FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得税の申告とは異なる住民税の申告の疑問と覚醒したS


豊田市の税理士いとうです。

超久々の税金ネタです(汗)

所得税の確定申告をすれば自動的に住民税の申告もしたことになりますが、敢えて所得税と異なる住民税の申告を行うことが可能であると明文化されています。

別の申告をしたほうが有利になるものの代表は「上場株式等の配当

例えばですね、所得税については総合所得で配当控除を受け、住民税は申告不要とするといった具合です。
住民税だけでなく国民健康保険にも影響しますからね~
別の申告書を提出した方が良いかどうかはケースバイケースですが、税の専門家としては落としたくないところだったりします。


ところがですね、住民税の申告をするにあたって数点気になる部分がありまして…

市町村の住民税の申告書をみますと、

控除証明書等は原本添付(コピーは不可)

所得税を電子申告している=控除証明書は添付省略なのに…
って、そもそもこの扱いって所得税の申告が必要ないものの住民税の申告が必要な場合の取扱いであって、所得税と住民税の申告を両方行うということを想定していないのではないかと。

マイナンバーを記載し、提示するかコピーを添付

税理士関与で電子申告=マイナンバーの提示やコピーも不要なのに…
税理士事務所でマイナンバーの写しなんて保管してる事務所あるのでしょうかね?


もうこれは聞いた方が早いと思い、手続きや申告書の記載を含めて市役所に聞いてみました。

ある市役所は、住民税の申告書に「配当所得は申告省略」とすることでOKが出ましたが、
別の市役所では、住民税の申告書は「全て漏れなく記入して、所得税の確定申告書の控えを添付してください」と言われました(汗)
所得税の申告内容って税務署から送られてくるのでしょうから、それ見りゃいいじゃん~
そもそも所得税の申告をしているにも拘らず、住民税の申告書をガッツリ記入することに何の意味があるのでしょうか?
大体、エルタックスで申告書を提出できないのが既に有り得ないのですが…

書かなきゃならんのなら住民税の申告書を書きますが、
ガッツリ記入するように言われた市役所の担当部署の電話口の女性の対応が終始面倒くさそう&偉そうだったので、普段はドMな私の奥深くに眠るドS魂が目覚めてしまいました(

外国税額控除のある場合もそれでいいの?
そもそも住民税の申告書には外国税額控除の欄がありませんよね~
外国税額控除ってベースとなる総所得と所得税額が変われば、住民税の外国税額控除も変わるということになりませんか?
で、所得税と異なる住民税の申告をする場合って、基準となる総所得と所得税額って配当所得を含めたところなの?それとも住民税の計算では配当所得を申告省略しているので含めないところなの?
もちろん、後者ですよね~~~
因みに後者の場合は繰越控除額が発生している場合は所得税と住民税で金額が変わると思いますが、所得税とは異なる金額を市役所さんで追っていくんですよね~

もう一度覚醒した女王様は止まりませんーーー

・・・担当に変わります! 

って、アンタ散々偉そうに言っといて担当じゃないのかよ(

で、替わって電話に出られた職員の方は丁寧に対応してくれ、市役所で配当所得を無しにして計算し直すそうですが、結果として繰越控除額が二重基準となり所得税と住民税は異なることになってしまうようです。
尚、この結論がファイナルアンサーかどうかは不明ですが…
★ 追記 ★
次年の所得税の申告において、前年繰越額を修正するような気が…

他にも上場株式等の繰越損失や譲渡損失を上回る上場株式等の譲渡益や配当がある場合に、住民税は申告不要にした方が良いケースもあろうかと思いますが、その場合も相殺しなかった損失って所得税とは異なる金額で繰り越すということになるのでしょうか?

って、こんなん(繰越控除の二重基準)されたら有利選択のシュミレーションなんて出来るの?
なぜこんなことになってしまったのだろうとある意味げんなりしています(苦笑)


おっと、忘れるとこでした!
そもそもの疑問に関しては、
いずれの市役所も控除証明書等は添付不要でマイナンバーの写しは必要とのこと。
順番としては所得税の申告書→住民税の申告書ということになるのでしょうね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。