これが最後の子供の学校行事への参加かも


豊田市の税理士いとうです。

土曜日に娘の中学校の運動会がありました。
今年で卒業となりますので最後の運動会であり、卒業式に出席することはほぼないと思いますので娘の学校行事への参加はおそらく最後。
息子は既に高校生ですのでオヤジが学校行事に参加することはないので、これで子供の学校行事への参加はホントに最後ということになるのでしょうね。

以前ブログに書いたことがあるのですが、私、小学校の入学式が最後の入学式・卒業式への参加ですので、それ以外は運動会しか参加していません。
近頃は世の中のお父さんの学校行事への参加率って結構高いようでして、平日の授業参観にも結構いらっしゃるようですし、小学校はおろか中学校の卒業式への参加率もかなり高いようです。
最近では高校の入学式に子供&母親&父親ってのも見かけるくらいですので、今の世の中からしたら有り得ないオヤジなのでしょうが、入学式はまだしも卒業式って思い余って号泣しちゃうかもしれませんので行かないんですね~
って、世の中の昨今の状況を鑑みると少数派の昭和の父親なのかもしれませんが、顧問先さんと打合せをしている際にこの話をするとあながち少数派でもないようなんですけどね。
きっと、ウチの顧問先が経営者であってサラリーマンではないからなのでしょう。
仕事と子供の行事のどちらを優先すべきかに関しては絶対の答えがある訳ではないでしょうから、どちらもアリだとは思っていますが…

で、とうの娘の運動会ですが、前日まで雨が降っていましたのでどうなることかと心配していましたが、私の日頃の行いが良いのでしょうね(?)、天気はピーカン晴れでしたが風があった分、見ているこちらも助かりました。
普段から自堕落な中年のオッチャンには炎天下の一日は致命傷ですからね~
もし、一週間早かったら灼熱の太陽のもとでエラいことになっていたかもしれません…
そういった意味でも楽しく見学させていただきました。

娘もクラス全員のリレーに応援合戦、綱引きに、クラス全員の大縄跳び、そして選抜のリレーに頑張っていました。
運動会

さて、ここで問題です(笑)
私はど~こだ?
ウチの娘はど~こだ!

今月は税理士事務所にとっては3月決算法人の申告で忙しい月ではありますが、顧問先さんの協力のおかげで早目にコンプリートすることができましたので束の間ののんびりした休日を過ごすことができました。

いやはや、ついこの前小学校に入学したと思ったら、あっという間に義務教育が終わり、今年の娘の受験が終わったら来年は息子の受験。
これまたあっという間に社会人になって、結婚して、孫が生まれておじいちゃんなんてことになるのでしょうか?

少し寂しくもあり、成長を喜ぶもあり、何とも複雑な心境だったりします~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

PDFのツールパネルが鬱陶しい


豊田市の税理士いとうです。

PDF(AcrobatReader)を開きますと画面の右横に表示されるツールパネルって鬱陶しくありませんか?

ツールパネル 1

私の使っているモニター3枚の構成が左側(縦長)+中央(横長)+右側(縦長)となっていまして、PDFを開くと右側のモニターに表示されます。
するとですね、ツールパネルが表示されているのでPDFで見たいデータが小さくなってしまうんですね。
近視&老眼が疑われるオッチャンには余計なもののせいで本来必要な部分が見難くなることは困っちゃう訳なんです。
ツールパネルなんてはっきり言って使いませんので非表示にしたいと思いやってみました。

先ずは、PDFを表示した状態で
メニューの 「表示」 → 「表示の切り替え」 → 「ツールパネルウインドウ」のチェックを外します。

ツールパネル 2
これでツールパネルウインドウが表示されなくなりました。
でもこの状態で終わってしまっては次にPDFを開いた時にはまたツールパネルウインドウが表示されてしまいます。

そこで、
メニューの「編集」 → 「環境設定」 → 「文章」 → 「ツールパネルの現在の状態を記憶」にチェックを入れます。
ツールパネル 3
これで次回からもツールパネルウインドウが表示されなくなりました。


モニターが横長なら大して気にもならないのでしょうが、90度回転させて縦長のモニターで使っているとかなり鬱陶しい。
きっと親切でやっていることなのでしょうが、要らない人からしたら邪魔なだけ。必要な時はまた表示すればいいのであって表示する方法さえ分かっていれば良いのですからね。
私なんてパソコンのことなんて知らないことだらけですので、面倒と思ったらググってどうにかならんか調べてみると案外方法ってあるものですね。
開業した時なんて恥ずかしすぎるほどのパソコン音痴でしたが、人間なんてやらなきゃならん場面になればどうにかするものです。
ウチの場合は自らやるしかないので詳しい方に聞いたり、自分なりに試行錯誤してきた結果として、少しづつではありますが知恵を蓄えてきたということなのでしょうね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

