FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP経由の顧客は良客ではないの?


豊田市の税理士いとうです。

ウチの事務所は新規顧客獲得の手段としてHPを使っているのですが、時々HP経由の受注について客筋を気にする声を耳にすることがあります。

税理士事務所の新規顧客獲得の王道は紹介だと思いますし、有難いことにウチも既関与先さんやお付き合いのある士業さんから紹介をいただいています。

で、どちらの方が好ましいかと言いますと…、一概には言えないと思っていまして、
HP経由の場合は、正直全く見ず知らずの方ですので考え方や価値観が全く合わないこともあれば、税に対する意識が著しく低かったり、以前から言われることですが料金に対して非常にシビアだったりすることを以って宜しくないと考えるのかもしれません。

が、そんことは紹介案件も同じようなものでして、紹介者とよほどの旧知の間柄であればまだしも、そこまでの間柄でなければ分からないことも多々あるでしょうし、金融機関の紹介ですと事業のことはそれなりに理解しているかもしれませんが、経営者の主義、思考まで理解しているかというと?だと思うんです。
加えて、紹介者が間に入るということは、紹介してもらおうとする側も紹介を受ける側も紹介者に対する気遣いがどうしても必要になりますし、紹介者とて大なり小なりの責任のようなものも感じてしまうでしょうからね。
逆に紹介していただいた側としては、紹介者が自信を持って紹介していただけているならばという安心感もあるかもしれません。

対して、HPの場合は第三者への義理のようなものを気にする必要が無く、当事者双方だけで依頼するか受任するかを決めることが出来るという意味では楽な気もするんです。
それにですね、HP経由で依頼をいただいた方の自計化率が高いことは経験上感じますので税理士事務所としては有り難いのではと思ったりも。

案外、HPからの客筋を気にされる税理士さんの中には、ご自身がネットやパソコンに対するアレルギーを持っていてるケースもあるようで、にも拘らず税理士紹介会社に登録していたりすることもあるようでして、事務所のHPを持っていなかろうがネットから集客しているという意味では事務所のHPだろうが税理士紹介会社だろうが同じことなんですけどね~
まさか税理士紹介会社から紹介されたほうが良い顧客だと胸を張って言い切る税理士さんはいないと思いますが、税理士紹介会社は紹介してなんぼですのでむしろ不安に感じるのですが…

アレコレ書いてはいますが、
HP経由と紹介案件の違いは紹介者というフィルターの有無であり、どんなきっかけであれ、最終的にはお互いに話をして相手を見て決める必要がある訳で、どの方法が良い悪いという訳ではなく、間口としていろいろな手段を揃えておくということは悪い事ではないと思うんです。

誤解があるといけないので書いておきますが、決してご紹介いただいて関与させていただいているウチの顧問先さんについて、断り難いからしょうがなくお手伝いをしているってことではありませんので。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。