税理士法人も必死なの?


豊田市の税理士いとうです。

顧問先さんに伺った際に教えていただけたのですが、
最近、隣市の税理士法人から営業の電話が数回かかってきたそうです。

税理士要りませんか~ って…

いえ、知りもしない顧問税理士(ウチの事務所)のことを云々言っている訳ではないので、営業行為としては特段問題にすることでもないのですしょうが、電話口のトークを額面通りに受ける程、お人よしではある筈もなく、顧問税理士といることを前提としての営業電話であるのはほぼ間違いありません。
だって、電話をしてきた先様は社歴20数年の法人ですからね~

どういった基準で電話をする相手を選定しているのか?は分かりませんし、事務所拡大を積極的(?)に進めるための営業なのか?既存の顧客流出に伴う崖っぷちの必死の営業なのか?を私が知る由もありませんが、新設法人でもない法人に対して面識も無いのにいきなり売り込み電話って…私自身、正直税理士業ではイメージできませんでしたし、今でもピンときません。
だって税理士業界に身を置く者ならば、法人ならばまず間違いなく顧問税理士がいるに決まってるって考えますからね。
にも拘らず、どこの馬の骨だか分からない見ず知らずの税理士(法人)が電話をかけたってお客さんになってもらえる筈ないですし、下手すりゃ顧問税理士から何言われるか分かんないですから…(汗)

その税理士法人は顧問税理士なんて知ったこっちゃないって事なのでしょうが、いきなり電話で売り込みされてホイホイって税理士を変えるって、相当顧問税理士に不満を持っていないと起こり得ないのではないかと…
そんな奇跡に近い可能性に賭けているってことなのでしょうか?

そりゃあ、納税者が自ら税理士を変わるという決断をした結果として、新たな税理士探しの中でウチに話をいただければもちろん対応しますが、あくまでも先様からのアポありきであって、聞かれもしないのに自ら「税理士変わりませんか~」ってな具合に営業をかける感覚は残念ながら持ち合わせていません。

なりふり構わない営業って感じで複雑な心境…
折しも今朝の日経新聞に来たるべきAI時代に対する士業の取り組みが載っていましたが、今のうちになりふり構わず顧客を増やしておくって方針なのでしょうかね?AIの普及で定型業務の単価が下落し、又は必要とされなくなっても元々のパイが多ければ…ってとこ?

遂にこんな片田舎でも義理も遠慮もない取った取られたの顧客争奪合戦が始まるのでしょうかね~


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

今年も早々に中止とさせていただきます


豊田市の税理士いとうです。

今朝は今年一番の冷え込みのようですね。
朝晩が涼しくなってきて、日の入りが早くなってくると否が応でも少しづつ例の季節の到来が近づいているのを感じ始めます。

年末調整から始まる超絶激務の季節…

例年ですと10月中旬から確定申告の受付を開始するのですが、過去2年程受付を中止させていただいております。

今年の分も予定されていた法人成案件が無事予定通り完了していまして、順調に個人事業から法人へのシフトが進んでいるので確申期の受入再開となってもよさそうなものですが、考えてみれば当たり前のことでクビにでもならなきゃ余裕なんて生まれないんですね。

加えてここ2、3年は既存の顧問先さんからご紹介をいただくことが多くなっていまして、どうしてもHP上での確申期の受入を再開できないでいるのですが、そんな中でも面談を希望される方もいらっしゃるので色々話を聞かせていただいたり、話をさせていただいている中で、これから事業を興そうとしている場合は税理士の料金が重荷になってしまうことが往々にありまして、個人事業としてならば、ご自身で頑張るか、商工会を勧めざるを得なかったりします。
本音では事業を拡大していこうという考えでしたら、税理士関与という選択肢を勧めたいのですけどね…
税理士料金だけが理由でもないのですけど、今年は特にそんなケースが多かったのでして…(汗)
結果、今年の新規顧客獲得数は低空飛行となっていまして、変なジンクスなのか、元々、ウチの事務所は何故か平成でいう奇数年は新規の成約案件が少ないのですが、今年もまさにジンクス通りだなと運を理由に自分を慰めていましたところ、11月から個人事業1件と法人1件の新規関与が決まりました。
両者とも新規の開業&既存の顧問先さんからのご紹介ですので、ホントに有難いですね~

そんなこんなで早々に今回もまた確定申告の受付を中止するとの結論に至りました。
税理士いとうに確定申告の依頼をするのは、コネ(顧問先さんの伝手)でもない限り入手困難なプレミアムチケット?って(爆)
いえ、値段が高いんじゃなくて、リピート予約販売がほとんどで発行枚数が少なすぎて入手ができないってことで~

きっと、HP上で大々的(?)に確定申告の受付を告知すること自体、今後再開する可能性はかなり低いのでしょうね。
中止した挙句、再開する予定が完全に無くなってしまった無料メール相談みたいに…


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ

1ヶ月ブログを更新しない間に…


豊田市の税理士いとうです。

ブログの更新が1ヶ月も滞ってしまいました(汗)
ここのところ書くことに対するモチベーションが低下しているという面は否定できないものの、それに追い打ちをかけるかの如く8月は忙しかったー
ブログを書く暇があったら目の前の仕事をしろってな具合だったのですが、どうにか無事やり切れそうです。


元々、8月というのは1年の中でも私にとって特別な月でして、

8月4日は事務所の開業日(祝)
のらりくらりとどうにかこうにか丸々11年も事業を続けることができました~

そして、私の誕生日(祝祝)
また一つ歳を重ねてしまった…

で、考えたんです。と言っても前々から考えていたことではありますが…

9月から土曜日と日曜日は休みにすることにしました!

って、どうしても土日でないと都合の悪い既存の顧問先さんはそのまま土日に打合せをさせていただきますし、確申期や相続案件はそうも言ってられないのですが、原則、土日の電話やメールにつきましては月曜日以降の返答、返信とさせていただくことになります。

おかげさまで生活していくのに困らないだけのお客さんとお付き合いすることができるようになりましたが、一方でお客さんの増加に反比例する休みの取れない日々。
別に仕事が嫌とか、どうしても休みが欲しいという訳ではないものの、まだ十数年は税理士稼業を続ける予定ですので休みは休みとしていく時期なのかと思ったりしています。

ということで9月は23日と24日以外の土日がお休みとなります。
23日と24日は既に打合せが入っていますのでお仕事です(汗)
って、ホントに休めるのかなぁとは思うものの、どうせ12月からは無休になるのでしょうから11月まではやってみます。


話は変わりますが、
ブログを1ヶ月書かなかったことで気付いた事…

仕事が進む進む~

ブログを書く時間って結構かかっていたってことですねー
新規オファーに対するブログの効用って少なからずあることを経験の中で理解してはいるものの、どれだけの時間をそこに割くかは考えていかないといけないのでしょうね。


↓↓↓↓↓↓ へぇ~と思われましたら応援クリックをポチッとお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
お問合せ・ご相談は伊藤税理士事務所HP 又は 左記メールフォームからどうぞ