システムの更新


豊田市の税理士いとうです。

今年は税務会計システムの更新の年でして、GW中に見積をしてもらって打合せをしました。
ベンダーのシステムってシステムやマシンが問題なくても概ね5年毎に更新しなければなりません(汗)
本音でいえば、何故に5年毎って思いはありますけどね…

で、説明を受けて不明点を確認したうえでその場で契約。
担当の営業さんとは勤め人だった頃からの付き合いでとてもよくやっていただけるし、普段から色々助けていただいていますので非常に信頼していまして、見積額は前回の更新時よりも若干上がっていましたが、勤務時を含めると15年以上お付き合いをさせていただいている方の提示した見積に対して値引き交渉するつもりは最初からありませんでした。
きっと会社として出来る最大限の値引きとウチにとって選択出来る中で最も適したシステムを提案してくれると思っていましたので。

ただですね、今や世の中いろんなソフトがありますので正直、会計ベンダーのシステムに拘る必要はないでしょうし、きっと今独立開業したならばベンダーのシステムを選択するかどうかと言われると正直怪しいでしょうね。
正直ベンダーのシステムって安くはないですからね~
税理士事務所にとっては税務や会計のソフトって仕事をするうえでも固定費の中でも大きなウエイトを占めるものですのでシステムを見直すことで良くも悪くも変わる部分って大きい訳でして、費用面ではベンダーから乗り換えることによって大きく改善されるでしょうが、ソフトを使いこなすのに少々時間がかかるし、関与先さんの使っているソフトの問題もあったりしますし、何よりもボッチ税理士ですのでいわゆる作業を如何に効率的にこなしていくかを考えての選択であって費用面よりも優先すべきことを考えての継続ということが本当の所だったりします。
ある意味アンカリング効果が効いてしまっている状態と言えますので反省すべき部分も大いにあるのでしょうが…(汗)
そりゃ、開業した最初にシステムを導入した際は正直きつかったですが、前回、今回とおかげさまでどうにか資金の目途がついたというのか、準備ができましたので無事更新することができています。

税理士事務所の会計ソフトの選択って、コストと品質を重視することは言うまでもありませんが、より多くの事業者の方が使っているソフトを選択することで新規顧客を獲得しやすいという面があろうかと思います。
ただ、事業者の方々が会計ソフトのどれだけ拘りがあるかっていうと???
そりゃあ現在使っているソフトをそのまま引き続き使うことができればそれに越したことはないのでしょうが、絶対に今のソフトでないと嫌だというケースってむしろ少数ではないかと感じていまして、会計ソフトって機能的にそんなに優劣ってないでしょうし、そもそも優劣が分かるほど使いこなしている方がどれ程いらっしゃるのか…
ええ、事業者の方が使っているソフトと同じソフトを使っている税理士事務所の方が入口として有利なことは事実でしょうが、私自身その辺は恐ろしく割り切っていまして、特定のソフトがどうしても使いたいという方はそのソフトを使っている、ソフトに精通した税理士事務所を探していただければ良いと思っていますので、事業者さんの使っているソフトに合わせて事務所で数種類の会計ソフトを導入するつもりはなく、そこまで門戸を広げて新規顧客開拓をする予定は今のところありません。
かといって、どんな仕事でもそうでしょうが、新しい流れに対してかたくなに拒絶するつもりはありませんので、会計ベンダーがそういった流れに対応できなくなったらシステムを変えることも厭わないとも思っています。
仮に顧問先がどんどん減っていったら、システムを見直して固定費を下げる必要があるかもしれませんが、それをやらなきゃならない状況の前に見直すところが絶対にあるのであって、いくらベンダーのシステムが高いといってもそれが賄えないような税理士稼業でしかないなら先は見えてるとも思っています。


そんなこんなで新しいシステムは3代目となりますが、来たる4代目も更新できるように地道に税理士稼業を頑張っていこうと思っています。
因みに新システムへの入れ替えはウチの1ヶ月の業務の状況と照らし合わせて月初が好ましいとの判断から7月1日の土曜日に決定しました。
ウチの3月決算法人と並ぶ最大勢力の5月決算法人の申告は新システムで!ってことですね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

GWはひたすらのんびりでした


豊田市の税理士いとうです。

GWも終わり今日からお仕事です。
次の連休はお盆…先は長い(汗)

GWはひたすらのんびりしていたのですが、GW中の出来事を2つばかり書いてみようと思います。

1つ目は、食レポ?

