FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督できていないのか?知ってて黙認か?


豊田市の税理士いとうです。

営業って駆け引きの部分があることは否定しませんがウソはダメです。
詳細は控えますが、仕事を取るためでしょうが税務に疎い納税者に偽りの情報を伝え、世の中の道理から外れた非常識な営業をしている税理士事務所の職員がいるようでして…

最終的に放ったのが、

ウチしかこの仕事できませんよ、他所の税理士事務所では対応できません。

って。

特殊な案件の場合ですとそういったこともあるかもしれませんが、世の中の税理士に喧嘩を売ってるんでしょうか?この職員くん。

ウチと面談した方には必ずお伝えしていることですが、税理士は世の中に一人ではありませんので複数の税理士に話を聞くことは有用な事です。
これまでは依頼者がより良い税理士とお付き合いした方が良いという観点でこのことをお伝えしてきましたが、今回のようなケースに遭遇してしまいますと、嘘をつく税理士事務所があるという非常に悲しい理由も付け加えなければならなくなります。

そもそもですね、
税理士(事務所)と初めて会って話をする納税者さんって、目の前にいる人間を税理士だと思っているケースが結構あるようでして、資格を持たない職員が税理士の指揮監督の下であれば税理士業務を行うことが出来るなんて事情は知る由もないので、まさか税理士資格を持たない職員が目の前で対応しているなんて思っていない訳です。

なので事務所の職員も自らが発する言葉は税理士という専門家としての発言と受け取られることをしっかり自覚していただかなければなりません。
要は、自らのいい加減な発言が税理士という専門家に対する世の中の評価となるということなんです。

何がやるせないって、
この税理士事務所の職員くんのおかげで、この相続人さんは税理士という専門家に対して相当な不信感を持ってしまっているようなんです。
税理士は依頼者が知らぬをいいことにぼったくるヮ、嘘つくヮ、ただの詐欺師じゃんってな具合ですよ。

職員を監督する責任を負っている税理士さん、大丈夫ですか?貴方様の知らないのところで職員が暴走してませんか???
この職員の非常識と偽りという行動の結果が税理士という職業に対する間違った認識を世の中にばら撒いてるんですけど…

お願いですから誠実に、真面目に仕事してる圧倒的大多数の税理士に迷惑かけんといてー


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。