FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立大は難しくなる


豊田市の税理士いとうです。

税理士のブログなのに今日は全くの門外漢のネタです。

ズバリ、これから私立大学は難しくなる!

規模の大きな私立大学に対して定員の10%を超える学生を入学させると補助金がカットされるからです。

経営合理性の面から考えますと大学はまずより100%に近い人数を一般受験以外で確保し、一般受験で10%ピッタリの合格者を出すことになります。そうすれば一般受験者の中から辞退者が出ても定員の100%から110%の生徒を確保できることになりますので、これがベストチョイスな訳です。

となると難易度の高い大学から下に受験生が流れてきますので、規模が大きくない大学も自ずと難易度が上がることになり、この流れが上から下に連鎖していきますので総じて私立大学の難易度が上がるという訳です。
特に一般受験に関しては難化傾向が激しくなる訳で、(指定校)推薦を検討するケースも増えてくる可能性が大きいとなれば、普段からコツコツ真面目に取り組んでいく必要がある。はたまた高校選びの段階で大学を意識した選択が必要になるかもしれない。

この記事を読んでからそんな風に考えていましたが、残念なことにこの予想は現実に起こっているようです。


折しも、大学生の奨学金の問題がクローズアップされ、4年制大学では50%を超える奨学金受給状況や奨学金の返済遅延といったニュースを目にするにつけ、改めて大学に進学する意味を考え直す時期に来ているのではないかと感じています。

大学に通うということは金銭面で大きなリスクを抱えるという事実に対し、卒業後の見通しや保証がどこまでされるのか?
そりゃあ卒業してみなければ分からないことではありますが、少なくとも本来的な意味である大学で学びたいことがある、大学を卒業しなければならない職業があるといった明確な理由が要求される気がします。
大学を卒業して少しでも有名な大きな会社(?)に就職したいという理由は極一握りの大学でしか通用しないでしょうし、AIを含めた将来を俯瞰した場合、その極一握りの大学ですら保証なんてされないかもしれない。

大学に通う4年間の学費に対して、高校を卒業して働いた場合の4年間の差は金額的にも相当になります。言っても、大学を卒業していわゆる大手企業に就職できれば生涯賃金では大卒に軍配が上がっていたのですが、これからの世の中で果たしてこれまでと同じかというと、甚だ懐疑的に感じてしまう…

17、8の若者に結論を出せというのはある意味酷な話かもしれませんが、そこは親がアンテナを高く上げていく必要があろうかと。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。