私、あまり食パンが好きではないのですが、たまたまいただいた食パンを食べて目からウロコになったので、買ってきました!

パンのトラの食パン。1本(2斤)520円。
食パン
何でも焼きたての食パンを24時間で最も販売したということでギネスに認定されているようでして、予約しないと入手できないようです。

ただですね、私の言う食パンってこれではないんです。

その名も三州三河みりん食パン~
1本(2斤)1,800円也!

何って、コレ、人気の食パンとは全くの別物なんですね、お値段も味も~
パンのトラさんは安城と半田と八事と岡崎SAにお店がありますが、このみりん食パンは岡崎SA限定で焼き上がる時間が未定という食パンなんですね。
両方の食パンを食べましたが、通常の食パンは敢えてまた買いたいと思いましませんでしたが、みりん食パンは高価だけどまた買いたいと思う位美味しかった!
お値段は食パンとしては半端なく高価ですが、新東名の岡崎SAに寄った際にお店に並んでいましたら入手してみてもよいかもしれません。

元々ですね、食にあまり興味がなくて好き嫌いも多い私が太鼓判を押せる食パンのご紹介でした~


2つ目はスマホの話。

今使っているiPhone6がもうすぐ2年になります。
で、計ったようにバッテリーの減りが物凄いのでして、1日に2回は充電が必要になる始末。
バッテリーの充電回数というのは決まっているようでして、参考資料を入れて持ち歩いているⅰPadは充電回数が少ないからか全然平気ですからね。バッテリーメーカーの策略なのか、キャリアの策略なのか、機種代金の分割払いが終わる頃になると買い替えざるを得ないという気持ちにさせるようになっているんですね~

私の場合は調べてみますとキャリアの解約金が無料となるのは7月と8月なのですが、今のバッテリー状況を考えますととてもそこまでは待っていられないので、機種変更するか、解約金覚悟でキャリアを変えるか、バッテリーを変えるかを決めなければなりません。
これまでならば、2年経ったから替えよう!の一択なのですが、バッテリーを除いて何ら不具合も不満もないので迷うところです。

ホントはですね、今使っているⅰPhone6って私にとっては大きすぎると感じていまして、本音では5の方が大きさ的にちょうどよいと思っています。一応、前使っていた5は子供のⅰPodとして使っていたので手許に残っていますので、なんかあったら5を出動させることもできるのですが…

私の使い方ですと最新機能満載の機種である必要はないものの、機種変更すれば割引もあるかもしれませんので最善のチョイスはこれまで同様、最新機能が手に入り割引もある機種変更一択なのでしょうが、正直な話面倒なんです。
因みに格安スマホなら月々の料金を抑えることができるのかもしれませんが、幸か不幸か電話で話すことが多いので通話時間5分とか10分までなら無料という格安SIMのプランは経済的合理性の観点からも積極的には選択できません。
いっても機種変更って結構時間がかかるし、アレコレ設定もいる。カバーや保護フィルムも変えないといけない。
新しいスマホが手に入る喜びと新しいスマホに替える時間と手間を天秤にかけると後者の方が勝ってしまうというある意味達観の境地に入りつつある???

そんな訳で、
ググってみましたら近所にⅰPhoneの修理をしているお店があって、6のバッテリー交換は6,000円~7,000円で時間は2、30分位のようですので行ってきました!
これであと2年位は使い続けることができるでしょう~。ハードが壊れなければですけどね…

私、家電を含め機械モノで有料の補償って加入しないんです。
いえ、それで憂き目にあったこともありますが、少なくとも不注意によって破損した際の補償ってどうもしっくりこなくてですね、生命保険にしろ保険って名の付くものってあくまでも手許資金で賄えない場合に備えるリスクヘッジの方法であって、保険料ってキホン保険会社が儲かるように設定されている訳ですので、出来ることならば加入したくないんですね。保険で加入を勧めるならば、住宅に関する保険と子供が成人するまでの死亡保険くらいでしょうか。

そんな訳でスマホもAppleCareにはもちろん加入していません。
スマホはしょせん機械モノですのでハードが壊れる可能性もある訳でして、それがいつになるか分かりませんが機種代金の分割払中で補償が効かないと旧契約の機種代金+新契約の機種代金の二重負担という困った状況になってしまいますが、機種代金の支払いさえ完了していれば、何の躊躇もなく機種変更できます。今のスマホはAppleCareのお世話になることなく機種代金を払いきれそうですのでまずは一安心。

ということで、
今のスマホをもう暫く使って、ハードが怪しくなったら迷わず機種変更というプランで今回はいってみようと。

以上、GWのネタでした!


