FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある税理士さんとの世間話で…


豊田市の税理士いとうです。

1日の例会の時にとある税理士さんから話しかけられました。

支部の中でも割とご近所の税理士さんなのですが、何でも事務所に納税者の方から電話があったそうです。
相手の方の電話番号を見てみますと、市外局番の次の番号がどうも近隣のようで、ウチにも電話あった?と聞かれたのですが…

というのも、電話をなさった方が酷かったようでして、
名前は名乗らない、事業か資産税かも言わず、もちろん規模や財産も言わずひたすら料金は?と怒涛のように繰り返すばかりのようなんです。

いえね、メールであろうが、電話だろうがせめて苗字位は名乗るのがマナーだとは思いますが、
仮に電話で名乗らないことを不問にしたところで状況の説明が無ければ料金をはじき出すことが出来る筈ありません。

で、顛末は?と聞きますと、料金も伝えず(伝えられない)お断りしたとのこと。

ウチ?もちろんお断りします!
というよりもお断りせざるを得ません。

いえね、個人情報云々は分かりますけど、名乗りもしない方とビジネスなんてできる訳ありませんし、それすらできない方とお付き合いしたってその後トラブルが多発することが容易に予想できてしまうでしょう。

そりゃあ、どんな人間か分からない税理士に名乗ることを躊躇される気持ちは分からないこともありませんが、ビジネスって相手があってのことですので、ご自身の気持ちだけで物事は進みません。
そもそも苗字を名乗ったくらいで個人が特定できるものでもないと思いますので、名乗らないことで相手に与える悪印象のほうがご自身にとってもマイナスになると思うんですよね。

そんな訳ですので、ウチなら名乗らない方にはメールの返答もしないし、電話でどれだけ好印象だったとしても無理かなぁ。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。