんな手前勝手な募集告知をしているのですから、全くオファーがないかもしれません。
とても有望な魅力のある経営者さんとの出会いのチャンスを逃すかもしれません。
既存のお客さんが廃業したり、クビを通告されて売上が減っても新たな出会いチャンスを自ら狭めているので減収となるかもしれません。

こういったことも覚悟の上での今回の判断ですので何卒ご理解をいただければと思う次第でございます。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

専門家としてどこまでどう伝えるのか?


豊田市の税理士いとうです。

なんだかなぁ~、月が替わった初めの土日位は仕事をしなくてすむ筈なのですけどね(汗)

相続税の改正があってから、相続に関するお問い合せや相談が増えています。
その際に遺言書の作成をお勧めすることがあるのですが、遺言書の作成ってとても難しいと思うんです。

遺言書って、故人の意思や想いを残された親族に伝えるというのが本来の意図でありますが、遺産分割の揉め事を回避するという効果もあるものの、特定の相続人の利益を実現するために使われてしまうというケースもあるようです。

全ての財産を●●に相続させる。

あくまでも遺言書の内容は故人の意思でしょうから何ら問題はないのかもしれませんが、これでは他の相続人に対する遺留分を侵害してしまいます。
ええ、故人の想いよりも自身の利益に重きを置くなら遺留分減殺請求をすることが出来ますが、この時点で親族関係は崩壊、故人の想いを踏みにじった人でなしと言われるのを覚悟しなければなりません。

こういった内容の遺言書が真に故人の意思ならまだいざ知らず、特定の相続人が自己の利益のために書かせたとしか思えない遺言書を残念ながら目にすることも…
というのか、何らかの法的知識のある人間に助言をもらわなければそこまで書けないでしょというえげつない内容。

ついつい思っちゃいます。
助言した専門家(弁護士?司法書士?行政書士?税理士?)ってどんな思いでそこまでのことを伝えたのでしょうか?
故人にとって親族に伝えることが出来る最期の想いがそれでよかったの?
公正証書なら2人の証人はその内容を聞き、どう感じ、署名をしたのでしょうか?


色々な考えはあろうかと思いますが、
専門家がそういった相談を受けた時ってあくまでも依頼者の意向、経済的利益を実現することだけを考えればよいのでしょうか?
それによってその後の親族間の関係が完全に崩壊しかねない可能性まで考慮する必要はないのか?
故人と親族の生前の関係まで否定してしまい兼ねないような内容でも依頼者の利益のみを実現できればよいの?

私が甘っちょろいのかもしれませんが、
利益を確保しなければ事業を継続していくこともままなりませんので利益の確保は必要不可欠ではあるものの、あくまでもそこにはルールがあり、供給者としての責任が存在すると思うのです。
清貧を貫けなんて綺麗ゴトばかりを言うつもりはないものの、儲かれさえすればそれでよいという風にはどうも割り切れないんですね。
欲張りすぎかもしれませんが、何らかの縁で関わりを持った方々には皆さん笑顔になって欲しいと思いますし、完璧にとはいかない部分も現実にはありますが、あまりにも不条理な結果で泣く人が出てしまわないようにできればと思っている訳です。

なので、遺言書の作成の際には財産の云々もあるけど、必ず親族全員へのご自身の想いを入れてもらうようにお伝えさせていただきます。
財産については色々な事情があり平等に分けることが出来ない場合もあるでしょうが、そこに記された故人の想いが親族を救い、故人の最期の言葉としての遺言書がかけがえのないものになると思うのですけどね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