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

現金主義をやめた


豊田市の税理士いとうです。

もうGWに突入してのんびりしている方もいらっしゃるかもしれませんが、ウチはカレンダー通りですので今日明日は仕事で水曜日からお休みです。
という訳で、ちょっと早目ではありますが週イチ更新をしてしまいます~

経理の手間を省くには現金の扱いを減らすことが有効ですので、顧問先さんにそんなアドバイスをするにも拘らず、当の本人は案外現金主義だったりします…いえ誤解のないように言っておきますが、事業に関する収入や支出に関しては出来るだけ現金の扱いを減らすようにしています。
経理処理が面倒ですからね~

でも、私用の細々したものをカード決済するのは管理する自信が無いので現金主義だったのですが、1年ほど前にAUウォレットを手に入れました。入手はしたもののずっと使っていなかったのですが、最近細々したものは全てAUウォレットで払うようにしたところ思った以上の便利さを痛感しています。

私の場合、財布はマネークリップを愛用していますので別に小銭入れを持ち歩かざるを得なくて邪魔に感じてはいたものの、特に何を変える訳でもなくいつもニコニコ現金払いをし続けてきました。むしろ、コンビニで会計をすると●●カードはありますか?とかいちいち聞かれることを鬱陶しいと思いつつも…
そんな状態ですので小銭入れを忘れてしまってコンビニでコーヒーを買うとお釣り(硬貨)を裸で持ち歩かなければならなくなってしまい、なんか知らぬ間に硬貨だらけになってしまうなんてことも(汗)

で、プリペード(チャージ)を使うようになったのですが、毎月月初にその月分をローソンかAUショップで入金(チャージ)しています。ええ、銀行口座からチャージしたり、オートチャージにすればよいのでしょうし、プリペードカードではなくてクレジット機能の付いたものに替えればよいのでしょうが、なんせ基本現金主義の人間ですので普段の細々したものまで後払いってのがどうも性格に合わないんですね。チャージの方法ってクレジットカードでチャージする方法以外にも毎月の電話料金に合算する方法もあるようですが、そんなことしたら毎月電話料金の明細を確認しないといけないので絶対無理。確かにわざわざ店舗でチャージするのって面倒かもしれませんが、所詮月に一度のことですし、そこら中に店舗なんてありますし、私にとってはある意味プリペードであることが抑止力になっているのでこのままで良いと思っています。

ところがですね、カードが使えない場面ってやっぱりあるのでして、有料駐車場や有料道路とか100円ショップとかで使えなかったりするんですね。あっ郵便局も使えませんよね~
プリペードカードを持つようになってからというものの益々小銭入れを持たなくなってしまったので現金決済のみのお店の場合はお釣りの硬貨が増殖してしまう…(汗)

それはさておき、
これまではともかく、今後はカード決済等現金以外の決済が広がっていくことが予想される訳で、未だいまいちよく分からないのですがビットコインで決済なんていうのも出てくるのでしょうね。
となるとですね、事業者のオーソドックスな決済方法である振込はさておき、現金取引って減っていくというのか、特に消費者相手の商売の場合に決済方法が現金のみということで良いのかということを考えなければならないのかもしれません。
いえね、クレジット等の決済手段を導入するにあたっては設備も必要ですし、手数料もかかってしまうものの、決済手段が現金だけであることによる販売機会の喪失の可能性も検討しなければならないと思うんです。
現金主義の中年のオッチャンでさえ、その便利さを痛感している訳ですのでこの先現金を持たない人が増えるのは確実ではないでしょうか?
誰しも新しいことを始めるのは躊躇しますし、コストもかかるものの、だからと言って避けてばかりではいられませんし、新しいことにチャレンジしたり順応できなくなった時に事業って衰退するものですからね。
いってもたかが決済方法を増やすだけですから、高すぎる壁ではないはず。

えっ?そういうアンタも商売人だろ?
ええ、ウチはほとんど口座引落でして現金は確申期の年一対応のみです。
さすがに確申期の年一対応の為だけに口座振替対応はできませんので(笑)


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