見ず知らずの士業からのオファーなのですが…


お客様は神様か?の最終回、第3弾です~
今回は番外編のようなものでして、なかなか遭遇することはないでしょうがある意味一番怖いケースかもしれません。


先日、全く面識のない司法書士さんから電話がありました。

用件は法人の決算申告をお願いしたいと。
司法書士さんが関与している顧客のようですが既に申告期限は過ぎています(汗)

で、少し状況を伺っていましたがどうにも腑に落ちないことがありまして、

法人を設立した理由がよく分からない
経営者さんの個人的な事情のために申告するの?
そもそも法人を設立した以上は税務申告ってやって当たり前のことであって、設立する際に税務申告が必要なことは分かり切っていたはず。
どうも法人を設立した理由が事業を営んで利益を得るってことではなかったようでして…(詳しくはここでは書けませんが)

司法書士なら提携している税理士事務所があるでしょ?
司法書士さんが開業したてならいざ知らず、電話口の感じではベテランそうだったので電話番号からネットで検索しますとHPに提携税理士事務所ってあるじゃん! 
電話をしながら検索してみたんですね~
提携する税理士事務所に断られたのか、打診できなかったのか…

結局ですね、話をすればするほど不信感がどんどん湧いてきたのでお断りさせていただきました。
というよりも、士業同士って横のつながりが結構あったりしますのでいきなり見ず知らずの士業にオファーすることってあまりないと思うんです。
しかも、HPで探していきなりオファーって考えられないんですね~、私個人としては。
士業同士って普通は何らかの形でオファーの前に接触があり面識があったうえで、改めて仕事のオファーをする。って流れだと思うんですよね。

今回の場合はその時点で相当警戒してしまったのですが、諸事情はあるにしても全く見ず知らずの税理士にオファーをするのにせめて案件くらい吟味して然りではないかと…
例えば、法人を設立したけど設立1期目で記帳ができていないとかならまだ分かりますが。
もしかしたらその司法書士さんからしたらノーマルな案件と判断したのでしょうかね?いえ、それなら提携する税理士に依頼するでしょうから、やっぱり何か引っかかる部分があったのでしょう。

だとしたら、どういうお考えでそんな普通でない案件を見ず知らずの税理士にオファーする気になるのでしょうか?
見ず知らずの税理士なら後でトラブルになっても関係ないや!ってことなの?
提携する税理士事務所にオファーしたら怒られちゃって提携を断られるとか、ご自身の評価が下がることを恐れてなのでしょうかね?むしろ、そういった案件こそ提携する税理士事務所に相談すべきだと思うのですが…

そりゃあ、そういった案件でも引き受けることで僅かながらも今後を期待できるのかもしれませんが、HPから推測するにその司法書士さんと税理士はそれなりの年月提携しているように思われますので、下手するとアレな案件ばかりオファーされる可能性が大なのではないかと…
そんなものに巻き込まれてはこちらも堪ったものじゃないですからねー

君子危うきに近寄らずを地でいくような電話でした(苦笑)


という訳で3回にわたってお客様は神様か?を書いてきたのですが、商売は相手(お客さん)がいて初めて成り立つものであることは言うまでもありませんので、やはりお客様は神様です。
が、人それぞれ価値観があり、思うところがあるが故に万人に向けて商売をしようとするとどうしても無理な部分が生じてしまうのでしょうから、どこかで割り切りることが必要ではないかと。
決して自分自身の価値観に縛られ、相手に押し付けることはすべきではないものの、譲れない一線は常に意識していかないといけないと思うんです。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント