FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか違和感を感じる…


豊田市の税理士いとうです。

あくまでも私の感覚ですが…

ふるさと納税という制度がありますよね。
限度額までなら2,000円の負担で寄付金控除が受けられるという制度ですが、言っても2,000円の負担が発生する訳でして、それだけでは何ら金銭的な利益はない訳です。
そもそもふるさと納税の趣旨というのは金銭的な利益を得ることが目的ではないので何ら不思議な事ではありません。
ところが、ふるさと納税のお礼の品が2,000円より多ければ結果として得になる。

この制度の良し悪しをこの場で語るつもりはありませんが、
こんなことがあったんですね。

自身が経営する会社からお金を借りている(法人の決算書には経営者さんへの貸付金が計上されています)状態にも拘らずふるさと納税をしている…

ふるさと納税って取り敢えず寄付して、あとから税負担が軽減されますので先にキャッシュアウトするんですよね~

ふるさと納税する余裕があるなら法人に金返す方が先じゃないの?って私は思うのですが…

どんな制度であれ作られた背景があり、目的があり、それをどう解釈し、判断するかは個人の自由だと思いますが、変わらない道理ってあるのではないでしょうか?


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。