FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約を解除されると思っていたそうです


豊田市の税理士いとうです。

この時期1年ぶりにお会いする年一対応のお客さんなのですが、
先日、年一のお客さんと打ち合わせをした際に、ウチから契約解除の連絡が入るのではないかと心配されていました。
確定申告だけなんかやってられない!って。

これ、大いなる誤解でして、
業務が忙しくて何ともならないからという理由で既存のお客さんとの契約をウチからお断りすることはありません。
袖を触れあうも何かの縁というのか、そこは義理人情に厚い(?)税理士いとうとしては出来かねます。

お客さんからの契約解除に対しては広~く門戸を開いております(笑)ので、引き留めなんてする気は端っから毛頭ありませんし、去年はミニマム構成のぼっち事務所であるが故に新規のオファーをお断りすること10数件となってしまいましたが、契約解除はあくまでもお客さんのご意思であり、オファーをお断りさせていただくのは新規に限ってのこと。

そりゃあ、事務所の儲けを考えれば、料金の少ない既存のお客さんとの契約を解除して、料金の多い新規のお客さんを受け入れすればよいのでしょうが、それは私の気持ちが許せない。
儲けは必要ですが、その大小を選択の最重要点とはしたくありません。

思い起こせば、開業当初は年一大歓迎、事業以外のいわゆる簡易な申告大歓迎でした。
恐らく開業してまだ浅い税理士さんもお声掛けいただいたらまずはOKというスタンスなんだろうと思いますし、それでいいと思うんです。

が、しっかり仕事をしてお客さんに喜んでいただく数が増えるに従って、そうも言っていられない時期がいずれ訪れます。
年一対応ってキツいんです(汗)
スタッフを増やしてそういった新規のお客さんのオファーに対応できる事務所にしていくことが本来あるべき姿でしょうが…
あいにく私にゃあそんな甲斐性も覚悟もありませんので未だにぼっち事務所なんですけどね。

いつまで税理稼業をやれるのか分かりませんが、看板を降ろす時まで忙しいからという理由だけで既存のお客さんに契約解除を伝えることはしないつもりですのでご安心を。
ただ、書類や資料をなかなか提出していただけない方や納税意識の低い方、何でもかんでもお任せといった方等、ウチの事務所運営や税理士という資格に対してご理解いただけない方に関してはウチから契約解除を申し出させていただきます。
そういった事案が開業して10年強で2件あるんですよね~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。