FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉報届く!


豊田市の税理士いとうです。

娘の高校受験が終了しました(祝)

親が言うのはアレですが、もともと真面目な性格でしたので中学生になってからコツコツとやってきてそれなりの評価をいただけるようになり、成績だけ見ればある程度自由に進路(進学先)を選べるようにはなっていました。
片田舎では今でも公立高校に進学するのがオーソドックス(?)なのでして当初は近くの公立高校を第一志望にしていましたが、色々考えて彼女なりに将来を考えた結果、進む道を変更するに至りました。

多くの場合、自分自身の偏差値をものさしにして高校を選ぶことが多いと思いますし、普通科の高校を選ぶことが多いと思いますが、成績は有効な判断材料だと思います。
中学卒業と共に将来を決めることなんてできませんし、むしろその必要も無く、高校生活の中で決めればよいし、もしかしたらそこで決められなければ大学に進学してから決めることだってできる。
社会に出てから決め直すことだってできますしね~
言ってもまだ中学生ですので、将来のための選択肢を可能な限り広く取っておくことは理にかなっていると思います。

思えば、私自身、何~も考えずに近くの公立高校から大学に進学し、社会人になって会社を辞めて今の業界に転職した訳ですので、決められないって部分では経験済な訳でして…(汗)

事実、周りの同級生は公立高校に進学する子が圧倒的に多く、きっと娘の通う学校には知り合いはいないでしょうから不安は大きいとは思いますし、娘の成績からしますと「勿体ない」とか「思い切ったね」と言われたことも…
そこは最後まで彼女自身も迷ったようですが、高校に通うことの意味をなかなか見出せず、消去法で進路を選んでいた中で、高校に進学することの意義を考え、その先の彼女のやりたいことをも考えたうえでの選択でしたので、親としての実経験から将来に対する選択肢が変わった場合に軌道修正が出来そうかという部分も調べてみて、話し合った結果として今回受験した高校に決め、合格することができました。
何より一番は、成績を最優先の基準としないという勇気をもって決断した彼女に対して、親としては何ら反対することはないどころか、精一杯のエールを贈っていこうと思っています。

因みに娘のなりたい職業は【税理士】ではありませんからね~(爆)


とはいえですね、私立高校ですので公立高校と比べると学費もお高いですし、息子は来年の大学受験を目指して学習塾に通っていますので経済的には出費の多いこれからの数年となることは間違いありません。
子供が一人前になるには相当なお金が必要になることは知っているつもりでしたが、正直予想以上でした(汗)

何はともあれ、姫、合格おめでとう!

これからの3年間でクリアしなければならないことがいくつもあるけど、きっとやり切れると安心してますし、高校の3年間ってホント自由でいろんなことができると思うんです。
勉強ももちろんやらなければなりませんが、3年間いろんなことを楽しんで欲しいと思っています。


そんな訳で心配事が一つ無くなったので、目の前の確定申告を頑張ります~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。