FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成でいうと今年は奇数年


豊田市の税理士いとうです。

表題の件、何のこっちゃ分からんと思いますが、
ウチの事務所にとっては偶数年か奇数年かは結構重要(?)だったりします。
と言ってもあくまでもたかだか10年ちょっとの統計データではありますが…

ウチの事務所ですが、なぜか奇数年よりも偶数年の方が新規顧客、売上が増えているんですね。
それが無視できない位な差となっている訳でして、偶数年が奇数年のほぼ2倍なんです。

きっとこんなデータに全く意味はないのでしょうが、幸か不幸か人というのは手前の都合の良いように物事を考えてしまう生き物でして、単なる偶然なのにもかかわらず…

事業として考えるのでしたら、偶数年は希望に満ち溢れ、期待感も増すし、奇数年は危機感を募らせることになるのでしょうが、今回の奇数年は既に契約解除となった顧問先さんが2件発生したにも拘らず、危機感が無いのでして…

恐らく年一対応の顧問先さんだからなのでしょうね。
いえ、年一対応の顧問先さんだからどうでもいいと思ったことは一度もないのですが、リアルな話、確申期の負荷を考えるとホッとしている自分もどこかにあります。


さて、あてにならないデータを信じるならば今年は割と静かな年になりそうな予感。
もう1/4が終わろうとしていますがどんな年になるのでしょうかね~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。