FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに差がつくような事ではないはずですが…


豊田市の税理士いとうです。

年末調整も一区切りしたところですが、先日新聞にQRコードを使ってコンビニで税金を納めることができるようになると載っていましたね。
税金の納付といえば、所轄官庁の納付書に納付金額を書き入れて金融機関で納付というスタイルだけだったのが、ホントに色々な方法で納めることができるようになりました。
選択することができる方法が増えるということはとても良いことですね~

さて、給料から天引きした源泉所得税に関しては、原則は天引きした月の翌月10日までに納めるのですが、小規模な事業者の場合は年2回にまとめることができます。
源泉所得税の納付書の作成を顧問先さん自身が行うようにしている税理士事務所もあるようですが、ウチは書類をお預かりしてウチで作成しておりまして、上半期の1月~6月分はまだしも7月~12月分は年末調整を行うので顧問先さんと打合せをしてその場で納付書を作成することはなかなか難しい。
書類をお預かりして後日郵送なりお届けとなると効率がよろしくないので今のところダイレクト納付を使うことが多くなっています。

先日も国税の納税に関してダイレクト納付の依頼書を同じ税務署に4件提出しまして、金融機関としては2箇所、支店ベースでは3箇所となります。
A金融機関が1件
B金融機関のC支店が2件
B金融機関のD支店が1件

で、手続きの完了通知が国税からメールであったのですが、
完了通知はA金融機関のものだけでB金融機関宛てに提出した依頼書の完了通知は遅れること1週間。

さて、これをどう判断するのか?

A金融機関がヒマだったの?
A金融機関と比べてB金融機関の仕事が遅いの?

顧客の立場から言いますと、どうしても後者と考えてしまうのではないでしょうか?
きっと所轄税務署からそれぞれの金融機関に発送した日は同じで到着した日も同じでしょう。
となると完了通知の1週間の違いは、それぞれの金融機関内において手続に要した時間の差ということになります。


でですね、このB金融機関、最近あんまりいい話を聞かないんですよね…
って、ウチの顧問先さんでも何度かトラブルが起きているのですが、その原因というのがほぼすべて【行員のレベルが低いこと】に収斂されてしまうんです。
レベルというのがスキルの問題ならまだしも、社会人としてとか、サービス業としてのお客さんへの対応といった部分だからホントに困っちゃうんですよ。

いえね、良くやってくれる行員さんももちろんたくさんいらっしゃいますが、B金融機関に対する良くない話が多いのは何故なのでしょうね~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。