目の前の利益にとことんこだわるべきか

経営において利益を確保することが必須であることは改めて言うまでもないことではあります。

とはいっても、
現実問題、時には利益にならないことが分かっていてもやるべき仕事もあると思っています。

先方さんの諸事情であったり、これからのお付き合いを考えたり、

要するに損して得をとるといった事でしょうか?


税理士の仕事でいえば、
法人設立の際の設立のお手伝い辺りはそんな傾向が強いと思います。

行政書士の資格を保有している税理士さんにしても非常に安価な価格で対応するといったケースも多いようですし、

ウチのように行政書士免許のない事務所では、外部の提携士業さんに依頼をするのですが、
お客さんとの窓口は全てウチであるにも拘らず、特に手間賃を請求することはしていません。

勿論、各種届出についても完全無料にて対応しています。(ちょっぴり営業です…)

というのも、
税理士と経営者さんとのお付き合いは長~くなりますので、
関与させていただくことで料金を頂戴していきます。なので設立時のアレコレはサービスという位置付けています。


昨日、経営者歴の長い、ベテラン経営者さんとの打合せで似たようなお話を聞かせていただきまして、
改めて仕事で儲けるといった事を考え直した次第です。

開業して間もない場合は、
そんな悠長なことを言っている訳にもいかないのかもしれませんが、

銭勘定ばかりが前面に出てしまうと、ちょっと引いてしまう気もしますので、臨機応変さが求められる部分なのかなぁと。


ちなみにその経営者さんですが…、
スピード感がハンパでないのですが、有難いことに必ず実行前に税務上の問題点をウチに問合せしていただけます。
とはいってもあまり考える時間をいただけないのですが…(汗)


豊田市の伊藤税理士事務所HPはこちら
★★ メール無料相談実施中です! ★★

↓ 応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

関連記事

コメント

非公開コメント